« ラーメン屋 「金久右衛門(靱本町店)」 | トップページ | 居酒屋 「楽彩庵」 »

2011年10月28日 (金)

海鮮料理 「桂新堂 百福庵」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://spa-gourmet.cocolog-nifty.com/gourmet/2011/10/post-fb0b.html


食べログ:桂新堂 百福庵 のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:桂新堂 百福庵
カテゴリー:海鮮料理

住所:愛知県名古屋市熱田区金山町1-5-4 桂新堂本店地下1階
電話:052-681-6411

営業時間:11:00~12:30  13:00~14:30
定休日:不定休
HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は桂新堂 百福庵に行ってきました。
JR金山駅近くにあるお店です。

名古屋に定期的に行きだしてから、金山って何回来たんだろう、
って、言うぐらい、何回も何回も訪れています。
毎回、色んな発見があって楽しいんですよね。
そんな中でも、今回のお店は、とっておきのお店です。
このお店で食べるには、超ハードルが高いんですが、素晴らしいお店です。

 

A010_rimg0488
お店のロゴです。
このマークを見ただけで、テンションが上がりまくりです。
よ~く、見て下さいね。
何に見えますか?
そう、そう、アレですアレですよ。
海老聖人の大好物な海老ちゃんですよ。
わおっ、海老料理が食べれるんだ。
めっちゃ嬉しいです。

 

A020_rimg0490
お店の看板です。
年季が入っていますよね。
渋すぎます。
桂新堂って店名が書いてありますね。
そして、その看板の下の瓦を見て下さい。
何と、海老のロゴになっていますよ。
素晴らしいですよね。
海老聖人大喜びです。

 

A030_rimg0687
お店の外観です。
全面ガラス張りで開放的なお店ですね。
2階建てのようですが、実は地下にも店舗があるんですよ。
今回は、その、地下のお店に行ってきました。

 

A060_rimg0491
店前にあった、ご案内板です。

・お菓子の販売
 1階・売店 11:00~19:00

・お抹茶とお菓子
 2階・活創庵 10:00~18:00

・お食事
 地階・百福庵 11:00~12:30 13:00~14:30

1階、2階、地下と店舗が分かれています。
今回は、地下のお食事処にお邪魔したしたよ。

 

A200_rimg0504
沢山の人が行列していますよね。
順番に食べるのを待っているのですが、このお店のお食事処は、電話予約等が出来ないんです。
どういうシステムになっているかというと。
毎日、10時から「当日分のお席の予約」を先着順で受け付けているんです。
つまり、10時前から、当日の食事をするために並ばないと駄目なんですよ。
確実に食べようと思うと、それなりに早い時間に行く必要があります。
今回は、名古屋の福山 雅治似の大親友に並んでもらいました。
ありがとうね。

尚、予約は、代表者1人について、4名迄です。
1日、2回の入れ替え制になっています。
1回に40名までしか入れませんから、4名ずつの予約だったら前半10名と後半10名の20人の代表者しか食べれないって訳なんですよ。
ハードルが高いですよね。
10時前に並ぼうと思うと、東京や大阪からだと前泊して根性を入れて行かないと駄目ですもんね。
そんなハードルの高いお店で食べれた事を感謝、感謝です。
やっぱり、持つべき物は大切な親友ですよね。

  

A210_rimg0512
並んだ順番に、名前を呼ばれて地下1階の百福庵に降りました。
テーブルに着くと、本日のお料理が書いてある紙と箸、爪楊枝、箸置き、そして、手作りの鶴がセッティングされていましたよ。
さあ、どんな感じの料理が出てくるのか楽しみです。
ワクワク、ワクワク。
海老ちゃんのように飛び跳ねそうですよ。(笑)

 

A240_rimg0533
最初に運ばれてきたのは食前酒の梅酒です。
まろやかな味で食欲をそそります。
ん~、お腹もペコペコです。
早く食べたいですよ。
今日は、本当に楽しみです。
なんたって、海老、海老、海老の海老尽くしコースですからね。
海老聖人が昇天してしまうそうです。(笑)

 

A245_rimg0545
前菜です。
最初の料理です。
桜えび釜揚げ、甘エビ塩辛、黒豆です。
色合いも綺麗で食欲をそそります。
この料理を見た瞬間に、これは、日本酒でしょうって思っちゃいましたよ。

 

A265_rimg0558
で、最初にオーダーしたのが、蓬莱泉 空(ほうらいせん くう)の純米大吟醸1,155円です。
愛知県の関谷醸造のお酒です。
やっぱり最初は愛知の酒からでしょうって事でオーダーしましたよ。
お猪口は、沢山ある中から自分でチョイス出来ます。
今回は、桜のイメージで、このお猪口を選択しました。

 

A270_rimg0564
こんな感じで、前菜の桜えび釜揚げ、甘エビ塩辛、黒豆を楽しみました。
もう、最高です。
海老好き、日本酒好き、たまりませんよ。
至福、至福、至福が訪れてきました。
桜えびを食べて、クイッと日本酒を飲み、
甘エビ塩辛を食べて、クイッと日本酒を飲み、黒豆を食べて日本酒を飲む。
想像してみて下さいね。
もう、メロメロになっちゃいましたよ。
思わず叫んじゃいました。
最高、幸せってね。

 

A240_rimg0538_2
向付です。
上下2段の白木重箱での登場です。
上段には、伊勢えびが美味しそうに鎮座していました。
これは、ますます、日本酒がすすみますよね。

 

A245_rimg0539
伊勢えびに山葵をちょっと付けて頂きます。
最初は、醤油をつけません。
伊勢えびの旨味を楽しみたかったからです。
もう、最高ですよ。
旨すぎます。
思わず、全員が、ニッコリと微笑んでしまいましたよ。
美味しい料理って、人に安らぎと幸福感を与えますよね。
生きてて良かったよねって思えた瞬間でした。

 

A310_rimg0571
そして、下段には、活車えびおどり と 鯛 が3切れセットされていました。
海老ちゃんは、本当に、新鮮そうです。
色艶が違いますよね。
今にも動き出しそうです。

 

A335_rimg0587
どうですか、素晴らしいでしょ。
ぷりっ、ぷりっですよ。
食べてみると、歯ごたえもあって、海老の旨味が凝縮されていますよ。
最高です。
もう、日本酒がドンドン無くなっています。
最高!!

 

A370_rimg0580
吸物です。
中には、えび団子とえび焼きが入っています。
これも、えび尽くしですよね。
流石、海老料理三昧です。

 

A385_rimg0592
結局、たまらずに、3種類のお酒を飲みましたよ。
雪中梅の本醸造630円、出羽桜 雪漫々(でわざくら ゆきまんまん)大吟醸735円です。
この料理構成なら、日本酒ですよね。
極上料理に日本酒を堪能しましたよ。
料理は美味しいし、お酒もgood、そして、親友達との会話も楽しいし。
ん~、いい感じです。
楽しい時間は、どんどんと過ぎていきますよ。

 

A395_rimg0596
焼物です。
活車えび塩焼きと奥に何やらありますね。
何なんだろう?
面白い提供の仕方ですよね。

 

A415_rimg0603
蓋を取ってみると、大きな栗でした。
海老は、踊っているようですね。
今にも動き出しそうです。

この海老は、頭の先から尻尾まで全て食べれるんですよ。
塩加減が絶妙で、めっちゃ美味しかったですよ。
もう、海老聖人は、メロメロです。

 

A440_rimg0616
ご飯、赤だし、香物の登場です。
ご飯と赤だしは、蓋が付いています。
香物は、大根と胡瓜ですよ。

 

A445_rimg0617
蓋を取ると、ご飯の登場です。
ちょっぴりと入っていますね。
でも、お代わり可能なんですよ。

 

A450_rimg0620
赤だしも蓋を取りました。
これは、伊勢えび出汁の味噌汁となっています。
ここにも海老が使われているんですよ。
海老尽くし、すごいですよね。
海老の風味がして美味しかったですよ。

 

A475_rimg0628
これ、何だと思います?
えびそぼろですよ。
どうやって食べるのかというと。

 

A500_rimg0629
こうやって、ご飯の上に乗っけて食べるんですよ。
ご飯のお供って訳だったんですよね。
お腹一杯になってきたんですが、このえびそぼろで、ご飯がドンドンすすんじゃいましたよ。
美味しい!!

 

A510_rimg0637
菓子とお茶です。
お絞りも一緒に出てきましたよ。
菓子は、えびせんべいになっていました。
サク、サクって食べれるせんべいです。
いい感じで食べれましたよ。

 

A525_rimg0639
えびせんべいは、追加料金でお抹茶とお菓子に変更できます。
2階の活創庵で食べれる、お抹茶とお菓子も楽しめるって訳です。
これは、嬉しいですよね。

 

A535_rimg0648
もう1種類頼みました。
お菓子が違う物になっています。
お抹茶もお菓子も、とっても美味しかったですよ。
大満足でした。

 

A615_rimg0508
店内の風景です。
入口近くの席から奥を撮っています。
黒いテーブルに白い椅子で構成されています。
落ち着いた雰囲気になっていますね。

 

A620_rimg0667
入口付近から撮りました。
高級感に溢れた店内ですよね。
落ち着いた雰囲気で食事が楽しめます。

 

A605_rimg0663
沢山のお酒がディスプレーされていました。
雪中梅、八海山、越乃寒梅、久保田.....
飲んだばっかりなのに、また飲みたくなってきちゃいましたよ。

 

A700_rimg0673
入口近くの精算所です。
落ち着いた雰囲気が、かもし出されていますよね。

 

A710_rimg0674
地下の店内なんですが、和の空間も上手に配置されていましたよ。
お花がとっても綺麗ですよね。
和みます。

 

A805_rimg0497
1階の売店です。
色んな種類のお菓子を売っていましたよ。
目移りしてしまいました。

 

A050_rimg1105
夜の風景です。
この日は、遅くまで、金山で楽しんでいました。
ふっと、お店を見ると綺麗にライトアップされていましたよ。
とっても印象に残るお店でした。


百福庵さん。
もう、最高、海老尽くし料理が堪能できました。
この、えび料理が1,050円なんですよ。
えっ、1,050円ですか~って、驚愕のお値段ですよね。
もう、ビックリ仰天です。
これだけ楽しませてもらって、この価格はありえないですよ。
大満足です。
行列が出来て、人気なのもうなづけます。
ここは、また、食べに行きたいです。
絶対に行きたいです。
海老聖人な人は絶対に行くべきです。
前泊してでも、この為にだけにでも名古屋に行く価値は十分にあると思います。
素晴らしい料理の数々でした。
最高の料理に、最高の友達との会食、幸せを感じられたランチです。

そんな素敵な料理と雰囲気を提供してくれた百福庵さん、ありがとう。
そして、愉快な仲間のみんなもありがとう。
また、食べに行こうね!!

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 金山駅西高蔵駅東別院駅

|

« ラーメン屋 「金久右衛門(靱本町店)」 | トップページ | 居酒屋 「楽彩庵」 »

海鮮料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海鮮料理 「桂新堂 百福庵」:

« ラーメン屋 「金久右衛門(靱本町店)」 | トップページ | 居酒屋 「楽彩庵」 »