うなぎ屋

2014年4月16日 (水)

うなぎ屋 「八百徳(本店)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2014/04/post-c03d.html


食べログ:八百徳(本店) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:八百徳(本店)
カテゴリー:うなぎ屋
 

住所:静岡県浜松市中区板屋町655
電話:053-452-5687

営業時間:11:00~20:15
定休日:月曜日・第一火曜日

HP:http://www.tokai.or.jp/yaotoku/


……………………………………………………………………………………………

今日は、 八百徳(本店) に行ってきました。
浜松グルメツアーです。
浜松と言えば、鰻ですよね。
浜松の人気店に行って来ましたよ。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A020_rimg1234
お店の外観です。
鰻ビルですよ。
うなぎ 八百徳
って大きな字で書いてありますね。
遠くからでも目立っていますよ。
この八百徳さんは、ここが本店となっています。
JR浜松駅の南側にもお店があるんですよ。
お初だったので本店におじゃましました。

お腹はペコペコです。
さあ、入店しましょうか。

 

A200_img_6436
まずは、ビールからでしょう。
瓶ビール648円(消費税8%)にしましたよ。
ここは、サッポロのビールでしたよ。
では、では、乾杯~。
ぷふぁ~、旨い!!

 

A600_rimg1243
さて、肝心の鰻は、どれにしましょうかね。
やっぱり、ここは、
お櫃鰻茶漬け3,186円(消費税8%)ですかね。

 

A235_img_6445
しばし待ちます。
ビールを飲んで待ちます。
で、じゃ~ん、出てきましたよ。
お櫃鰻茶漬けですよ。
お盆の上にお櫃に入った鰻、肝吸い、お漬物、山葵、大量のネギが出てきました。

 

A255_img_6444
お櫃のアップです。
美味しそうな鰻がドーンって入っていますね。
厳選された活のいい鰻ちゃんを調理して出てきています。
その鰻に秘伝のタレで味付けされているんですよ。
どんなお味か楽しみですね。

 

A255_img_6446
まずは、そのままで頂きましょか。
お茶碗に取り分けしてっと。
ご飯の上に鰻ちゃんをセットしてっと。
パクパク、パクパクっ~。
カリッと風の鰻と、もちっとしたご飯ですね。

 

A265_img_6486
で、二杯目からは、沢山のネギを乗っけて、山葵をちょんと置いて、熱々のお茶をそそぎます。
お店風に言うと、お茶漬けとして味わいましょう。
食べてみると、とっても美味しいんですよ。
そのままで食べるよりもお茶漬け風にした方が断然旨いです。
このお店の鰻は、お茶漬けにして食べるのがベストですね。
最後の最後まで、お茶漬け風にして食べましたよ。

最初、ネギがやたらに多いな~って思っていましたが、納得してしまいました。
やっぱり、お店としても薬味をたっぷり入れてお茶漬けで食べてねって事だったんですよね。

 

A345_rimg1260
お腹に余裕があったので、うまき734円(消費税8%)もオーダーしましたよ。
ふあっと感のある玉子に極上の鰻が鎮座しています。
ビールのアテとしてもいい感じです。
最初に頼んでおけば良かったかな。

 

A500_rimg1235
店内の雰囲気です。
お店に入って1階の奥の部分を撮っています。
とっても広いキャパのあるお店でしたよ。

八百徳(本店)さん。
このお店は本店112席、駅南店128席もあるそうです。
巨大店舗ですね。
少々混んでいても大行列って感じにはならないでしょうね。
名古屋の方では大行列店がありますもんね。
店内も広くゆったりと美味しい鰻を堪能する事が出来ました。
次回は駅南店の方にもおじゃましてみたいものです。
浜松にお気に入りのお店が出来ました。
また行かないとね。



今日もよく食べて飲んだぞ~!!
明日も 美味しい料理 と お酒 が飲みたいから.....
私の元気の源 しじみにんにく を買っとかないと。
また、ここで 、注文しとかないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:うなぎ | 第一通り駅浜松駅新浜松駅

| | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

うなぎ屋 「宮田楼」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2012/11/post-0a07.html


食べログ:宮田楼 のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:宮田楼
カテゴリー:うなぎ屋
 

住所:愛知県名古屋市中区大須2-21-31
電話:052-231-3815

営業時間:11:00~15:00  17:00~20:00
定休日:金曜日

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は宮田楼 に行ってきました。
前々から食べに行きたかった 宮田楼 狙いで行って来ました。
ここは、大須神社の隣にお店があるんです。
そして、鯛焼きで有名な鯛福茶庵の向かいでもあります。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

鯛福茶庵の食べログのレビューはここで。
鯛福茶庵の1回目の日記はここで。

 

A010_rimg0308
お店の看板です。
大須 宮田楼
って書いていますね。
渋い看板ですね。
美味しい鰻が食べれますように。

 

A030_rimg0315
お店の外観です。
老舗のうなぎ屋さんって感じの建物ですよね。
和風な造りです。
大昔からこの地で営業していましたって感じです。

 

A140_rimg0307
お店の暖簾です。
白地に「うなぎ」と「宮田楼」って店名が書いてありますね。
これも、シンプルでありながら年季を感じますね。
さあ、お腹はペコペコです。
ドアは自分でガラガラって開けるタイプです。
さあ、入店しましょうか。
一番乗りです!!

 

A210_dsc02566
まずは、ビールからのスタートです。
鰻が焼けるまで時間が掛かりますからね。
ここは、キリンのラガーでしたよ。
ぶふぁ~、旨い!!

 

A225_rimg0270
先にお漬物が出てきました。
ビールのアテにいい感じの味付けでした。

 

A250_dsc02570
そうこうしているうちに、ちゃくちゃくと食事の準備は整ってきましたよ。
刻みネギが出てきたりお漬物が出てきたり....
もう少しで完成ですよ。
ワクワク、グビグヒ、ワクワク、ゴックン!!

 

A270_dsc02574
出てきましたよ。
待ってました!!

上ひつまぶしとお吸い物です。
やっぱり、名古屋に来たからにはひつまぶしを食べないとね。

 

A290_dsc02576
美味しそうな鰻の匂いがたまりませんよ。
もう、ヨダレが出まくり状態です。
ふんわりと焼かれた鰻に目が釘付けです。

 

A340_dsc02581
それでは、最初はそのままの状態でいただきましょうか。
お茶碗にご飯を入れてっと、その上に鰻を乗っけます。

 

A360_rimg0284
香ばしく焼かれた鰻がたまらないですよ。
旨い!!
って、お店の中で叫んじゃいました。
ご飯もふっくらと炊かれており程よい硬さが鰻とベストマッチです。
もう、口の中が至福の嵐に襲われっぱなしですよ!!

 

A365_dsc02587
次に薬味をちょっと乗っけていただきましょうか。

 

A375_rimg0290
旨い!!
ネギのしゃきしゃき感や山葵の風味が加わって旨さ倍増です。
タレも上品な感じで食べても食べても飽きない味です。

 

A390_dsc02583
さて、最後の食べ方です。
出汁を入れてお茶漬け風で食べましょう。

 

A410_rimg0294
ひつまぶしの食べ方で一番好きな食べ方かも知れません。
そのままで、薬味で、出汁を入れてお茶漬け風と1/3ずつ出来ればいいんでしょうが...
このお茶漬け風で食べる量が多いと思います。
出汁と鰻タレがミックスされると絶妙な味になるんですよね。
ドンドン出汁を飲んでしまいます。
鰻のお茶漬けって贅沢ですよね。
とっても美味しい食べ方だと思います。
今回も美味しくて大満足してしまいました。

 

A430_rimg0277
お吸い物です。
肝入りでしたよ。
ビールを飲んで、ひつまぶしを食べて、出汁もたっぷり飲んで、お吸い物も全汁しちゃいました。
もう、お腹はパンパンで破裂しそうなぐらい食べました。
大満足のランチになりましたよ。

 

A710_rimg0248
店内の雰囲気です。
テーブルも椅子も使いこんでいますよね。
建物自体も店内の中に木柱があったりして年季を感じます。

 

A730_rimg0246
右に振りました。
奥が入口となっています。
壁には絵が書いてあるようですね。

宮田楼さん。
随分昔からお店は知っていました。
大須観音に来たときにお店の前をよく通っていたり、鯛福茶庵で鯛焼きを食べているときに鰻を焼いている美味しそうな匂いを何回も嗅いでいたんですよね。
地元の友人に聞くと、ここは、美味しいよとの情報も仕入れていました。
で、今回の訪問となった訳です。
食べてみて大満足です。
とっても美味しいひつまぶしでした。
また、食べに行きたいと思うのですが.....
宮田楼さんは、2012年8月で閉店したようです。
現時点では、更地になっているようです。
残念でなりません。
また、何処かで宮田楼の味を楽しみたいものです。

  

A170_rimg0387
さて、お腹も一杯になったことだし大須観音にも行っておきましょうか。

 

A030_rimg0984
今日は天気が良いですね。
でも、人が少ない。
何故って?
その訳は、めっちゃ暑い日だったんですよ。
とろけるような暑さです。
私は鰻を食べて元気モリモリです。(笑)

 

A070_rimg0393
こんな階段なんかスイスイで登れちゃいますよ。
でも、汗ビッショリだけど。(笑)

そうだ!!
巨大ネコでも見に行こうかな。

大須の巨大ネコの日記はここで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:うなぎ | 大須観音駅上前津駅矢場町駅

| | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

うなぎ屋 「うな富士」

店名:うな富士
カテゴリー:うなぎ屋

住所:愛知県名古屋市昭和区白金1-1-4 プレザアント白金
電話:052-881-0067

営業時間:11:00~14:00  17:00~20:00
定休日:水曜日・第1と第3の火曜日

HP:

……………………………………………………………………………………………

今日はうな富士に行ってきました。
名古屋で美味しいひつまぶしを食べたくなって遠征してきました。
ここは大人気のお店で行列必須のお店だそうです。
さあ、頑張って行くぞ!!

過去のひつまぶしの日記
しら河の日記はここで。
あつた蓬莱軒(本店)の日記はここで。
藍の家亭の日記はここで。

 

A010_p1440618
お店の看板です。
炭焼
うな富士
って書いてますね。
ワクワクやっと着きましたよ。
遠い道程でした。
名古屋からは中央線に乗って鶴舞駅まで6分です。
そして、テクテクと歩いて10分程度で到着です。

 

A020_p1440615
この「鰻」の文字が見えてニンマリです。(笑)
ブルブル寒いですけどね。
何でって。
実はまだオープンしていないんですよね。

 

A030_p1440619
お店の概観です。
一番乗りですよ。
11時前に到着です。
待っている間に概観を撮っとかないと。
だって、ここは凄い行列が出来るお店なんですよ。
今のうち~って。
ここはビルの1階にお店があります。
店前は駐車場にもなっています。

 

A040_p1440613
お店の入口です。
まだ、準備中って出ていますね。
ブルブル椅子に座って待ちましょうか。
店前に簡易のメニュー表が置いてあるのでチェックしておかないと。
ひつまぶしにも種類があるかもしれないし、サイドメニューもいいのがあるかも。
そうこうしているうちにドンドン人が増えてきましたよ。
オープン前から10人以上の行列が出来てきました。
11時オープンですから、この時間で行列が出来るとは流石ですね。
早めに来て良かったです。

 

A200_p1440634
11時になってやっと入れましたよ。
お一人様だったので2人掛けのテーブル席です。
座って速攻でビール600円をオーダーします。
そして、メニューを見ながら何を食べようか考えます。

 

A210_p1440633
ビールには枝豆がサービスで付いていました。
6個入っていますね。

 

A220_p1440625
メニューです。
さて、どれにしましょうか。
(全て肝吸付です。)

・うなぎ丼 2,000円
・上うなぎ丼 2,600円
・肝入りうなぎ丼 2,400円(数量限定)
・ひつまぶし 2,600円
・上ひつまぶし 3,500円
・肝入りひつまぶし 4,500円(数量限定)
・長焼膳 2,600円
・白焼膳 2,600円
・特うなぎ膳 4,000円(数量限定)
・四万十川産、浜名湖産天然うなぎ 時価(要予約)

 

A230_p1440628
一品料理のメニューです。

・肝焼 800円
・肝わさび 800円
・うな粕 1,000円
・うまき 800円
・長焼 1,900円
・白焼 1,900円
・特うなぎ長焼 3,500円(数量限定)
・漬け物盛り合わせ 600円
・漬け物 100円
・肝吸 250円
・ご飯 200円
・肴・季節の魚介類 時価

  

A240_p1440641
で、初心を貫いて上ひつまぶし3,500円にしました。
こうやってお膳で運ばれてきます。
大きなお櫃、肝吸、お漬け物、ネギとわさびの薬味、出汁、お茶碗、しゃもじです。
わおっ。
ワクワクします。

 

A250_p1440650
では、お櫃と肝吸のフタを取ってみましょう。
美味しそう。
鰻の香りがたまりませんよ。

 

A260_p1440643
上ひつまぶしです。
通常のひつまぶしの1.6~1.7倍ほど入っているそうです。
ご飯が見えないぐらい鰻がビッシリ入っていますよ。
これは鰻が堪能できそうですね。
鰻の香りだけでメロメロになってきましたよ。

 

A270_p1440679
肝吸です。
上品な味付けの肝吸でしたよ。

 

A280_p1440646
薬味です。
ネギとわさびです。

 

A290_p1440676
漬け物です。
薄味でいい感じで漬かっていました。
美味しかったですよ。

 

A300_p1440660
最初はそのままで食べます。
お櫃からしゃもじで取り分けします。

 

A310_p1440655
上ひつまぶしなので鰻を沢山入れてもまだまだありますよ。
ご飯よりも鰻の方が多いぐらいです。
やっぱり上にして良かったです。
ご飯にも鰻のタレがほどよく掛かっています。

 

A320_p1440661
では、食べてみましょう。
鰻ですが外はカリカリで中はふぁふぁでとっても香ばしいです。
これはたまりませんよ。
一言で言うと絶品です。
多くの人が行列をものともせずこの鰻を求めてくるのが分かります。
これゃ並んででも食べたくなります。
一口でもう虜です。
食べだすとあまりの美味しさに箸がとまりません。
ご飯もちょうど良い硬さで炊かれており激旨です。
本当にハイレベルな一品です。

 

A330_p1440658
鰻はなんと上部に敷き詰めているだけでなくご飯の間にも入っていましたよ。
大量の鰻が入っています。
嬉しいですね。
十分に堪能できますよ。
東京で食べたのが陳腐だったので非常に嬉しいです。
やっぱりひつまぶしはこうでないとね。

 

A340_p1440662
2杯目は薬味を乗せて食べます。
ここの薬味はネギとわさびとなります。
薬味でよくあるのはネギ、海苔、わさび、三つ葉などがあります。
そう言えばここは海苔がなかったですね。

 

A350_p1440682
そして、3杯目です。
まずは2杯目と同じように薬味を乗せます。
今度はネギとわさびですね。

 

A360_p1440685
そして出汁をこうやって掛けていきます。

 

A370_p1440688
こんな感じでドンドン出汁を入れていきます。
そうそう、出汁は少ししか入っていませんが大丈夫です。
無料でお代わり可能ですから。
出汁も美味しいですからお代わりしてしまうと思いますよ。
当然私もお代わりしてしまいました。
気持ちよくお代わりも持ってきてもらいました。
ここの接客は抜群ですよ。
味だけでなくサービスもgoodです。

 

A380_p1440690
はい。
これで完成です。
ちょうど出汁を入れた状態です。
薄っすらと出汁の色が出ている状態ですね。

 

A390_p1440672
少しかき混ぜます。
すると鰻のタレが出汁と絡まっていくんですよ。
炭火で外はカリカリに焼いているのでこんな感じになります。
これで出汁に鰻のエキスがミックスされて味わい深い出汁に変身するんですよね。
飲んでみるとたまりませんよ。
もう、絶品です。
これで鰻とご飯を流し込みながら出汁も一緒に飲むと最高ですよ。
今までの鰻も美味しかったのですが、更に食感が変わって美味しく感じます。

 

A400_p1440691
ちょうどこんな感じが最高の状態です。
これを箸でサクサクと口に運んでお茶漬けを食べるように食していきます。
鰻茶漬けですよね。
これは最高の料理ですよ。
長時間掛けて名古屋まで来て良かった、一番に並んでまで来て良かった。
本当に良かったって、思いながら幸せになっちゃいました。
美味しい料理を食べると本当に幸せになれますよね。

 

A410_p1440667
で、ここまで食べてもまだまだ鰻もご飯も余っています。
またまた、鰻茶漬けをしましょう。

 

A420_p1440669
おっと、薬味を入れるのを忘れていました。
いただきます~。
って、これを食べてもまだ余っていますよ。
上ひつまぶしは食べ応えがあります。
値段的に高いと思うかも知れませんが大変お得だと思いますよ。
なんたって鰻のボリュームが違いますから。
全部食べ終わるとお腹がはち切れんばかりになっていました。
大満足のひつまぶしでしたよ。

 

A500_p1440639
店内の風景です。
私が座った目の前にありました。
「鰻」って書いてありますね。
ビールを飲みながら見てました。
見ながら喉が鳴りましたよ。
早く出てこいって。(笑)

 

A510_p1440622
入口から入って右手の一番奥の席です。
4人掛けのテーブル席となっています。
濃茶で統一されて落ち着いた雰囲気になっていますね。
そして、この奥が調理場となっています。

 

A520_p1440626
入口から入って右手の真ん中の席です。
各テーブル席は目隠し板で仕切られているので落ち着いて食事ができますよ。
ここも4人席です。

 

A530_p1440632
入口から入って右手の入口に一番近い席です。
ここも同じように4人席です。
左側は4人席のテーブル席が3つあります。
そして、その横(店内中央)の私が座った2人掛けテーブル席が2つありますよ。

 

A540_p1440623
入口を入って左手は座敷タイプとなっています。
テーブルは自由自在に動かせるので大人数の場合はここになる可能性が高いです。
私が行った日も団体さんはここになっていました。

 

A550_p1440638
そして、店内に貼ってあったお願いの紙です。
書いてみると。

店内「禁煙」のお願い
従来からお客様より「禁煙」にして欲しいとのご要望がたくさんあります。
その為、店内を「禁煙」とさせて頂きたく、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
店主

これを読んで感動してしまいました。
素晴らしいですよね。
禁煙にすると客が減るとかお客様に迷惑が掛かるとかで喫煙を続けているお店が多いですからね。
やっぱり味にサービスに自信のあるお店はこうしますよね。
流石、一流店は違いますよね。

  

A560_p1440695
そうそう、店外にはこんな張り紙もありましたよ。
お待ちのお客様へ
「うな富士」をご利用のお客様に、となりの喫茶店「ボロン」のコーヒー代の補助券(当日分のみ)を提供しています。
ご希望の方はお申し出下さい。
店主

こんなサービスもあったんですね。
次回行くときはもらっちゃおうかな。
今日は予定があるので飲めないけど。
皆さんも覚えているとちよっとお得ですよ。

 

A600_p1440611
駐車場は店前にありますがちょっとしか止めれません。
ちょっと離れた場所に専用の駐車場がありますよ。
店前の山王通を東に少し行ったところにあります。

 

A610_p1440612
こんな感じで12台ぐらいは止めれそうです。
店前が一杯ならここですね。

 

A620_p1440696
徒歩で駅から歩いて行く人にはこんな感じで電信柱に案内表示があります。
これを見ながら歩いて行くと迷いませんよ。
私もこれを参考にしながら歩いて行きました。

うな富士さん。
噂に違わぬ名店でした。
このお店は今回も食べログで検索して探し出しました。
鰻料理店で高得点のお店でした。
全国でTOP1000に入っており、多数のレビュー(現在60件)者が絶賛のお店でした。
最近は地方に行くときには本当に役に立ちます。
何も知らない土地に行くときには必ず使っていますから。
ここ数年で精度も上がって信頼できると思います。
今回もお世話になりました。

お店の方は味は申し分なし。
とっても美味しくて感動すら覚えました。
それ以外にも店主さん、女将さんの人柄も良くサービス面のバッチリです。
禁煙の件もお客の立場に立ち美味しい料理をより良い環境で食べてもらおうと言う精神には感服しました。
これで人気店にならないはずはありませんよね。
私が食べている間にあれよあれよと人が集まり店内は満席となり、やっぱり行列が出来ていました。
やっぱり知っているんですよね。
並んでまで食べたい名店だと言うことを。
私は基本的に並ぶのが嫌な人ですがここなら並びますよ。
ここで絶対に食べたいと思わす物が数多くありますから。
本当に良い名店でした。
また、食べに行きたいと思います。


過去のひつまぶしの日記
しら河の日記は
ここで。
あつた蓬莱軒(本店)の日記はここで。
藍の家亭の日記はここで。


今日もよく食べて飲んだぞ~!!
明日も 美味しい料理 と お酒 が飲みたいから.....
私の元気の源 しじみにんにく を買っとかないと。
また、ここで 、注文しとかないとね。

 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

うなぎ屋 「きよはら」

店名:きよはら
カテゴリー:うなぎ屋

住所:大阪市北区長柄西2-5-3
電話:06-6357-3806

営業時間:11:30~14:00 17:00~20:30
定休日:日曜日

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はきよはらに行ってきました。
このお店は鰻が美味しいとの情報を得て行って来ました。
さて、お味の方はどうでしょうか。

 

S010_p1310790
店前にはこんなのが掛かっていましたよ。
職人親父さんが頑張っているんでしょうね。

  

S020_p1310798
このビルの1階に店舗があります。

 

S030_p1310792
うなぎの「きよはら」です。

 

S050_p1310794
お店の概観です。
店前にはスクータと自転車が。
スクータは仕入用なんでしょうね。

 

S190_p1310795
お店の入口です。
年期が入ったドアですね。
暖簾もちょっとくたびれています。
この場所で昔から頑張っている感じが出ています。

   

S200_p1310789
まずはビールから。
鰻が出来るまで30分程度掛かるって話だったので頼んじゃいました。

 

S210_p1310755
そして、アテをオーダーしました。
う巻
250円です。
オーダーしてから作ってくれましたよ。

 

S220_p1310756
1つを横に向けてみると。
こんな感じになっています。

 

S230_p1310770
鰻と薄味の出汁の味がよく合っていて、とても美味しかったです。
玉子もいい感じで仕上がっていました。

  

S300_p1310758
今回は丼物をオーダーしました。

 

S310_p1310760
フタを取ってっと。
特上鰻丼1,600円です。
肝吸付です。

 

S320_p1310763
鰻が4切れ入ってます。
特上は4切れなんですね。
・鰻丼は780円で2切れです。
・上鰻丼は1,250円で3切れです。
・特上鰻丼は1,600円で4切れです。
1切れ約400円アップなんですね。

 

S330_p1310778
ここの鰻は注文を受けてから、その場でさばいて焼いています。
作り置きではないのです。
だから時間が掛かるんですね。
換気が悪いのか店内は煙だらけになりましたけど。(笑)

 

S340_p1310764
肝吸いです。

 

Ss440_p1310748new2
メニューです。

 

Ss540_p1310773new0
店内の風景です。
カウンターでは禁煙のようです。
嬉しいですね。
入口から入って直ぐにL字型のカウンター席になってます。
そして、その中が調理場です。
ご夫婦でやっておられます。

 

Ss640_p1310775new1
奥は座敷となっています。
座敷は2つあります。
6人は座れる長テーブルですね。 
そこそこの人数は入れます。
夜は予約制ですが鰻づくしコースもあるようです。
・骨の唐揚
・う巻
・うざく
・肝煮
・八幡巻
・鰻の白焼
・蒲焼

・ご飯、肝吸、香物
二名様より、1人5,000円です。

暑い夏、栄養補給には鰻ですね。
ウナギには、ビタミンAとEが多く含まれているそうです。
ビタミンAは視力を増し、美肌に効果があります。
ビタミンEには、老化防止、冷え性、ガンに効果があります。
それ以外にもB1,B2,Dが含まれ、食欲が落ちたときでも、少量食べるだけで栄養素をバランスよく取れる優れものなんですよ。
ウナギは美容と健康、頭脳にもいい、栄養食品です。
これは定期的に食べないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

うなぎ屋 「藍の家亭」

店名:藍の家亭
カテゴリー:うなぎ屋

住所:東京都大田区西蒲田7-27-5 cityビル1階
電話:03-3735-3603

営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00
定休日:不定休
HP:
http://r.gnavi.co.jp/g666700/

……………………………………………………………………………………………

今日は藍の家亭に行ってきました。
このお店、「藍の家」なのか「藍の家亭」なのか分かりません。
ぐるなびとかでは「藍の家」になっているし、看板とか見ていると「藍の家亭」ってなっているんですよね。
どっちなん?って。
はっきりしろよ~って感じです。
「蒲田で人気のうなぎ屋さん」との触れ込みです。
最近、うなぎを食べて居なかったのでどんなお味か楽しみです。

 

S010_p1220748
うなぎ会席のお店。
藍の家亭です。
読み方は「あいのやてい」なんですね。
青と白で上品にまとめられています。

 

S020_p1220744
京急の蒲田駅付近にお店はあります。
このビルの2階が店舗です。

 

S040_p1220741
ビルの前にはこの看板があります。
下から2つ目が今回の訪問予定のお店です。

 

S050_p1220746
ビルの1階には写真のような案内表示があります。
そして横にはメインの料理の価格も。

 

S060_p1220747
階段を上がっていくとこんな感じでお店の入口が見えてきます。
ビル自体はブルーのタイルですが、扉は上品な木の扉になっています。
自動ドアではなく自分で押して入店するタイプです。
では、ぐ~って押して入店しましょうか。

 

S200_p1220758
YEVISUの瓶ビール600円です。
やっぱりえびすは美味しいですね~。

 

S205_p1220796
さて、今日はどれにしましょうか?
うな重 にするか ひつまぶし にするか........

 

S210_p1220765
で、今日はひつまぶし2,700円にしました。

 

S220_p1220778
本場、名古屋との食べ比べってやつですね。

 

S230_p1220769
値段的には名古屋より若干高いかなって感じですね。
名古屋では主なところであつた蓬莱軒しら河に行ってます。 

 

S310_p1220776
うなぎのアップです。
匂いはいい感じです。
う~、お腹が減りまくりです。

 

S320_p1220772
お吸い物です。

 

S330_p1220773
漬物です。

 

S340_p1220774
3種類の薬味です。
海苔、山葵、葱ですね。

 

S430_p1220782
まずは、茶碗に取り分けをして。

 

S440_p1220784
ちょっと角度を変えてっと。
美味しそうですね~。

 

S450_p1220786
そのままで食べました。
ん~、美味しい~。
 
これで一回食べきって。

 

S470_p1220789
次に出汁を入れます。

 

S480_p1220790
こんな感じかな。
このままで、また一杯食べました。

 

S490_p1220794
最後に、また、出汁を入れて薬味をたっぷり入れて食べきりました。
やっぱり、分量が少ない.....
これで2,700円は高いかも。
東京価格ですね。
満足感が無いな~。

 
 
S500_p1220750
メニューです。(その1)

 

S510_p1220751
メニューです。(その2)

 

S520_p1220752
メニューです。(その3)

 

S530_p1220753
メニューです。(その4)

 

S540_p1220754
メニューです。(その5)

 

S550_p1220755
メニューです。(その6)

 

S600_p1220761
店内の風景です。
今回は窓側の個室席でした。
個室と言ってもテーブルは2つあり2組用ですね。

 

S610_p1220756
ガラスには簾が付けてあり、目隠しと日除けの役割を果たしています。
内装とも合っており、高級感をかもし出しています。
 

 

S630_p1220795
照明も同系色でコーディネートされています。
壁にはお洒落なインテリアも配置されています。

 

S640_p1220798
部屋から出てレジに向かうところです。
右手にレジがあります。
そしてレジの手前が入口となっています。
奥は調理場ですね。
 

次回の訪問があるかと言われれば、無いかな。
この味でこの価格帯であれば他所に行くでしょうね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年4月24日 (木)

うなぎ屋 「五代目 野田岩」

店名:五代目 野田岩
カテゴリー:うなぎ屋

住所:東京都港区東麻布1-5-4
電話:03-3583-7852

営業時間:11:00~13:30 17:00~20:00
定休日:日曜日

HP:http://www.geocities.jp/poem_feel/nodaiwa/


……………………………………………………………………………………………

今日は五代目 野田岩に行ってきました。
東京で鰻と言えば、まず名前があがってくる名店です。
蒸しの効いた江戸流の鰻が食べれる鰻は東京でも1、2を争う柔らかさとか。
前評判が高いお店ですが、さて、さて、どうなんでしょうか?
東京タワーの本当に近所にお店はあります。 

 

S010_p1040295
お店の看板です。
五代目 野田岩と書かれていますね。
五代目ってのが必要なのって気はしますが。
野田岩でいいんじゃないのって?

 

S020p1040293
お店の上の方にはこんなのがあります。
大仰ですね。

 

S050_p1040299
お店の入口です。
2重扉になっています。
そして扉と扉の間に暖簾が掛かっています。
つまり外には暖簾が無いってことなんです。
こんなタイプの入口は初めてかも。
はっきり言ってこんなの閉店していると思いますよ。
どうだかな~。

 

S090_p1040303
入店しました。
団体ではなかったので1階のテーブル席でした。

 

S200_p1040309
今回オーダーしたのは鰻重(萩)3,675円です。
ここの鰻重は
竹 2,100円
菊 2,730円
梅 3,150円
萩 3,675円
の4種類があります。
今回は最上級の萩をオーダしました。

 

S210_p1040310_2
鰻の重箱です。

 

S220_p1040315
蓋を開けるとこんな感じになっています。
見た目は痩せたうなぎって感じです。
この価格帯ならもっとふっくらしているかなって。

  

S230_p1040314
アップで撮りました。

 

S240_p1040320
断面です。
お味の方はこの価格の味が全然出ていません。
これなら一部のスーパーの方がいい味をだしているかも。
このうなぎの質と味なら1,500円がいいとこですね。
はっきり言って期待はずれでした。

 

S250_p1040316
蓋にはこんなロゴが書かれていました。

 

S260_p1040322
肝吸いです。
肝は美味しかったです。

 

S270_p1040318
香の物です。

 

S280_p1040323
箸休めです。
平たく言うとだいこんです。
だいこんもいまいち。

 

S300_p1040307
爪楊枝箱と薬味(山椒)入れです。
薬味入れはお洒落ですよね。

 

S450_p1040301_2
店内の風景です。
暖簾が掛かっているところが厨房です。
1階はテーブル席が6つです。
2階以上にもあるみたいです。

 

S460_p1040330_2
右手に振りました。
老舗って感じが出ています。

 

S470_p1040332
2階への階段です。
何か歴史がありそうですね。

 

S600_p1040334
近くに桜の木がありました。
ちゃんと咲いていると綺麗でしょうね。

 

S610_p1040337
少し離れて撮りました。
5階立てのビルなんですね。
上部は住居になっているみたいです。
このまま180度回転するとそこには綺麗な東京タワーが直ぐ目の前です。
夜の東京タワーは妖艶ですよね。
ワクワクします。


さて、さて、このお店ですが。
はっきり言って期待はずれもいいとこでした。
味は駄目、そして、サービスもいまいちだし。
老舗にあく゜らをかいた悪店の見本みたいなお店って感じですか。
高飛車のおばさんが居てサービスの何なんたるかも分かってないし。
お客が居ての商売なのに勘違い接客だし。

東京の美味しいお店紹介のグルメ本に載っていたのですが。
この本の信頼性を疑った1店です。
大昔は良かったのかも知れませんが今は駄目駄目です。
関西でも最近の調査をしてなくて毎回載っている老舗店がありますが、その手合いのお店かなって思っちゃいました。
地元の人はもっと安くて美味しいお店に行っているんだろうなって。
観光本に踊らされた最悪店の1つでした。

接待で使ったのですが同行者にもっと安くて美味しいお店がありますよってセンスを疑われたお店の1つです。
再訪はありえないでしょう。 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bar |  インデックス | うどん屋 | うどん(香川県) | うなぎ屋 | うなぎ料理 | おでん屋 | おにぎり | お取り寄せ | お好み焼き | お漬物 | お菓子屋 | しゃぶしゃぶ | しゃぶしゃぶ屋 | すき焼屋 | ぜんざい屋 | そうめん・にゅうめん屋 | その他 | そば屋 | たこ焼き屋 | だし巻き専門店 | ちゃんこ料理 | とんかつ屋 | もつ鍋 | もんじゃ焼 | やきとん屋 | アマゾン | イタリアン | イベント | インドネシア料理 | インド料理 | オムライス | カキ氷・ソフトクリーム | カフェ | カレーうどん | カレー屋 | カンボジア料理 | ケーキ屋 | コーヒー店 | シチリア料理 | ジンギスカン | スイーツ | ステーキハウス | スペイン料理 | スープカレー | タイ料理 | タコス屋 | ダイニングバー | ドイツ料理 | ドーナツ | ネパール料理 | ハワイ料理 | ハンバーガー屋 | バール | パスタ専門店 | パン屋 | ビアレストラン | ビアーガーデン | ビストロ | ファミレス | ファーストフード | フランス料理 | フレッシュジュース | ベトナム料理 | ペンション | ホルモン焼き | マレーシア料理 | メキシコ料理 | ラウンジ | ラーメン屋 | レストラン | ワインバー | 中華料理 | 串かつ屋 | 串やき屋 | 串揚げ屋 | 南インド料理 | 和菓子 | 和食・割烹 | 喫茶店 | 四川料理 | 回転寿司 | 団子屋 | 地鶏屋 | 天ぷら屋 | 定食屋 | 寿司屋 | 居酒屋 | 居酒屋・創作和食 | 市場 | 広島焼 | 持ち帰り商品 | 旅館 | 明石焼 | 柿の葉すし | 水たき屋 | 沖縄そば | 沖縄・奄美料理 | 洋菓子 | 洋食屋 | 海鮮料理 | 温泉のお食事処 | 無国籍料理 | 焼きそば屋 | 焼きカレー屋 | 焼き牡蠣 | 焼き鳥屋 | 焼肉屋 | 牛たん専門店 | 牛肉料理 | 琉球料理 | 立ち呑み | 蒲鉾屋 | 親子丼 | 話題 | 豆腐料理 | 販売商品 | 造り酒屋 | 道の駅 | 酒屋 | 鉄板焼き | 陶板焼 | 韓国料理 | 食堂・定食屋 | 餃子屋 | 馬肉専門店 | 駅そば | 駅弁・空弁・弁当 | SAのレストラン