ダイニングバー

2016年5月 7日 (土)

ダイニングバー 「Tawawa kitchen(たわわキッチン)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2016/05/tawawa-kitchen-.html


食べログ:Tawawa kitchen(たわわキッチン) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:Tawawa kitchen(たわわキッチン)
カテゴリー:ダイニングバー
 

住所:大阪市中央区伏見町2-6-6 ザ・タナベビル B1F
電話:06-4706-7107

営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:日曜日・祝日

HP:http://www.tawawa.cc/


……………………………………………………………………………………………

今日は、Tawawa kitchen(たわわキッチン) に行ってきました。
郵便局の地下に美味しいお店があるよって教えてもらって行って来ました。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

facebookでも色々な情報を発信中です。
ここからどうぞ。

 

A120_cimg8398
地下に降りて行くと奥にお店が見えて来ます。
店前にサンプルが置いてあります。
ランチは3種類あるようですね。
・和定食
・洋食
・パスタ
全て750円となっています。
さ~て、どのランチにしましょうかね。

 

A200_img_5448
で、今回は、洋食にしましたよ。
豚ロースカツ デミグラソース
750円です。
お盆の上にメインの豚ロースカツ、ご飯、お味噌汁、小鉢、お漬物が乗っています。
そうそう、ご飯のお代わりは自由ですよ。
嬉しいサービスですね。

 

A270_cimg8388
もっちりとした豚ロースがいい感じです。
自家製のデミグラソースをたっぷりと漬けて食べましたよ。
美味しくって、ご飯がすすみました。
ボリュームがあってお腹パンパンになりました。

 

A305_cimg8393
13時以降に入店するとドリンクがサービスになるんですよ。
太っ腹なサービスですよね。
美味しく、ゆったりといただきましたよ。

 

A500_cimg8389
お店は、ゆったりとした雰囲気です。
テーブル席、奥にはカウンター席があります。
そうそう、個室もありましたよ。

Tawawa kitchen(たわわキッチン)さん。
お手頃価格で美味しいランチに大満足です。
雰囲気、サービスもバッチリですよ。
次回は和定食を食べてみたいですね。
本町にお気に入りのお店が出来ました。
また行かないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:居酒屋 | 北浜駅淀屋橋駅なにわ橋駅

| | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

喫茶店 「Kichen Bar OWL(キッチンバー アウル)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2016/01/post-9e81.html


食べログ:Kichen Bar OWL(キッチンバー アウル) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:Kichen Bar OWL(キッチンバー アウルアウル)
カテゴリー:ダイニングバー
 

住所:大阪市中央区平野町3-2-3
電話:06-6204-4114

営業時間:00:00~00:00
定休日:土
日・祝
HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はKichen Bar OWL(キッチンバー アウル) に行ってきました。
ちょっと気になる外観のお店がありました。
前々から行こうと思っていたんですがやっと行けましたよ。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

facebookでも色々な情報を発信中です。
ここからどうぞ。

 

A030_cimg4293
緑と赤の外観が印象的ですよね。
そして、OWLアウルと書いてあります。
梟のイラストが可愛いですよね。
店前のPOPを見ているとハンバーグが美味しそうです。
お腹はペコペコです。
さあ、入店しましょうか。

 

A210_cimg4271
で、今回は、本日のセカンドランチ750円にしましたよ。
サラダとスープが付いています。
ソースはデミグラでお願いしました。

 

A225_cimg4276
メインの料理は、大きなハンバーグとイカフライ、白身魚フライですよ。
このハンバーグがジューシで、いい感じで美味しかったです。
フライ物も熱々の出来たてで美味しかったですよ。
ボリュームもあり味もバッチリで大満足のランチとなりました。

 

A255_cimg4282
食後に追加で珈琲をオーダーしました。
濃い目、普通、薄い目がチョイス出来るようになっていました。
で、濃い目のストロングをオーダしました。
勿論、ブラックで楽しみましたよ。
中々美味しい珈琲でした。
珈琲だけ飲みに来てもバッチリな感じですね。

 

A500_cimg4267
木をふんだんに使ったお店です。
落ち着いた感じですね。
入口近くに調理場があります。
奥はテーブル席でくつろげるようになっています。

Kichen Bar OWL(キッチンバー アウル)さん。
店内は禁煙となっていました。
お店は2階もあったので喫煙は2階なんでしょうね。
新鮮な空気の中で食べる料理と珈琲は美味しいですね。
まだまだ食べたいメニューがあります。
次は何を食べようかな。
本町にお気に入りのお店が出来ました。
また行かないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:ダイニングバー | 淀屋橋駅本町駅北浜駅

| | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

ダイニングバー 「ビストロReborn(リボーン)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2013/02/reborn-5960.html


食べログ:ビストロReborn(リボーン) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:ビストロReborn(リボーン)
カテゴリー:ダイニングバー
 

住所:大阪市阿倍野区阪南町1-46-6
電話:06-7164-2129

営業時間:11:30~14:30 17:30~23:00
定休日:不定休
HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はビストロReborn(リボーン) に行ってきました。
御堂筋線昭和町界隈ぶらりグルメの旅をしてきました。
1軒目で某コース料理を食べてお腹を満たしての2軒目使いです。
あっ、0.5次会を入れちゃうと3軒目かな。(笑)
路地裏を歩いているとバール風なお店を発見しましたよ。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A020_rimg0713
お店の外観です。
とってもシンプルなお店な感じですね。
幌には、ビストロRebornって書いていますね。
ん?、何故に生まれ変わり、再生なの?
この謎の答えは最後に。

 

A200_rimg0716
まずは、生ビール500円からのスタートです。
無駄な泡が一杯グラスに付いて、トップの泡もクリーミでないですね。
ちょっとテンションが下がります。
生ビール好きにとっては嫌なんですよね。
こんな感じで出てくるビールっていうのは。
場末の程度の低いお店なら仕方が無いと思いますが500円も取って、コレって感じです。

 

A210_rimg0722
カウンターの前にあったメニュー表とにらめっこです。
このお店、食べログで事前調査していたお店でもあったんですよね。
そのときのメニューと変わっているんです。
参考にしたメニュー表('2012/12/27投稿)には、ALL350円で、キノコのマリネ、サーモんのマリネ、タコのカルパッチョ、ラタトゥーユ、ジャガイモのトフィノク、タコのソテー、チキングラタン、カキのトマト煮、チキンのトマト煮、ガーリックトーストってあったんですよ。
色々と小皿料理が楽しめるお店なんだって思っていたら.....

食べたい物が無いし、高いやんっ。
あ~ぁ、って感じですよ。
どうしょう.....

 

A240_rimg0725
タコのソテー香草風630円です。
ん~、これで630円は高いですね。
味は普通です。
これなら二度と注文しないですよ。
違うお店のバールでオーダーした方が美味しくて安く楽しめますね。

 

A220_rimg0730
じゃがいものドフィノワーズグラタン380円です。
ジャガイモを使ったシンプルな料理ですね。
ジャガイモとチーズに生クリーム、牛乳、塩、後は秘密の香辛料等をオーブンで焼きます。
すると、美味しいフィノワーズグラタンの完成です。
シンプルな料理って美味しいですよね。

 

A400_rimg0720
店内の雰囲気です。
お店はL字型のカウンター席になっています。
厨房はカウンターの中では無く左手の奥の方になっています。
白い壁にオーク調のカウンターですね。
窓やドアに飾りは無くシンプルです。
POP類は一切無く、良く言えばシンプルな、悪く言えば殺風景なお店です。

リボーンさん。
何故にリボーンなのって事なんですが。
今は閉店してしまっている西成区太子にあった「南自由軒」ってお店の人が再生したお店って事らしいですね。
まあ、私は、行ったことが無かったのでリボーンって言われても、前とどうなのって比較ができないので店名に付いての思い入れはないです。

今だけを判断して思うのは、2軒目、3軒目使いとしては無しかな~っ。
では、1軒目使いとしては....
洋食屋さん使いになるんでしょうかね。
ここで、パスタは食べたくないし....
・ビーフカツ 1,450円+200円
・煮込みハンバーグ 880円+200円
・エビフライ 880円+200円
・オムライス 680円
ぐらいかな。
でも、ハンバーグならボストンに絶対に行くと思うし、オムライスならラフラフに行くと思います。
両店ともカテゴリーキングでめっちゃ美味しいですからね。
(ラフラフのレビューは近々の予定です。)
ビーフカツもエビフライも食べたければ専門店に近い形の洋食屋さんで食べるでしょうね。
美味しいお店を知っていますから。
つまり、ここで無いと食べたいって物が無いんですよね。
行きたい、食べたいっていう動機付けがないお店なんですよ。
今のままだと、食べる物のチョイスが少ない、量が少なくて高い....
サービスが良いとか居心地が良いって感じでもないし。
そんな感じになっています。
何か特徴を出して頑張って本当の意味のリボーンを達成して下さい。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:洋食 | 昭和町駅文の里駅松虫駅

| | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

ダイニングバー 「くるみ」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2013/02/post-bcd8.html


食べログ:くるみ のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:くるみ
カテゴリー:ダイニングバー
 

住所:大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル31階
電話:06-6360-0022

営業時間:11:30~15:00 17:00~23:30
定休日:不定休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はくるみ に行ってきました。
久々に阪急32番街に遠征です。
ここは色んなお店がありますからね。
何処にしょうか迷ってしまいますよね。
いいお店が見つかるかな。

 

A010_rimg0105
阪急32番街です。
空庭
SORANIWA
何時からそう呼ぶようになったんでしょうね。

「そらにはまんてんのダイニング」
これは、もう一捻り欲しかったな。

 

A030_rimg0104
27階から31階まで、沢山のお店が入っていますよ。
本当に迷ってしまいます。
全制覇しょうと思ったら大変ですよね。(笑)

 

A100_rimg0002
で、今回は、このお店にしました。
ナチュラルダイニング くるみ ~kurumi~ です。
お洒落なダイニングって感じです。
夜景も綺麗に見えそうな感じのお店ですね。
お腹はペコペコです。
さあ、入店しましょうか。

A200_rimg0019
まずは、生ビール525円からのスタートです。
では、では、乾杯~!!
ぷふぁ~、旨い!!

 

A220_rimg0023
突き出しです。

 

A210_rimg0048
ビールのアテにと思って注文しました。
黒豆の枝豆336円です。
良い味していましたよ。
読み通りバッチリビールのお供になりました。
量が多くて嬉しい悲鳴です。
沢山食べれますよ。
実は、後で、これもフォンデュしちゃいました。
意外にイケましたよ。

 

A245_rimg0032
このお店の看板メニューです。
5種類からチョイスできるオリジナルフォンデュです。

1.濃厚かぼちゃクリームフォンデュ 1,050円/1名
2.とろ~りチーズのクリームフォンデュ 1,029円/1名
3.ヘルシー豆乳のクリームフォンデュ 1,102円/1名
4.スパイシーチーズカレーフォンデュ 1,207円/1名
5.じっくり煮込んだ自家製デミグラスフォンデュ 1,344円/1名

さて、どのフォンデュにしましょうかね。
どれも魅力的ですよね。
迷ってしまいます。

 

A270_rimg0037
今回は、初めてって事もありノーマルにしましたよ。
とろ~りチーズのクリームフォンデュ1,029円☓2です。
チーズが蕩けてくるといい匂いがしてきましたよ。
さあ、始めましょうかね。

 

A295_rimg0044
やっぱり、最初は海老ちゃんからでしょう。
たまりませんよね。
手前が使用前、後ろが使用後って感じです。
綺麗にコーティング出来ましたよ。
美人に仕上がりましたね。(笑)

食べてみると濃厚なチーズの味が食材に絡みあって最高に美味しいですよ。
大好きな海老がさらに美味しくいただけました。

 

A300_rimg0050
次はウインナーでしょう。
って、おこちゃまみたいですね。

 

A305_rimg0052
チーズが食材に絡みつきます。
この色合がたまりませんよね。
至福ですよ。

そういえば、こうゆう風に食材をチーズで包むから「くるみ」って言うのかな?
今度、お店に行ったら聞いてみようっと。

 

A315_rimg0070
次は自家製のフォンデュ用のパンでしょう。

 

A325_rimg0072
ほのかに甘く、口当たり良く焼き上げたパンです。
ん~、たまりませんね。
チーズとの相性もバッチリとっても美味しいですよ。
流石、オリジナルのパンだけの事はありますね。
5個入り315円で追加も出来ますよ。

 

A350_rimg0077
アッと言う間に完食しちゃったんで、追加でオーダーしましたよ。
豪華フォンデュセット1,344円です。
2人用のセットになっいます。
これって彩りが綺麗ですよね。
見ているだけで楽しくなっちゃいますよ。
また、海老が入っていますよ。
これは嬉しいですね。
また、海老から食べちゃいましょうかね。(笑)
 

A375_rimg0088
トマトも美味しいですよ。
色んな食材が楽しめました。
久々のチーズフォンデュでしたが大満足でしたよ。
お腹も一杯になりました。

 

A520_rimg0008
店内の風景です。
少し暗い感じの照明でした。
大きめのテーブルに低めの茶のソファーって感じです。
店内には個室もあるようでした。

くるみさん。
31階なので夜景が綺麗はずなんですが....
今回座ったのは隣のビルしか見えませんでした。(泣)
カップルシートとかは見えるようになっているようですね。
ちゃんと予約して行くと見えると思いますよ。

フォンデュが美味しかったですね。
今回は、定番のチーズにしましたが次回は違うのにチャレンジしてみたいですね。
色々と楽しめるのが嬉しいです。
サービスもよく気持よく食事が出来ました。
梅田にお気に入りのお店が出来ました。
また、行かないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:ダイニングバー | 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪神)

| | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

ダイニングバー 「an梅(あんばい)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2012/12/post-fb9e.html


食べログ:an梅(あんばい) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:an(あんばい)
カテゴリー:ダイニングバー

住所:兵庫県尼崎市南武庫之荘1丁目13-15
電話:06-6431-3389

営業時間:11:30~14:00  18:00~23:00
定休日:年末年始

HP:http://r.gnavi.co.jp/c400500/


……………………………………………………………………………………………

今日はan梅(あんばい) に行ってきました。
阪急武庫之荘駅南側の駅近にあるお店です。
お洒落な感じの外観に吸い寄せられるようにお店に入って行きました。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A110_p1470366
店前の看板です。
an梅 あんばい 和 DINING
って書いていますね。
梅の字が大きくなっています。

 

A120_p1470365
お店の外観です。
落ち着いた感じのお店って感じですよね。
大きなガラスが開放的です。
2階、3階もお店のようです。
キャパも大きいようです。
お腹はペコペコです。
さあ、入店しましょうか。

 

A210_p1120359
今回はan梅御膳の「竹」1,500円にしました。
勿論ビールと一緒にね。
さあ、全てのフタを取ってみましょうか。

 

A230_p1120361
御膳は2段になっていましたよ。
4つのパートに分かれています。
季節の煮物の盛り合わせ、お造り、焚き物、天ぷら盛り合わせになっています。
小さなおひつに入ったご飯、赤出汁、食前酒も付いていました。
豪華な御膳って感じです。
どの料理も味はバッチリとっても美味しかったですよ。
落ち着いた店内で食べる御膳に大満足でした。

an梅(あんばい)さん。
料理は美味しいし雰囲気もサービスもバッチリなお店です。
ゆったりとランチを楽しむには良いと思います。
夜の部も良さそうなので訪問してみたいですね。
武庫之荘にお気に入りのお店が出来ました。
また、行かないとね。 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:ダイニングバー | 武庫之荘駅

| | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

ダイニングバー 「花(hana)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://spa-gourmet.cocolog-nifty.com/gourmet/2011/12/post-8ba9.html


食べログ:花(hana) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:花(hana)
カテゴリー:ダイニングバー

住所:大阪市阿倍野区昭和町1-5-19
電話:06-6622-8711

営業時間:18:00~翌7:00(月~土) 18:00~24:00(日・祝)
定休日:年中無休
HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は花(hana)に行ってきました。
昭和町、ぶらり探訪記ですよ。
このお店には、地中海料理 Pazの次に行きました。
丁度、お店が向かいにあるんです。
さあ、花は、どんな感じなんでしょうね。
楽しみです。

地中海料理 Pazの食べログのレビューはここで。
地中海料理 Pazの1回目の日記はここで。

 

A010_rimg1466
お店の看板です。
「花」
OBANZAI + BAR
おばんざい + バール
-hana-
って、書いていますね。

オレンジの色使いが、いい感じですね。
好きな感じの看板です。

 

A020_dsc05186
お店の概観です。
店前には、「花」の看板がありますね。
そして、GUINNESS と Carlsberg の看板もありますよ。
あっ、奥には、アサヒ プレミアム生ビール 熟撰の看板もありますね。
飲み物に、こだわったお店なんでしょうかね?

さあ、入店しましょうか。

 

A200_rimg1433
まずは、生ビールからのスタートです。
ここの生ビールは、
アサヒプレミアム生ビール熟撰480円です。
グラスが、お洒落ですよね。
そして、とっても綺麗なグラスです。
無駄な泡が1つもありません。
グラスの上部にクリーミーな極上泡があるだけです。
では、頂きましょう。
さあ、乾杯!!
ぷふぁ~、旨い!!
最高です。
さて、何を食べましょうかね。

 

A210_rimg1428_2
カウンターの上にあったメニュー表です。
今日のおばんざい、前菜、サラダ、揚げもん、焼きもん、〆もん....
色々とありますよね。
さ~て、どれにしましょうか。

 

A220_rimg1431
ドリンクのメニューです。

 

A230_rimg1435
最初の1品です。
チャンジャクリームチーズ580円にしましたよ。
ビールのアテにと思って、前菜の中からチョイスしました。
これは、ビールが進みますよ。
パンが無くても、全然大丈夫です。
チャンジャの辛味とクリームチーズの旨みが口の中で踊りだしましたよ。
美味しいご飯があったら、ガッツリ食べてしまいそうでしたよ。

 

A260_rimg1441
ぷりぷり海老マヨネーズ680円です。
見つけちゃいましたよ。
海老マヨです。
それも、ぷりぷりですよ。
これは、オーダーしない訳にはいかないでしょう。
何たって海老星人ですから。

 

A280_rimg1443
ぷりっぷりの海老が4つ入っていましたよ。
海老の上には美味しそうなトマトが乗っていました。
そして、大量にマヨネーズが掛かっていました。
このビジュアルは、たまりませんよね。
食べてみると至福が訪れます。
ん~、美味しい!!
やっぱり、海老ちゃんは、美味しいですよね。

 

A290_rimg1449
ビールの次は、白ワインにしましたよ。
ジネステ・セレクション・シャルドネ480円です。
ぷりっぷりっの海老を食べていると、白ワインが飲みたくなってきてしまって。
酸味のバランスが抜群のワインでしたよ。
フローラルなアロマがたまりません。

 

A330_rimg1445
本日、〆の1品です。
牛スジカレー&トースト480円です。
牛スジカレーです。
見つけてしまいましたよ。
これも大好物です。
関西ならではの料理ですよね。
牛スジの旨みがたまりませんよ。
トーストと一緒に美味しくいただきました。
もう少しお腹が減っていると、ガッツリ牛スジカレーとか食べたかったです。

 

A600_rimg1460
店内の雰囲気です。
奥の方の席から入口方面を撮っています。
店内は、L字型のカウンター席になっています。
カウンターの中が調理場となっていますよ。

花(hana)さん。
長身で、男前なオーナーが1人で切り盛りされています。
このオーナーさん目当てに来ているお客さんも多いのかななんて。
フードメニューを見ると分かるように、食べたい料理が目白押しです。
1軒目使いから、〆のお店にと、色んな局面で利用できそうです。
平日なら、朝の7時まで営業しているんですよ。
もう、ビックリです。
オールナイトでも楽しめるんですね。
天王寺界隈で、遅くなっても、ここに来れば、OKですよね。
昭和町に、またまた、お気に入りのお店を見つけましたよ。
また、行かないとね。 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:居酒屋 | 文の里駅昭和町駅美章園駅

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月18日 (火)

ダイニングバー 「NATURAL SPRIT」

店名:NATURAL SPIRIT
カテゴリー:ダイニングバー

住所:兵庫県神戸市東灘区御影本町8-14-14
電話:078-858-7877

営業時間:18:00~27:00
定休日:水曜日

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はNATURAL SPIRITに行ってきました。
色々なビールが飲めて炭火焼が美味しいと評判のお店です。
さて、どんな感じなんでしょうね。

 

A010_rimg0073
お店の前にあった看板です。
上はハイネケンですね。
このハイネケンが遠くからも見えていますよ。
そして、下がお店の看板ですね。
NATURAL SPIRITって書いていますよ。

 

A020_rimg0079
お店の概観です。
お店の前には沢山のビール瓶がオブジェとして置いてありましたよ。
お洒落なバーって感じですね。
さあ、入店しましょう。

 

A200_rimg0086
まずはこのビールからのスタートです。
サッポロの赤星です。
ぷふぁ~。
やっぱり赤星は美味しいですね。

 

A210_rimg0089
このお店、実はビールは自分で取りに行くタイプのお店なんですよ。
入口近くにあるケースの中には沢山のビールが入っていますよ。
見たこともないビールも沢山ありました。
変わったビールが飲みたいのならこのお店はお奨めかも。
で、自分でビールを選んでグラスと一緒に自分の席に持って来て自分で栓を抜くって感じなんですよ。
面白いですね。

 

A220_rimg0095
せせりポン酢520円です。
このせせりが新鮮で美味しかったですよ。
よくよく聞いてみると近くにある「里味」と同系列で同じ食材を使っているそうです。
そっか、だから新鮮で美味しいんだって納得してしまいました。

 

A230_rimg0104
ホタルイカ700円です。
新鮮なホタルイカが5匹入っていました。
臭みは一切無く、甘味があって食感も抜群でした。
とっても美味しい一品でした。

 

A240_rimg0097
せせりポン酢とホタルイカが美味しかったので白ワインをオーダーしちゃいました。
UNDURRAGA 2008です。
チリの名門ウンドラーガが作るフレッシュな辛口白ワインです。

 

A245_rimg0108
水なす漬物420円です。

 

A250_rimg0107
いい感じで漬かっていましたよ。
何もつけずにそのままでいただきました。

 

A260_rimg0113
またまた、ビールを飲み始めます。
次はタイのビールにしましたよ。
SINGHAビールです。
久々に飲みましたよ。
懐かしい味にご対面です。

 

A270_rimg0110
とり鍋750円です。
一人用のとり鍋を作ってもらいました。
何だか鍋が食べたくなっちゃったんですよね。
塩コショウがバッチリ効いたダシで野菜と鳥を堪能出来ましたよ。
ダシも最後まで飲みきりました。
〆に雑炊とか中華そばを入れる事もできるそうですよ。
鍋は何種類かあるんですよ。
また、違う鍋も食べてみたいですね。

  

A280_rimg0115
そしてこのビールも。
オランダのビールです。
グロールシュ・プレミアムです。
このビールもラガービールなんですよ。
とっても飲みやすいビールでした。

 

A400_rimg0083
店内の雰囲気です。
入って右手がテーブル席となっています。
ここは炭火焼が出来るので各テーブルに排煙ダクトが付いているんですよ。
これは嬉しいですね。
そして、50インチのプラズマテレビが設置されています。

 

A410_rimg0085
お店は2階もあります。
2階には100インチのプロジェクターがあるそうです。
スポーツイベントのときには盛り上がるそうですよ。
スポーツバーでもあるんですね。

 

A420_rimg0101
入口から入って右手はカウンター席となっています。
ここにもちゃんと排煙ダクトが付いています。
そして、2人で1台の割合で小さな液晶テレビも設置されています。
カウンターの奥は調理場となっています。

NATURAL SPIRITさん。
このお店は1軒目使いがいいかもって思っちゃいました。
今回は2軒目だったので余り食べれませんでしたが。
お得な料理は七輪炭火焼盛合(2~3名用)3,150円が超お得なようです。
黒毛和牛、シーフード、地鶏などが入ったセットです。
次回はこれが食べたいですね。
追加の食材も色々とあるようですよ。
手羽先、もも、ささみ、せせり、肝、ずり、活ほたて、活大貝、活たこ、活車えび、そら豆、ほたるいか、黒毛和牛、黒毛和牛タン、黒毛和牛アカセン...
堪能出来そうですよね。
食材は「里味」と同じですから間違いないと思いますし。
また、行かないと!!
 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月24日 (日)

ダイニングバー 「luv wine」

店名:luv wine
カテゴリー:ダイニングバー

住所:大阪市北区池田町5-8
電話:06-6881-1707

営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日

HP:http://luvwine.jp/

……………………………………………………………………………………………

今日はluv wineに行ってきました。
天満市場の近くにある異国情緒たっぷりのお店です。
夏は暑い、冬は寒い、そう感じられるお店なんですよ。
今回は寒い~日に行ってきましたよ。

 

A010_rimg0283
お洒落なディスプレィでしょ。
luv wine
真っ赤なボードに書いてある店名がお洒落でステキですね。

 

A020_rimg0288
お店の前にはこんな看板がありますよ。
wine lover?
週替わり7本飲み比べ
美味高級ワイン
1giass500円~
ここは色んなワインが飲めそうですよ。
ん~、楽しみですね。

 

A030_rimg0294
お店の概観です。
どうですか、この概観は。
ビニールシートで覆われているんですよ。
冬はこうなっています。
なんたって寒いですから。
こうしていても中は寒いですよ。
右手に怪しい物体が.....

 

A040_rimg0290
右手の物体はこれなんですよ。
お店のオブジェで目立っています。
真っ赤なオート三輪なんですよ。
これが通りに出ていてあれっ?これ何だって立ち止まってしまうんですよね。
では、では、入りましょう。

 

A200_p1430209
入るとこのスープとパンが出てきます。
居酒屋風に言うと突き出しですね。
ここは擬似フランスですから、こんな感じになるんでしょうね。

 

A210_p1430211
このスープが冷えた体に優しく訴えかけてくるんですよね。
ほっこりしますよ。
優しいスープです。
暖まりますよ。
体も心も。
ナイスなサービスですね。
さあ、何を飲みましょうか。

 

A220_p1430217
本日のワインです。
フェアヴュー プリモ ピノタージュ3,890円です。
2008年物の南アフリカ産です。
果実の香りが豊満に感じられ重い味わいです。
私は好きなワインです。
ネットでは2,500円前後で販売されています。
グラスがいい感じでしょ。
このグラスは高そうです。
お洒落ですよね。
テーブルもお洒落な感じですよね。
こだわりが感じられます。

 

A230_p1430218
フェアヴューは1693年に南アフリカの銘醸地のパールに設立された老舗のワイナリーです。
ワイン・スペクター誌などから高評価を受けています。
南アフリカを代表するワイナリーなんですよ。

 

A240_p1430219
裏面はこうなっていますよ。
輸入者はモトックスです。
大阪を代表する会社ですよね。

 

A250_p1430221
クミン風味の自家製ピクルス380円です。
2軒目使いなので軽いつまみと思ってこれにしました。
このお店はそういう使い方が多いんでしょうね。
メニューを見るとこんな感じの料理が多いです。

 

A260_p1430224
色々な食材が使われていましたよ。
味付けがバッチリで全て美味しかったです。
ワインのお供としては最高です。
ここの料理長さんは分かっているな~って。
いい感じで食べることが出来ましたよ。

 

A270_p1430229
ポテトのアンチョビソース和え480円です。
ポテトはインカの目覚めです。
栗のような独特の風味、甘み、食感が特徴のいもなんですよ。
この素材で作られた料理です。
これがめちゃくちゃ美味しいんですよね。
このお店のシェフの腕は確かですね。
ちょっとしか食べていませんが非常にポテンシャルが高いと思います。

 

A400_p1430233
ワインリストです。

 

A410_p1430234
フードメニューです。

 

A500_p1430232
店内の雰囲気です。
左手が調理場ですね。
その前がカウンター席となっています。

 

A510_p1430208
基本はテーブル席になっています。
壁にコートなどを掛けるところが無いので籠をくれます。
その籠に衣服とかバックを入れるようになっているんですよ。
このお店は若い子は少なく30代からそれ以上の人が多かった感じがします。
ワインの価格帯とか料理からそうなるんでしょうかね。
ガッツリ食べるお店ではないですからね。
そのへんが年齢層を押し上げている感じがします。
2次会以降に使うお店って感じがしますね。
実際に私もそうでした。
接客もしっかりしておりいい感じのお店だと思います。
暑い夏とか寒い冬には行くのを躊躇しますけどね。
冬は毛布を提供してくれて寒さ対策はちゃんと出来ていますよ。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

ダイニングバー 「ウノムンド」

店名:ウノムンド
カテゴリー:ダイニングバー

住所:大阪市北区池田町10-10-102
電話:06-6949-8448

営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜日・祝日

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はウノムンドに行ってきました。
リアルに行ったのは本当に年末です。
1軒目でガッツリ食べて2件目でシットリ飲んで、もう1軒行こうって天満の街を何時ものようにウロウロとしていました。
そして発見してしまったんです。
このお店を。
新年の1発目にこのお店をアップするのも良いでしょう。
ネットで検索してみるとグルメ系のアップは0件です。
未だ知られていない新店という訳です。
新年に新店をお初でアップすると言う訳です。
このレビューがきっかけとなって人々に認知され流行って欲しいものです。

 

A010_p1450135
お店の看板です。
uno mundo ウノムンド
06-6949-8448
と書いてます。
木を上手に使ってますね。
ライトで照らされており、いい感じをかもし出していました。
この看板が呼び水となってお店を発見しました。

 

A020_p1450134
お店の概観です。
店前には沢山の観葉植物や花が置いてありましたよ。
ちょっとしたガーデニング状態ですね。(笑)
でも、雰囲気はいい感じです。
店主さんの気持ちがちょっぴり伝わってきます。

 

A030_p1450136
入口の横には手書きのメニューボードが置いてありましたよ。
今日のおすすめです。

・砂肝のコンフィ 600円
・ムーミン谷のポテトサラダ 450円
・軽くスモークしたマグロとかぶらのサラダからすみ風味 850円
・カンパチのカルパッチョ 900円
・スモークしたサンマときのこのサラダ 800円
・ワカサギのコンフィ 600円
・サーモンマリネとじゃがいものムースリーヌ 900円
・えびとホタテサーモンのクリーム煮 パイ包み焼き 950円
・トリッパとひよこ豆のトマト煮 800円
・小豆島産新摘みオリーブ 700円
・シチリア産新摘みオリーブ 750円
・真鯛のソテー 南仏風 1,000円
・ブリとフレッシュトマト、オリーブケッパーの
       アーリオ・オーリオスパゲッティ 1,100円
・ソーセージとフレッシュトマト、芽キャベツのスパゲッティ 1,150円

色々とありますね。
ワインが飲みたくなる料理が目白押しですよ。
これは楽しみですよ。

  

A040_p1450137
お店の入口です。
左に書いてます。
諸国うまいもん酒場
uno mundo
ウノムンド

ん?
諸国うまいもん酒場ですか?
「諸国うまいもん」って気になりますね。
少し前に同じ天満で「諸国味めぐり」RYOって行きましたね。
このコンセプトと同じなのかな?
RYOは店主さんが日本全国を食べ歩いて各地の美味しい料理を提供するってスタイルでしたがこのお店はどうなんでしょうね。
ウノムンドって言う店名も気になるしね。

諸国味めぐりRYOの日記はここで。
大阪で常設で富士宮やきそばが食べれますよ。
現地(富士宮市)の虹屋ミミさんで修行したつわものが店長です。
虹屋ミミの日記はここで。

それから飲み物の価格も書いてますね。
・生ビール 500円
・世界各国ビール 600~
・グラスワイン 500円
・ボトルワイン 2,000円~
ボトルワインが2,000円からあるのが嬉しいですね。
ここの店主さん、時代の流れが分かってますね。

それと特筆すべきは暖簾ですね。
こんな感じの暖簾は中々見れませんよ。
いや、暖簾と言うよりは何処かの国で作られた大きなマフラーって感じなんですけど。(笑)
ウマくアイデアで暖簾にしたような。
でも、「諸国うまいもん」って言うキーワードとよく合っていますね。
センスの良さが光っています。

さあ、入店しましょう。

 

A190_p1450140
お店に入って直ぐに目に付くのがこれです。
大きな、大きなワインリストなんですよ。
左が白、右が赤となっています。
今日は赤の気分だったので見てみると。
1.グラディウム テンプラニーリョ(スペイン) 2,000円
2.デボルトリ シラーズ ガベルネ(オーストラリア) 2,200円
3.アルマグロ クリアンサ(スペイン) 2,400円
4.ミシェルトリノ マルベルク(アルゼンチン) 2,500円
5.カリッサ(スペイン) 2,800円
6.クズマーノ ネロ ダーヴォラ(イタリア) 3,000円
7.セリエール ピニヨル ラッチ デ ライム(フランス) 3,200円
8.エルコト クリアンサ(スペイン) 3,300円
9.スラ ヴィンヤーズ シーラーズ(インド) 3,500円
10.カヴリアック メルロー レゼルブ(フランス) 4,200円
11.カヴリアック メルロー レゼルブ(フランス) 4,500円
12.エルバリーナ ドルチェット ダルバギャイエ(イタリア) 4,800円
13.ビアー ブルゴーニュ ルージュ(フランス) 5,000円
14.カヴリアック コルビェール プリウレ サンマルタン(フランス) 5,500円
15.ラプローズ キュベオンブラン(フランス) 6,000円

 

A200_p1450146
で、今回チョイスしたのがこのワインです。
8.エルコト クリアンサ(スペイン) 3,300円です。
実は4.ミシェルトリノ マルベルク(アルゼンチン) 2,500円をチョイスしたのですが売り切れでした。
2~6の味的にも価格的にもベストなラインが売り切れだったんですよね。
ショック!!
このラインアップなら3~6でチョイスしたいですもん。
フランスワインって気分でも無かったし。
で、仕方なく、エルコト クリアンサにした訳です。
まあ、年末の時期だったので仕方なかったのかな。
そうそう、ワインの価格は他店に比べると安いと思いますよ。
ガッツリワインを飲む人には良いお店かも。

 

A220_p1450148
裏のラベルです。
エル・コト・クリアンサ 2005(D.O.C)
オーク樽での熟成を感じさせる、芳醇でコクのある味わいが魅力のワインです。
って書いてますね。
このワインの輸入元はアサヒビールだったんですね。
アサヒビールなので、あの天下のセブンイレブンでも買えちゃうんですよね。
お値段の方は夢が無くなるので書きませんが。

 

A210_p1450147
こんな感じで飲みましたよ。
芳醇でコクのあるワインです。
ミディアムボディのワインです。
良質のワインですね。
美味しく頂きました。
そうそう、エルコトってスペイン語で「狩猟地」って言う意味なんですよ。
その面影がラベルにも出ていますよね。

 

A230_p1450143
突き出しです。
酒場ですよね。
突き出しが出てくるところが面白いです。
和風テイストがいい感じです。

 

A240_p1450142
メニューの表紙です。
諸国うまいもん酒場
uno mundo
ウノムンド
って書いてますね。
このメニューを見ながら聞いたんですよね。
店名の意味を。
まず、unoとはイタリア語やスペイン語などのラテン系の言語で「1」と言う意味です。
カードゲームでもありますよね。
uno(ウノ)って、カードが1枚になったら叫びますよね。
ウノ~~って。
そう、あの意味だったんですよ。
そして、mundoが「世界」と言う意味なんですよ。
つまり、「世界は1つ」っていう意味だったんですね。
ワンワールド、人類みな友達、仲良くしないとね。
そんなコンセプトが込められていたなんて。

 

A250_p1450141
さて、料理は何にしょうかとメニューをパラパラとめくっていくと....
何だか全て手書きぽいんですよね。
それも料理についてかなりかなり詳しく書いているんですよね。
あれ~っ。
これって店主さんが書いている?
読めば読むほどそう思ってきちゃいました。
で、聞いてみたんですよね。
「これって、店主さんが手書きで書いている?」って。
やっぱりそうでした。
店主さん自ら書いていたんですよ。
このメニューは見てたらある意味ビックリしますし、楽しいですよ。
是非、お店に行って見てもらいたいですね。
今回は私がオーダーした物だけをアップしておきますね。

 

A260_p1450150
生ハム&チョリソー1,100円です。
パルマ産のプロシュート(生ハム)とチョリソの盛合せです。

 

A270_p1450153
生ハムです。
やっぱり美味しいワインには生ハムですよね。
生ハムが美味しければワインも進みますよね。
結果はグイグイ飲んじゃいましたよ。

 

A280_p1450152
チョリソは粗びきの豚肉を香辛料で調味して腸詰めにし、低温で乾燥させたスペインのソーセージです。
と、メニューには書いてありました。
9枚入りですね。
美味しかったですよ。
これもワインに合ってgoodな料理でした。

 

A290_p1450162
トイレに行って帰ってくると、あら、こんな物が。
パン好きな同行者が頼んでました。
あら、もうお腹がへったのかな?
ガッツリ食べたんだけどね。(笑)
それともハムに合わせたかったのかな。

  

A300_p1450164
ワインも飲み干してビールを。
ビールはレーベンブロイでした。
やっぱり、アサヒの息が掛かっていますね。(笑)
レーベンブロイはドイツのビールですがアサヒの技術で国内生産していますからね。
芳醇なビールで美味しかったですよ。

 

A400_p1450156_2
店内の風景です。
店内はテーブル席が3つあります。
大きさはそれぞれバラバラです。
店内の広さに合わせてそうなったんでしょうね。
壁にはラテン的な物が飾ってありますね。
右手の壁にはお勧め料理のボードが掛かっています。

  

A410_p1450138
店内に入って右手がカウンター席になっています。
カウンターの前が調理場となっていますよ。
店主さんがちよっぴり写っています。
お店の雰囲気とベストマッチの店主さんですよ。
この店主さんだから、このお店の雰囲気なんだな~って思わせてくれますよ。
写真の上の方も見て下さいね。
ここにもこだわりがありそうですね。
この雰囲気がいい感じです。

 

A420_p1450160
カウンターの前には色々なお酒が並んでいましたよ。
私はこのお店ではワインかビールかなって思いますが、ちよっとしたBAR使いも出来るということですよね。
カウンターは調理場と直結しているのでお一人様でも十分に楽しめると思います。
店主さんと仲良くなれば楽しい時間も過ごせるでしょうね。

 

A430_p1450161
入口側の壁にはLPのジャケットが貼ってありました。
ジョンレノンのジョンの魂とかスティビー・ワンダーのTalking Bookとか....
こんな系統の音楽も掛かっていましたよ。
スティビーは大好きなミュージシャンなのでちょっぴり嬉しかったですね。
キー・オブ・ライフなんて好きで好きで何回聞いたことか。
音楽を聞いているとあの昔にタイムスリップしてしまうそうでした。
時間を忘れてワインを楽しみながらナイスな音楽を楽しむ。
最高ですよね。

 

A900_p1450194
帰りがけに「お店の名刺は無いの?」って聞いてみると。
只今、製作中との事でした。
でも、アッと言う間に手書きのカードを作ってくれたんですよ。
それがこれです。
スゴイですよね。
ビックリしてしまいました。
メニューと同じ字体ですよ。
センスがあるんですよね~。


ウノムンドさん。
聞いてみると元々は南森町の天満宮近くで営業していたそうです。
11月の中旬に、この場所で移転オープンしたようです。
双龍居を超えて立ち呑みのかんちゃんが見えたら左に曲がると直ぐにお店はあります。
はっきり言って今は常連さんしか来ていないでしょう。
こんなとこにお店があるの?状態ですから。
ここって前は居酒屋さんだったんですよね。
私はこの辺をたまに通りますから知っています。
何時の間にウノムンドが出来たんだってビックリしましたが。
世間では全然しらないと思います。
まあ、このブログが起爆剤となって世間に知られて他のブログ、雑誌系と世間に知られていくと思いますけどね。(笑)

今回は3軒目で店主さんの料理が食べれなかった事が心残りです。
料理の腕はどうなんだって。
これは次回の課題ですね。
後はサービス面、オペレーションで若干気になる事が数点ありましたが....
まあ、許容範囲内でしょう。
後、もう1つ大きく気になる事があるのですが今回は書くのはやめましょう。
お店のポリシーにも係わる事ですし。
大阪でもディープな食の街、天満でしぶとく頑張ってやっていって欲しいものです。
そうそう、店主さんはミュージャンでもあるんですよ。
音楽好きの人が集まっていそうですね。
音楽好きな人集まれ~って感じです。
ちょうどepice(エピス)のように。

epice(エピス)の日記はここで。

また時間を作って行きましょう。
 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

ダイニングバー「エピス」

店名:epice(エピス)
カテゴリー:ダイニングバー

住所:大阪市北区天神橋3-3-18
電話:06-6353-3177

営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日
HP:
http://www.k5.dion.ne.jp/~epice/index.html
http://www.hotpepper.jp/s/H000017671/top.html
http://r.gnavi.co.jp/k750900/

……………………………………………………………………………………………

おなじみのエピスです。
初回訪問時の日記です。
第2回ワイン会の日記です。

 

010_p1130018
まずは前菜の3種盛りから。
左から
パルマ産生ハムとラ・フランス、仏産鴨のスモーク、カポナータです。
3種類ともとっても美味しかったです。
その中でも一番左の生ハムとラ・フランスがとびっきり美味しかったです。

 

020_p1130024
突き出しです。
これも何気に美味しいんですよね。

  

030_p1130026
寒ブリの葱まみれです。
これもとっても美味しかったです。
周りにちりばめられているソースが絶品です。

040_p1130027
アップで撮りました。
和食と洋食の融合体ですね。
不思議な料理の1つです。
本当にこのお店はサプライズが多いです。

 

050_p1130033
岩手の牡蠣のミネストラ ジェノバソースです。
これも最高に美味しかったです。
体が本当に暖まって生きてて良かったって感じがしました。
冬のスキー場で食べたら本当に幸せって感じでした。

 

060_p1130035
この画像からは牡蠣は見えませんが実は下に牡蠣はあったんですよ。
写真では撮れませんでしたが。
美味しくて撮るのを忘れちゃいました。

 

070_p1130047
ピザ オルトナーラ温玉添えです。
ピザに温玉ですよ。
皆さんは食べた事ありますか?

 

080_p1130046
このお店のピザは美味しいですよ~。
温玉にピザがこんなに合うなんて今日まで知りませんでした。
美味しかった。

 

090_p1130039
今日のワインです。
赤をいただきました。

 

095_p1130049
パンです。
下の新聞がgoodでしょ。

 

100_p1130050
真鯛と有頭えびのポワレ、ジャガ芋のグラッセと茎ブロッコリーです。
上品なお味に仕上がっていました。
ソースがとっても美味しかったです。

 

110_p1130052
アップで撮りました。
エビも鯛もいい味していました。
エビの頭にもちょっとした工夫がしてあってとっても美味しかったです。

 
 120_1130068
栃木産黒毛和牛とフォアグラです。
そしてジャガイモのグラッセと茎ブロッコリです。
フォアグラ大きいでしょ。
一瞬で無くなっちゃいました。
とっても美味しかったです。

 

130_p1130070
アップで撮りました。
お肉もとってもジューシでとっても美味しかったです。

 

140_p1130073
有機フレッシュトマトとモッツァレラのリングイネのパスタです。
このパスタ今まで食べた中で最高に美味しかったです。
もう、サプライズしまくりでした。

 

150_p1130075
アップで撮りました。
どうですか。
美味しそうでしょ。
普通はメインのお肉の前にパスタは出ると思うのですがこの料理はその常識を覆すほどサッパリしていて美味しくて感動しました。

 

160_p1130081_3
デザートです。
クリスマスバージョンなので人形がついてました。

 

180_p1130085_1
雪だるまくんも一緒に撮っちゃいました。
いい感じでしょ。

 

300_p1130089
このお店のオーナーです。
いい味だしているでしょ。
料理の鉄人でありミュージシャンでもあるんですよ。
是非、是非、鉄人の料理を食べてみて下さいね。

 

310_p1130062
亮くんです。
何と今年いっぱいで辞めちゃうそうです。
寂しくなりますね~。
イタリアに修行に行くそうなんです。
ビックになって帰ってきて欲しいですね。

 

320_p1130061
ニューフェィスのま~たんです。
癒し系のナイスガイです。

本当に最高に美味しいお店です。
プレ一押しのお店です。 

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bar |  インデックス | うどん屋 | うどん(香川県) | うなぎ屋 | うなぎ料理 | おでん屋 | おにぎり | お取り寄せ | お好み焼き | お漬物 | お菓子屋 | しゃぶしゃぶ | しゃぶしゃぶ屋 | すき焼屋 | ぜんざい屋 | そうめん・にゅうめん屋 | その他 | そば屋 | たこ焼き屋 | だし巻き専門店 | ちゃんこ料理 | とんかつ屋 | もつ鍋 | もんじゃ焼 | やきとん屋 | アマゾン | イタリアン | イベント | インドネシア料理 | インド料理 | オムライス | カキ氷・ソフトクリーム | カフェ | カレーうどん | カレー屋 | カンボジア料理 | ケーキ屋 | コーヒー店 | シチリア料理 | シンガポール料理 | ジンギスカン | スイーツ | ステーキハウス | スペイン料理 | スープカレー | タイ料理 | タコス屋 | ダイニングバー | ドイツ料理 | ドーナツ | ネパール料理 | ハワイ料理 | ハンバーガー屋 | バール | パスタ専門店 | パン屋 | ビアバー | ビアレストラン | ビアーガーデン | ビストロ | ファミレス | ファーストフード | フランス料理 | フレッシュジュース | ベトナム料理 | ペンション | ホルモン焼き | マレーシア料理 | メキシコ料理 | ラウンジ | ラーメン屋 | レストラン | ワインバー | 中華料理 | 串かつ屋 | 串やき屋 | 串揚げ屋 | 南インド料理 | 和菓子 | 和食・割烹 | 喫茶店 | 四川料理 | 回転寿司 | 団子屋 | 地鶏屋 | 地鶏料理 | 天ぷら屋 | 定食屋 | 寿司屋 | 居酒屋 | 居酒屋・創作和食 | 市場 | 広島焼 | 持ち帰り商品 | 旅館 | 明石焼 | 柿の葉すし | 水たき屋 | 沖縄そば | 沖縄・奄美料理 | 洋菓子 | 洋食屋 | 海鮮料理 | 温泉のお食事処 | 無国籍料理 | 焼きそば屋 | 焼きカレー屋 | 焼き牡蠣 | 焼き鳥屋 | 焼肉屋 | 牛たん専門店 | 牛肉料理 | 琉球料理 | 立ち呑み | 蒲鉾屋 | 親子丼 | 話題 | 豆腐料理 | 販売商品 | 造り酒屋 | 道の駅 | 酒屋 | 鉄板焼き | 陶板焼 | 韓国料理 | 食堂・定食屋 | 餃子屋 | 馬肉専門店 | 駅そば | 駅弁・空弁・弁当 | SAのレストラン