« 中華料理 「西安飯荘」 | トップページ | 居酒屋 「なお樹」 »

2008年1月30日 (水)

ラーメン屋 「一蘭(川崎店)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2008/01/post_72c5.html


食べログ:一蘭(川崎店) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:一蘭(川崎店)
カテゴリー:ラーメン屋

住所:神奈川県川崎市川崎区砂子2-4-5
電話:044-211-1032

営業時間:24時間営業
定休日:年中無休

HP:http://www.ichiran.co.jp/index.html


……………………………………………………………………………………………

今日は福岡発祥のラーメン屋さんの一蘭に行ってきました。
大阪の道頓堀にもあり、少し前にオープンしました。
雑誌やテレビなど多数紹介されている有名店です。
大阪店に行きたくて計画していたのですが中々いけずじまいでした。
今回は川崎店で念願の一覧のラーメンを頂いてきました。

一蘭(川崎店)の食べログのレビューはここで。
一蘭(川崎店)の2回目の日記はここで。
博多駅サンプラザ地下街店の日記はここで。

  

S010_p1260540_2
電球に照らされていい感じです。
木に書かれた字体もぬくもりがありますよね。

 

S020_p1260541_2
入口です。
創業は昭和35年なんですね。
今年が当たり年です。

 

S030_p1260535
お店に入るとこの食券販売機で食べたいものを決めます。

 

S040_p1260508
少しアップで撮りました。
ラーメンが750円、替玉が150円、半替玉が100円、追加チャーシューが150円、きくらげが100円、追加ネギが100円、ごはんが200円、小ごはんが150円、半熟たまごが100円です。

 

S050_p1260534
食券を購入して奥に進むとこのボードがあります。
空席案内板となっています。
空マークがついている所が空いていると言う仕組みなんですね。
こんなラーメン屋さんは初めてです。

 

S200_p1260511
座席に座ると目の前に紙が置いてあります。
よく見ると自分なりのオーダーが出来る仕組みなんですね。

味の濃さ うす味、基本、こい味
こってり度 なし、あっさり、基本、こってり、超こってり
にんにく なし、少々、基本、1/2片分 1片分
ねぎ なし 白ねぎ、青ねぎ
チャーシュー なし、あり
秘伝のたれ なし、1/2倍、基本、2倍、( )倍
麺のかたさ 超かた、かため、基本、超やわ


どんな風に注文しても値段は変わらないみたいです。
さて、私は.....

 

S210_p1260514
こんな風にオーダーしました。
で、この紙をどうするのかと思えば。

 

S220_p1260527
左上にこんなボタンがありました。
従業員呼出ボタンです。
・オーダー記入後
・追加注文の時
・食券買い忘れ時
・御用の時
なるほど~と思いブッシュしてしばし待ちます。

 

S230_p1260515
正面はこんな感じになっています。
ラーメンが来るまでは中が見えるようになっています。
ラーメンが来ると前の部分が下に下りて囲まれた状態になって落ち着いて食べることが出来ます。
世界初味集中カウンターとお店では呼んでいるみたいですね。
女性には嬉しいシステムでしょうね。

 

S240_p1260528
そして正面の上側に貼ってあったものです。
(クリックすると拡大して見えます)
美味しいラーメンの食べ方、秘伝のたれ、スープ、自家製生麺、元祖などか書いてあります。

 

S300_p1260518
ラーメン750円です。
味の濃さは基本、こってり度は基本、にんにくは1/2片分、ねぎは白ねぎ、チャーシュー はあり、秘伝のたれは基本、麺のかたさはかためのオーダーです。

 

S330_p1260520
どんぶりの上には一欄の文字が光っています。
お味の方は美味しかったです。
スープがなんとも言えず美味しいですよね。
とんこつ味なのに他店のようなとんこつ味じゃないんですよね。
どんどん飲みたくなるんですよ。
これこそ秘技なんでしょうね。
おそるべし。

  

S350_p1260526
麺はこんな感じです。
こんな感じの麺は初めて食べました。
某博多ラーメン店よりも格段上だと感じました。

 

S400_p1260517
個人ブースの右に貼ってあったものです。
替え玉の注文方法ですね。

 

S600_p1260529_2
店内の風景です。
こんな感じで1人、1人区切られています。
やっぱり1人客が多かったです。
そして予想通り女性客も。

 

S690_p1260542
通りから撮りました。
少し奥まったところにお店はあります。

 

S700_p1260536
入口横にあったメニューです。

 

S710_p1260539
木に書かれた一欄の看板です。

 

S720_p1260531
こんな感じのもありました。

 

S730_p1260532
これは下を見て欲しいんですけどテッシュが壁一面に置かれていました。
ナイスなアイデアですよね。
武富士がここに置かせてもらっているのかな?
街頭でくばるのも必要ですがこんなところに置くのも手ですよね。
お客も喜び武富士も営業マンが要らず一欄も無料で提供できるし。
もう一歩進めると武富士から置き場代をもらえるかもしれないしね。

 

ラーメンの味もさることながらこのお店にはアイデアがいっぱい詰まってました。
経営者の人は人の気持ちが分かるアイディアマンなんだと。

・ラーメンのオーダを紙に書くというスタイル
これはGoodなアイディアですよね。
その日の気分でじっくり考えてきめますよね。

・周りを気にせず食べれる囲いがあるカウンター
これは一人客の取り込みに大成功しているんでしょうね。
女性客の取り込みも成功していると。

・店内に流れている音楽
この音楽には癒されました。
昔懐かしいチャルメラ音なんですよね。


また、食べに行っちゃうだろうな~。
でも、東京にはまだまだ美味しいラーメン屋さんがあるみたいだし。
悩むところですね。

川崎店の2回目の日記はここで。 
博多駅サンプラザ地下街店の日記はここで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチヘ

関連ランキング:ラーメン | 京急川崎駅川崎駅

|

« 中華料理 「西安飯荘」 | トップページ | 居酒屋 「なお樹」 »

ラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/17897191

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン屋 「一蘭(川崎店)」:

» ラーメン屋 「一蘭(博多駅サンプラザ地下街店)」 [プレグルのグルメ探訪記]
店名:一蘭(博多駅サンプラザ地下街店)カテゴリー:ラーメン屋 住所:福岡市博多区 [続きを読む]

受信: 2009年9月 3日 (木) 06時06分

« 中華料理 「西安飯荘」 | トップページ | 居酒屋 「なお樹」 »