« お好み焼き 「五右衛門」 | トップページ | タイ料理 「タイ食堂 みうら屋」 »

2009年12月 5日 (土)

ラーメン屋 「高倉二条」

店名:高倉二条
カテゴリー:ラーメン屋

住所:京都府京都市中京区高倉二条東南下ル 観音町64-1
電話:075-255-9575

営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00(月~金) 土・日・祝は21:00迄
定休日:不定休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は高倉二条に行ってきました。
京都で美味しいつけ麺が食べれると言うことで行って来ました。
それもとっておきのつけ麺が食べれるという話です。
これは行かない手はないですよね。

 

A010_p1420185
店前にあった提灯です。
この大きな提灯が目立っているんですよね。
遠くからも良く見えてました。
真っ赤な提灯に大きく 豚骨魚介 って書いてますね。
右横には全粒粉麺って書いてます。

 

A020_p1420180
お店の看板です。
高倉二条って縦書きで書いてます。
渋い感じの看板です。

 

A030_p1420186
お店の概観です。
左に大きな提灯、その横に入口があります。
そしてその横に丸い窓があります。
和テイストな作りですね。

 

A040_p1420148
入口の横にはメニューが貼ってありました。
読んでみると。

ラーメンは4種類あります。
・らーめん 680円
・味玉らーめん 780円
・チャーシューらーめん 880円
・味玉チャーシューらーめん 980円

つけ麺も4種類です。
・つけめん 680(小) 780円
・味玉つけめん 780(小) 880円
・チャーシューつけめん 880(小) 980円
・味玉チャーシューつけめん 980(小) 1,080円

つめ麺(小)は1.5玉、つけめんは2玉となっているようですね。

 

A050_p1420181
そして、こんなのも貼っていました。
魚介の香り、豚骨のコク、
全粒粉麺の食感。
すべて自然から。
※化学調味料は使用しておりません。

これは期待が持てそうですね。
楽しみです。

 

A060_p1420182
暖簾です。
シンプルな暖簾ですよね。
シンプル イズ ベスト。
いい感じです。

 

A190_p1420150
お店の入口です。
ガラガラって自分で横に開けるタイプです。
ドアは格子のガラスになっており中が見えます。
入って直ぐ左に自動販売機が見えてますね。
入店すると食券を買って席に座るようになります。

 

A200_p1420166
で、今回はつけめん780円にしました。

 

A210_p1420159
麺です。
これが全粒粉麺です。
少し茶色がかっていますね。
まずは何時ものようにそのままで食べてみます。
あれっ。
これは蕎麦の味ですよ。
噛みごたえがもあります。
何回かそのまま食べ続けてみます。
美味しい!!
これは素晴らしい麺ですね。
こんな麺食べたこと無かったですよ。

 

A220_p1420156
つけ汁です。
魚介と豚骨のWスープです。

お店の宣伝通り「魚介の香り、豚骨のコク」が感じられます。
魚介ガツーンタイプですごくコクがあり上品な味となっていますよ。
このお店独自の味付け感が感じられました。
少し前に、ものまねつけ麺を食べて残念な思いをしたことがありましたので。
同じ味ならワザワザ食べに行かなくてもいいですから。

 

A230_p1420176
では、つけ汁に付けて食べてみましょう。
食べてみると.....
あら、不思議です。
何とちゃんと つけ麺 になるではないですか。
そのままだと蕎麦、スープに付けると、つけ麺に早変わりします。
これがまた美味しいんですよ。
もう、止まりません。
誰もが美味しいって言う訳が分かりました。

麺の横に大きなメンマが2本乗っていました。
このメンマですが柔らかくて食べやすくものすごく美味しかったです。
そして、スープの中に奈良漬が....
お店の人に思わず聞いちゃいました。
「スープの中に奈良漬が入っているんですか?」って。
答えは醤油で味付けされたメンマでした。
食感と味で奈良漬と間違ってしまいました。(笑)

チャーシューはトロトロチャーシューですよ。
麺があっさりしているので、この濃厚チャーシューが味のアクセントになって美味しくいただけました。

このお店でしか食べれないオリジナル性豊かなつけ麺でした。
素晴らしい。
久々の感動物の1品でしたよ。

最後はスープ割りをしてもらいました。
鰯と昆布のスープを継ぎ足します。
美味しい!!
最後の最後まで大満足してしまいました。

 

A500_p1420178
店内の風景です。
店内はカウンター席のみとなっています。
カウンターの中が厨房となっています。
厨房の中は2名体制でラーメンを作っていましたよ。
カウンターにはお茶が置いてあるタイプですね。

 

A510_p1420168
カウンターに座って右側を撮っています。
こちら側は直線のカウンターですね。
洋服は後ろの壁のハンガーに掛けるようになっています。

 

A520_p1420172
壁にはこんなものが貼ってありました。

医食同源

健康、美肌の為の
食物繊維、ビタミン、ミネラル豊富な
全粒粉麺。

化学調味料に一切頼らない
自然の旨味たっぷりな
豚骨魚介。

食事の余韻を楽しむ事...
自然と融合する最高の
喜び。

高倉二条。
素晴らしいお店です。
久々の大感動店でした。
新食感の素晴らしい麺、他店とは違う魚介豚骨スープ等々....
オリジナリティ溢れるつけ麺でした。
ここはまた行きたくなってしまうお店です。
次はラーメンも食べてみたいですね。

京都のラーメンシーンは奥が深いと思わせてくれたお店でした。
京都だとしゃかりき以来の感動店でした。

しゃかりきの日記はここで。 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

|

« お好み焼き 「五右衛門」 | トップページ | タイ料理 「タイ食堂 みうら屋」 »

ラーメン屋」カテゴリの記事

コメント

写真だけ見るとお蕎麦っぽい!
だけどちゃんとつけ麺なんですね。
すっごい興味あります。

おちついた佇まいや麺を盛った器など、いちいちお上品で京都っぽい気がします(笑)

投稿: chihi | 2009年12月 5日 (土) 18時14分

> chihiさん。

ここは良いよ~。
ここでしか食べれないつけ麺です。
素晴らしいの一言ですね。
和ティストが京都風ですね。
京都が誇る名店だと思います。

投稿: プレグル | 2009年12月 6日 (日) 06時32分

プレグルさん、京都行かれたんですね♪

京都…
いいですよね!
好きな街です。

「高倉二条」!
和モダンのインテリアの店で食べる、全粒粉のつけ麺…
これも、よかったです。

また、私も行きたいです。

ところで…
美味しい日本蕎麦のような食感の全粒粉の麺を使った「つけ麺」なら、千葉の柏にもありますよ!

今日は、実は、その「GOODMEN」という店に、某店の店主と行って来ます!

投稿: ramen151e | 2009年12月 6日 (日) 07時20分

> ramen151eさん。

はい。
やっと行けました。

とっても素晴らしいつけ麺でした。
感動しました。
通ってしまいそうです。(笑)

わおっ。
そうなんですか。
また、日記楽しみにしています。
千葉は遠いです。(泣)

投稿: プレグル | 2009年12月 9日 (水) 03時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165163/46937787

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン屋 「高倉二条」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/06 08:54) [ケノーベル エージェント]
京都市中京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 08時56分

« お好み焼き 「五右衛門」 | トップページ | タイ料理 「タイ食堂 みうら屋」 »