« イベント 2013年 秋の大試食会 香川県 「さぬきうまいもん祭り in 大阪」 その4 | トップページ | イベント 2013年 秋の大試食会 香川県 「さぬきうまいもん祭り in 大阪」 その5 »

2013年10月26日 (土)

ビアーレストラン 「スーパードライ あべの」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2013/10/post-10b5.html


食べログ:スーパードライ あべの  のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:スーパードライ あべの
カテゴリー:ビアレストラン
 

住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカスダイニング タワー館12階
電話:06-6625-2704

営業時間:00:00~00:00
定休日:

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はスーパードライ あべの に行ってきました。
初めて あべのハルカス に足を踏み入れましたよ。
色んなレストランが入っています。
今日は、下見って思っていたんですが、サクサクって飲めるお店を見つけてしまいました。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A010_rimg2592
お店の外観です。
BEER&GRILL SUPER ''DRY'' あべの
って大きく書いていますね。
オープンな感じで中の様子がよく見えるようになっています。
早い時間だったので人は少なめです。

 

A020_rimg2591
店前のサンプルです。
ビールの飲み比べが置いてありますね。
こんなの見たら入りたくなっちゃいますよね。
って事で入っちゃいました。

 

A200_rimg2596_2
まずは、定番のアサヒスーパードライ590円にしましたよ。
で、どうしてこれにしたかというと....

 

A090_rimg2626
19時までの特別イベント
スーパードライ(レギュラーサイズ)何杯飲んでも半額!!
通常1杯590円→295円
となっているではありませんか。
これは、飲まないと!!
って事でスーパードライにしたんですよね。

 

A240_rimg2602
本日のアテは、彩り野菜の自家製ピクルス500円です。
この後に接待が控えていますからね。
少しにしておかないとね。

 

A550_rimg2620
メニューを眺めているとビールのカテゴリーについて色々と書いていました。
フムフムと読んでいると....
生ビールの飲み比べがあるじゃないですか。
これは、飲んどかないとね。
折角来たんだしね。

 

A280_rimg2607
生ビール飲み比べ プレミアム3種960円にしましたよ。
左から
・ベル・ビュークリーク
 ベルギー伝統製法で作られたチェリーの自然発酵ビール。
・レーベンブロイ
  本場ドイツ生まれ、600年の伝統を誇る、麦芽100%の生ビール。
・琥珀の時代
  手間と時間を惜しみなく注いでつくられた、琥珀のビールです。

どのビールも特徴があって美味しく頂きましたよ。 
ビール三昧で至福の時を過ごす事が出来ました。

さて、待合せの時間となりました。
そろそろ待合せの店に行きましょうかね。

 

A500_rimg2594
店内の風景です。
広々とした店内です。
奥に調理場があるようですね。
木のテーブルに白い壁で落ち着いて食事が出来ましたよ。

 

A510_rimg2612
左手の壁にはお洒落に写真が飾ってありました。
下品な宣伝のパスターが無くシンプルな感じがいいですよね。

スーパードライ あべのさん。
あべので美味しいビールが飲みたくなったらまた訪問したいですね。
それも19時までに。
そうするとドライが半額ですから。
お得ですよね。
喫茶店のように活用したいものです。
あべのハルカスにお気に入りのお店が出来ました。
また行かないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:ビアバー | 大阪阿部野橋駅天王寺駅天王寺駅前駅

|

« イベント 2013年 秋の大試食会 香川県 「さぬきうまいもん祭り in 大阪」 その4 | トップページ | イベント 2013年 秋の大試食会 香川県 「さぬきうまいもん祭り in 大阪」 その5 »

ビアレストラン」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビアーレストラン 「スーパードライ あべの」:

« イベント 2013年 秋の大試食会 香川県 「さぬきうまいもん祭り in 大阪」 その4 | トップページ | イベント 2013年 秋の大試食会 香川県 「さぬきうまいもん祭り in 大阪」 その5 »