牛たん専門店

2012年12月21日 (金)

牛たん専門店 「利久(エキマルシェ大阪店)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2012/12/post-33f4.html


食べログ:利久(エキマルシェ大阪店) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:利久(エキマルシェ大阪店)
カテゴリー:牛たん専門店
 

住所:大阪市北区梅田3-1-1 エキマルシェ大阪 1F
電話:06-6343-0910

営業時間:11:00~23:00
定休日:不定休

HP:http://www.rikyu-gyutan.co.jp/


……………………………………………………………………………………………

今日は利久(エキマルシェ大阪店) に行ってきました。
なななんと、利久が大阪にお店をオープンしたという情報が入って来ました。
これは、食べに行くしかないでしょう。
って事で行って来ましたよ。
楽しみです。

 

S020_rimg3092
牛たん炭焼 利久 RIKYU エキマルシェ大阪店
って書いていますね。
渋い感じの看板です。

 

S010_rimg3089
ガラスをよ~く見ると、伊達政宗公がいるじゃないですか。
流石、仙台からやってきてお店ですね。
こんなのを見るとテンションが上がっちゃいますね。
東北大学に行って、青葉城に行った事を思い出してしまいます。

さあ、ガッツリ、本場の牛たんを楽しみましょうかね。

 

S040_rimg3094
って、思って入口に行くと.....
ガーン、長蛇の列ですよ。
並んでいる先頭は写真の一番奥の遥か彼方です。
ガクッ、今日は諦めました。
店内は狭いのでかなり並ばないと駄目なようです。
早い時間に来れるときに再チャレンジしないと。
ここは、並ぶだけの価値があるお店だと思います。
大阪の地で一番美味しい本場の牛たんが楽しめますからね。
肉厚な牛たんと麦とろ飯を堪能したいものです。

スカイビルの地下にあるお店は酷かったし。
巨大なライバル店が現れてしまいましたね。

また、食べれたらレビューします!!

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:牛タン | 大阪駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪市営)

| | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

牛たん専門店 「荒(羽田空港店)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://spa-gourmet.cocolog-nifty.com/gourmet/2011/01/post-35f1.html
……………………………………………………………………………………………
店名:荒(羽田空港店)
カテゴリー:牛たん専門店

住所:東京都大田区羽田空港3-4-2 第二旅客ターミナルB1-24
電話:03-5756-0078

営業時間:8:00~22:00
定休日:年中無休

HP:http://r.gnavi.co.jp/g243650/


……………………………………………………………………………………………

今日は荒(羽田空港店)に行ってきました。
羽田空港にある牛たん専門店です。
羽田増床に伴い2010年10月13日にオープンした新店なんですよ。
久しぶりの、仙台牛たんです。
楽しみですね。

 

A010_rimg1396
お店の看板です。
仙台牛たん 荒
って、書いていますね。
このお店は、仙台の名店で修行を積んだ職人さんが丹念に最高の状態に焼き上げているそうですよ。
これは楽しみですね。
この、荒は、株式会社一六堂の店舗なんですよ。
お店は、新橋店上野店新宿西口店池袋西口店、そして、この羽田空港店と5店舗展開しています。

 

A020_rimg1398
お店の概観です。
オープンしたてって感じが出ていますよね。
とっても綺麗な胡蝶蘭がお店の門出を祝っています。
入口はオープンタイプで開いています。
目線の所は透明なガラスになっているので中の様子が見えるようになっています。
結構、広い店内のようです。
メニューボードの上に暖簾のような感じの物があります。
これも面白いアイデアですね。

 

A100_rimg1391
魅力的なPOPですよね。
仙台牛たん 荒
忘れられない
 本場の味を
  ここに繋(つな)ぐ

・牛たん焼き 1,800円(税抜き)
・牛たん焼き定食 2,300円(税抜き)

実は、このPOPにやられて入店してしまいました。
本当に美味しい牛たんを久しぶりに食べたくなってしまって。

 

A120_rimg1393
綺麗に咲いていますよね。
胡蝶蘭がお店の前にあると華がでます。
店舗も新店で綺麗ですしね。
期待が持てそうです。

 

A190_rimg1402
さて、写真も撮れた事だし、入店しましょうか。
お昼の時間を少し過ぎているので店内は空いていましたよ。
禁煙側の席に座りました。

 

A200_rimg1350
テーブルの上にあったメニューです。
お腹がペコペコだったので、牛たん焼き定食にしょうっと。

でも、牛たん料理が色々とありますよね。(全て税抜き)
・牛たん焼き 1,800円
・テールスープ 450円
・牛たん辛み 450円
・牛たん煮込み 600円
・牛たんネギバカ炒め 800円
・牛たん塩ユッケ 950円
・ゆでたん 900円

ビールと一緒だったらグイグイいってしまいそうですね。
今回はお預けです。
次回のお楽しみですね。

 

A210_rimg1351
飲み物のメニュー表です。
ビール以外にもハイボール、サワー、焼酎、日本酒、ワイン、梅酒と豊富に用意されていますね。

 

A240_rimg1358
少し待っていると出てきましたよ。
牛たん焼き定食2,300円(税抜き)です。
メインの牛たんのお皿、麦飯、テールスープ、とろろのセットになっています。
牛たんの匂いがたまりません。
では、何時ものように、個別に見ていきましょうか。

 

A250_rimg1361
メインのお皿です。
めっちゃくちゃ美味しそうな肉厚の牛たんが沢山入っていますね。
これはたまりません。
左側に漬物が付いています。
その横には、このお店自慢の辛~い漬物も付いています。
右手には山葵もありますね。

 

A290_rimg1365
肉厚牛たんのアップです。
どうですか?
たまんないですよね。
味と食感を想像しただけでヨダレがどばーって出てきましたよ。
匂いで分かっちゃうんですよね。
あの、仙台や福島で食べた極上牛たんと同じ匂いがするぞ~ってね。

 

A310_rimg1386
1枚目はそのままで、2枚目は一味を付けて食べました。
そうそう、この食感なんですよね。
グニッと口の中で踊ってくれるんですよ。
噛めば噛むほどに、牛たんの旨みが堪能できるんですよね。
自家製特製タレで漬け込んで炭火で焼いた牛たんは最高ですよ。
もう、幸せって叫んじゃいましたよ。

 

A320_rimg1360
麦飯です。
この麦飯が、また、抜群に美味しいんですよ。
バクバク食べちゃいました。
牛たんをほお張って、牛たんの旨みを堪能しながら、麦飯を食べると最高ですよ。
本当に至福のひとときが訪れます。

 

A330_rimg1368
自家製のお漬物です。
このままで食べても美味しいんですけどね。
実はこんな食べ方をしたんですよね。

 

A340_rimg1376
牛たんの上にトッピングしちゃいました。
それと、山葵を少々乗せます。
で、食べてみると、ワオッたまりませんよ。
一味とは違った味わいです。
この食べ方もイケますね。
麦飯がドンドン無くなっていきますよ。

 

A360_rimg1369
これこれ、これが、またスゴイんですよ。
青唐辛子の味噌漬けだそうです。
これを牛たんに乗っけて食べると、辛い!!でも、旨い、たまらん!!
って、感じになるんですよね。
この食べ方をしてテールスープを飲むとスープの旨さが倍増しますよ。
ちよっと、クセになってしまう味でした。

 

A370_rimg1372
とろろです。
大和芋のとろろなんですよ。

 

A380_rimg1378
醤油を掛けます。

 

A390_rimg1381
そして、お箸で、マゼマゼ、マゼマゼってかき回します。
完成しました。
この、とろろを、どうするのかと言えば。

 

A400_rimg1383
そうです。
こうやって、ご飯に、ドバーッて掛けちゃいます。
とろろ麦ご飯の完成です。
この、とろろ麦ご飯が美味しいんですよね。
やめれません。

そうそう、ここは、ご飯のお代わりが無料なんですよ。
私は牛たんでご飯を1杯食べて、とろろ麦ご飯用にお代りしちゃいました。
食べ終わったときには、お腹がパンパンになりましたよ。
大満足です。

 

A430_rimg1370
テールスープです。
テールスープの中にはゴロゴロとテールが入っていましたよ。
テールは牛の尻尾なんですよ。
栄養たっぷり、コラーゲンでお肌もスベスベになり、滋養強壮にも良いそうです。
まさに、万能スープですね。

 

A460_rimg1375
そう、こんな感じで。
これが、また、美味しいんですよね。
コロコロした肉厚なテールがたまりませんよ。
スープも美味しくてテールの旨みがぎっと詰まった感じです。
何杯でも飲めそうです。

 

A600_rimg1354
店内の雰囲気です。
入口から入って右手の通路側から奥を撮っています。
店内は落ち着いた雰囲気で高級感がありますね。
木目調のテーブルに濃紺系のイスです。
壁際はグレーの長椅子になっていますね。
壁は下がグレーのタイル調で上が高級感のある木目調になっています。
落ち着ける雰囲気が漂っています。

 

A610_rimg1356
同じ場所から左に振りました。
左手が入口方面ですね。
レジが見えています。
そして、ちょうど真ん中辺りが調理場となっています。
ここで、美味しい、肉厚な牛たんが焼かれています。

 

A900_rimg0257
ショップカード(表面)です。 

 

A910_rimg0259
ショップカード(表面)です。 

荒さん。
いや~、堪能できました。
とっても美味しい牛たんをガッツリ食べる事が出来て幸せでしたよ。
店内は綺麗で、接客も素晴らしく、気持ちよく食べる事が出来ました。
これなら、羽田発で出発するときにでも楽しめそうです。
この羽田空港店だけじゃなくて、新橋、上野、新宿、池袋とお店があるのも嬉しいですよね。
色んな場所で楽しむ事が出来るんですから。

また、食べに来ないとね。
お気に入りのお店がまた1つ増えました。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:牛タン | 羽田空港第2ビル駅羽田空港駅羽田空港第1ビル駅

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年11月 4日 (水)

牛タン専門店 「たんや舌(梅田スカイビル店)」

店名:たんや舌(梅田スカイビル店)
カテゴリー:牛タン専門店

住所:大阪市北区大淀中1-1-90 梅田スカイビル 地下1階
電話:06-6440-5966

営業時間:11:30~13:30 17:00~22:00
定休日:無休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はたんや舌(梅田スカイビル店)に行ってきました。
滝見小路のあるお店で軽く食べて、小路をウロウロと歩いていると、このお店を発見して無性に牛タン焼が食べたくなったので行って来ました。
牛タンにはうるさいですよ~。
さあ、満足することができるかな~。

 

A010_p1390484
この看板が私を引き寄せました。
炭火焼 塩たん
炊き立て 麦とろ
頭の中が、仙台で食べた、あの極上の牛タンが駆け巡りました。
ゴックン、行くしか無いでしょう!!

 

A020_p1390474
ここが滝見小路の入口です。
渋い感じのエントランスです。
大阪チックじゃないですね。

 

A030_p1390485
お店の概観です。
シックな落ち着いた感じですね。

 

A190_p1390483
お店の暖簾です。
紺地に白抜きで「たんやべろ」と書いています。
真中にはロゴと「舌」って書いてますね。
渋めの暖簾です。
さあ、入店しましょう~。

 

A200_p1390513
まずは何時ものようにビールからのスタートです。
ここは
アサヒの瓶525円でした。
今まで、何百回以上瓶ビールを飲みましたが、こんなに醜い瓶を見たのは初めてです。
立ち呑み屋でも見た事がありません。
こんな状態の瓶なら業者に取り替えてもらえば良いのに。
と、言うか気がついていないんでしょうね。

どんな管理状態でこのビール瓶があったのかを考えると頭が痛いです。
管理が全然なってなさそうですね。

 

A210_p1390515
突き出しです。
出てきた瞬間から醤油辛いであろう匂いがプンプンとしてきます。
一口食べてみます。
案の定、辛くて食べれません。
もう、味見をしているのか?のひどいレベルの食べ物です。
一口食べてもう食べれないので残しました。
醤油辛い東京でもこんなの出ないぞ。(怒)

 

A220_p1390518
2軒目なので大本命のタンヤキ1,050円から直球でオーダーしました。
この料理は好きなので色んなところで食べ歩いています。
狂牛病問題が出る前のずっ~と昔から仙台、福島でシコタマ食べ歩いています。
美味しいのから不味いのまで知っています。
ここは6切れ入っていました。
そして漬物が少々添えられていました。

 

A230_p1390521
熱々の出来立てを食べてみましょう。
食べてみると上質の肉ではない妙な硬さがある。
これも変に醤油辛い。
駄目、駄目な感じです。

口直しに添えられていた漬物を食べてみました。
ガーン、全然美味しくない。
これならスーパーとかコンビニで売っている漬物の方が安くて美味しいですよ~。

これが決め手になって、次のオーダーはやめました。
だって、このレベルだと後悔するのがミエミエだから。
そうでしょ。

ここの定食と比べても最悪なのが分かります。

 

A400_p1390511
メニューです。(その1)

 

A410_p1390512
メニューです。(その2)

 

A500_p1390528
店内の雰囲気です。
入口を入ると正面にカウンター席が4つあります。
その前が厨房となっています。
そして、左手に4人掛けのテーブル席が1つ、右手に4人掛けのテーブル席が2あります。

 

A510_p1390527
カウンターから見た厨房方面です。
どうも、大昔にテレビに出たようですね。
後生大事に飾っていました。
意味ないのにね。
このお店は空気の通りが悪いのか誰かが煙草を吸うとひどいです。
禁煙にするか換気をよくして欲しいですね。
料理が台無しです。 

さて、もう、いいやって思って。
「おあいそ~」って言うと。
「2,100円」ですって。
ん??
私の計算ではビールが525円、タン焼が1,050円、突き出しが200~300円で1,900円もしないだろうって考えてました。
ところがですよ~。
2,100円って......
考えこんじゃいました。
家に帰ってメニューを再確認すると。
突出しが525円って書いてました。
これか~!!
足し算をすると、525円+1,050円+525円で2,100円でビンゴー。
これははっきり言って詐欺ですね。
こんな突き出し頼んだ覚えはないし。
ビールと同じ値段の突き出しなんて考えられないし。
そして、1口しか食べれない不味い突き出しを勝手に出しておいて料金をむしりとるなんて。
ありえない店です。
最悪!!!!
別に500円の事が惜しくて言っているのではないんです。
突き出しが1,000円でも2,000円でも構わないんです。
納得さえ出来れば。
ここなら、ビールを注文すると自動的にメニューに書いている突出し525円が付いてきますって書くなり言えばいい話なんですから。
普通なら、量を減らして値段を下げて、美味しかったら突出しの追加をしましょうかって言うのが本筋でしょう。
不味い、高い、食べたくも無いような料理を出してお金を取るなんて.....
こんなだまし討ちのようなやり方が許せないのです。
これは商売人としての心根の問題なんです。
こういうお店は人道的に許せない大嫌いなのです。

後日談。
このお店、ネットで調べると大阪駅前第2ビルにもお店があるらしいことが判明しました。
実はこのお店も知っていたのです。
ここは何回も行った事があるのです。
大昔はとっても美味しいお店でした。
ランチの定食が美味しくて何回も通いましたし、夜も行きました。
タンがとっても美味しくてとりこになったものです。
でも、ある日を境に激不味店に大変身したんです。
それ以来行ってませんでした。
そのお店と同じだったとは....
とほほです。
味は最低、騙しで儲ける。
もう、絶対に足を踏み入れることは絶対にないでしょう。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

牛たん専門店 「杉作」

店名:杉作
カテゴリー:牛たん専門店

住所:神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎1階
電話:044-544-9970
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00 (平日) 11:30~21:30(土・日・祝)
定休日:無休

HP:http://www.muzakawasaki.com/shop_detail/sugisaku.html


……………………………………………………………………………………………


今日は杉作に行ってきました。
少し前にその存在は認知していました。
夜に行こうかと何回かチャレンジしたのですが、あいにく、満席で...
と言うことで今回はランチを食べてきました。

 

S010_p1110044
お店の概観です。
牛たんの看板と杉作って言う文字が目だってます。

 

S030_p1110047
店前にあった価格表などです。

 

S080_p1110043
これが目立っていた看板です。
シンプルですよね。
店名で無くって、商品名のみなんですから。

 

S200_p1110021
昼定食大盛1,575円です。
牛たん焼と牛尾スープそして麦めしのセットです。

 

S210_p1110026
牛たんのどアップです。
どうですか。
写真を撮りながら頭で食感と味を想像してヨダレがでまくりでした。(笑)
匂いがいいんですよね~。

 

S220_p1110027
少しアングルを変えてっと。
実は本場、仙台でも、そして福島でも牛たんは何回も食べているんですよね。
でも、最近は狂牛病問題とかで物が減ってしまって食べてなかったんです。

 

S260_p1110040
最後に食べたのはきすけでかな?
きすけはイマイチ(×)だったしな~。
今回はどうかな。

 

S270_p1110037
では、いただきます~。
ん~。
少し固めですね。
ジュ~シさも少したりないかな。
でも、このご時勢でこの価格ならこれが限界かも知れませんね。
昔食べた肉厚でジュ~シな牛たんが食べたいものです。

 

S300_p1110023
スープがついてました。
出汁は牛たんのエキスが出ていて美味しかったです。

 

S310_p1110033
よ~く、見ると煮込んだ牛尾が入ってましたよ。

 

S320_p1110036
こんな感じの牛尾です。
ぱさぱさ感は仕方がないですが。

 

S600_p1110019
店内の風景です。
入って直ぐ右手がカウンター、そして、真ん中がテーブル席、左手が座敷となっています。

 

S610_p1110015
カウンターからは牛たんを焼いているのが見れます。
炭火焼です。
火力があるので美味しく焼けるのでしょうね。
ごっくん。(笑)

 

S700_p1110013
メニューです。(その1)
シンプルです。
昼定食しかないんですからね。

 

S710_p1110017
メニューです。(その2)

 

S730_p1110046
牛の舌と尾のスープの栄養価についての説明です。

この手のお店に行くと、どうしても、福島で通っていた牛たん専門店を思い出してしまいます。
最高に美味しいお店でした。
当時、一緒に行ったことがある人と喋ると、あのお店を越える牛たんを食べた事が無いと意見が一致しています。
ん~、このお店で食べて、福島の名店に行きたくなりました。
新幹線でび~ゅんって行っちゃおうかな。(夢)
 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bar |  インデックス | うどん屋 | うどん(香川県) | うなぎ屋 | うなぎ料理 | おでん屋 | おにぎり | お取り寄せ | お好み焼き | お漬物 | お菓子屋 | しゃぶしゃぶ | しゃぶしゃぶ屋 | すき焼屋 | ぜんざい屋 | そうめん・にゅうめん屋 | その他 | そば屋 | たこ焼き屋 | だし巻き専門店 | ちゃんこ料理 | とんかつ屋 | もつ鍋 | もんじゃ焼 | やきとん屋 | アマゾン | イタリアン | イベント | インドネシア料理 | インド料理 | オムライス | カキ氷・ソフトクリーム | カフェ | カレーうどん | カレー屋 | カンボジア料理 | ケーキ屋 | コーヒー店 | シチリア料理 | ジンギスカン | スイーツ | ステーキハウス | スペイン料理 | スープカレー | タイ料理 | タコス屋 | ダイニングバー | ドイツ料理 | ドーナツ | ネパール料理 | ハワイ料理 | ハンバーガー屋 | バール | パスタ専門店 | パン屋 | ビアレストラン | ビアーガーデン | ビストロ | ファミレス | ファーストフード | フランス料理 | フレッシュジュース | ベトナム料理 | ペンション | ホルモン焼き | マレーシア料理 | メキシコ料理 | ラウンジ | ラーメン屋 | レストラン | ワインバー | 中華料理 | 串かつ屋 | 串やき屋 | 串揚げ屋 | 南インド料理 | 和菓子 | 和食・割烹 | 喫茶店 | 四川料理 | 回転寿司 | 団子屋 | 地鶏屋 | 天ぷら屋 | 定食屋 | 寿司屋 | 居酒屋 | 居酒屋・創作和食 | 市場 | 広島焼 | 持ち帰り商品 | 旅館 | 明石焼 | 柿の葉すし | 水たき屋 | 沖縄そば | 沖縄・奄美料理 | 洋菓子 | 洋食屋 | 海鮮料理 | 温泉のお食事処 | 無国籍料理 | 焼きそば屋 | 焼きカレー屋 | 焼き牡蠣 | 焼き鳥屋 | 焼肉屋 | 牛たん専門店 | 牛肉料理 | 琉球料理 | 立ち呑み | 蒲鉾屋 | 親子丼 | 話題 | 豆腐料理 | 販売商品 | 造り酒屋 | 道の駅 | 酒屋 | 鉄板焼き | 陶板焼 | 韓国料理 | 食堂・定食屋 | 餃子屋 | 馬肉専門店 | 駅そば | 駅弁・空弁・弁当 | SAのレストラン