豆腐料理

2013年4月26日 (金)

豆腐料理 「山口とうふ」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2013/04/post-ddb0.html


食べログ:山口とうふ のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:山口とうふ
カテゴリー:豆腐料理
 

住所:兵庫県神戸市東灘区住吉本町2-14-19
電話:078-851-0394

営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日・日曜日

HP:http://www.yamaguchi-tofu.jp/


……………………………………………………………………………………………

今日は山口とうふ に行ってきました。
兵庫県は住吉にお店があります。
美味しい豆腐が食べれると評判のお店です。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A030_rimg2180
お店の外観です。
山口とうふって頭上に大きな看板が出ていますね。
そして、左手に、名物 ゆばとうふ
と書いています。
それから.....

 

A060_rimg2168
日光の東照宮でもおなじみのやつですね。
「見猿・言わ猿・聞か猿」の三猿の彫刻が置いてありましたよ。
幼年期の猿で、子供の頃は、悪い事を見たり、言ったり、聞いたりしないで、素直なまま育ちなさい。
という教育論の意味が込められているそうですよ。
でも、何故にここに....

  

A070_rimg2178
店内に入ると大きなショーケースがありましたよ。
色々と販売していますね。
どれにしょうか迷ってしまいますよ。

 

A090_rimg2184
左手の方には、沢山のPOPがこれでもか~って感じで押し寄せてきます。
普通の豆腐だけじゃなくて変わり種豆腐が色々とあるようですね。
今回は、ちょっと変わった豆腐を買ってみましょうかね。

 

Aa220_rimg2265new3
山芋豆腐ステーキ190円です。
ミジン切りした山芋が豆腐の中に入っています。
お店のお勧めの食べ方は、スライスしてバター醤油で焼いて食べると抜群に美味しいそうです。
想像してみて下さい。
居酒屋で食べている感じを。
そりゃ~、美味しいでしょう。
あっ、そのままで食べても美味しかったですよ。

 

Aa250_rimg2270new4
あずきとうふ190円です。
豆腐の中にあずきが入っているタイプの豆腐です。
これも、面白いアイデア料理ですよね。
おとうふのデザートシリーズって感じですね。
豆腐のふぁふぁ食感に、あずきの歯応えと味がいい感じです。
ちゃんとした器に入れてコース料理の〆の一品として出しても良いと思います。
意外にイタリイン等の洋食のデザートにいいかも知れませんね。

 

Aa280_rimg2272new5
抹茶とうふ190円です。
京都宇治の茶農家さんの作る石臼挽き抹茶をたっぷりと使用しています。
搾りたての豆乳で造っているそうですよ。
おとうふのデザートって書いていますね。
食べてみると抹茶の風味が十分に感じられる豆腐です。
見た目も良く、本当にデザート感覚で食べれますね。
抹茶好きにはたまらない一品ですね。

 

A320_rimg2263
今回は、酒のアテとして豆腐を購入したんですよ。
福寿の純米吟醸と純米酒と一緒に食べましたよ。
福寿は旨いお酒ですよね。
大好きな日本酒の1つです。
今回も大満足でした。

山口とうふさん。
明治26年創業のお店です。
阪神大震災のときには被災し、仮店舗で営業するという苦難を乗り越えて現在の店舗で営業しています。
地元に愛されている豆腐屋さんです。
普通の豆腐よりも変わり種豆腐に目がいってしまいました。
まだまだ買いたい豆腐が沢山ありますよ。
住吉にお気に入りのお店が出来ました。
また、行かないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:その他 | 住吉駅(JR・六甲ライナー)御影駅(阪神)御影駅(阪急)

| | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

豆腐料理 「林とうふ店(上店)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2013/04/post-b7c6.html


食べログ:林とうふ店(上店) のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:林とうふ店(上店)
カテゴリー:豆腐料理
 

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山2353
電話:0746-32-2870

営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日

HP:http://www.yoshinoyama-tofu.jp/


……………………………………………………………………………………………

今日は林とうふ店(上店)に行ってきました。
吉野で桜を楽しもうシリーズで行ってきたお店です。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A010_rimg0594
お店の看板です。
大峰山系の名水から生まれたこだわりとうふ
吉野山 手造り豆腐・油あげ
って、書いていますね。
水は命ですからね。
楽しみです。

 

A030_rimg0581
お店の入口です。
お父さんが美味しそうに揚げていますね。
これは、出来立てが食べれそうです。
どれも美味しそうですね。

ここは、上店の方です。
もう1つ店舗があって、2012年4月にオープンした豆富茶屋林ってお店があります。
HPを見ましたが、とっても良さそうなお店ですよ。
機会があれば訪れたいものです。

豆富茶屋林のHPはここで。

 

A050_rimg0583
店内を見ていると.....
濃厚豆乳150円と豆乳アップル300円を販売していますね。
この豆乳は美味しそうですよね。

 

A070_rimg0592
で、濃厚豆乳150円を購入しましたよ。
濃い、濃い、豆乳をグイ~っと飲みたかったから。
飲んでみると、商品名通りの濃厚な豆乳です。
喉越しがたまりませんよ。
この味わいにノックアウトです。
そうそう、150円というお手頃価格も嬉しいですよね。
思わず、お代わりって言いそうになっちゃいました。

 

A090_rimg0587
そして、豆乳ソフトクリーム300円も買っちゃいました。
山道をテクテクと歩いて少し汗ばんでいたんで....
ソフトも食べたいなって思って。
じゃじゃん。
美味しそうでしょ。
豆乳味のソフトもいいもんですよ。
健康になりそうな感じです。
ビールを我慢して良かったです。
ぽかぽか天気だったので外で美味しくいただきましたよ。

 

A100_rimg0593
青空店内の中程から入口方面を撮っています。
簡易的なテーブルと椅子がセットされていましたよ。
桜が綺麗に咲いていますね。
心地良い日でした。

 

A270_rimg0604
座敷の食事処もありました。
靴を脱いでゆっくりしたい人はこっちですね。

 

A260_rimg0602
お土産品も色々と売っていましたよ。

 

A200_rimg0596
手前の冷凍庫の中です。
生麩(よもぎ・栗)1300円や豆腐ハンバーグ(5個入り)800円が売っていましたよ。
奥にはプリンがあったんですよね。
豆乳ソフトを食べた後だし....
次回のお楽しみですね。

林とうふ店さん。
豆乳が美味しかったですよ。
豆乳と豆乳ソフトを楽しみました。
次回は、豆富茶屋林で豆腐料理を楽しみたいですね。
吉野にお気に入りのお店が出来ました。
また、行かないとね。

A760_rimg0822
世界遺産 吉野山
紀伊山地の霊場と参詣道
本当に桜が満開でしたよ。

 

A080_rimg0642
吉野山の桜は1300年も前から「ご神木」として崇拝されています。
ここの桜は、数多くの参拝者によって寄進・植樹されています。
春には約3万本と言う世界に類を見ない規模の桜が咲き誇ります。
実際に観ると感動物ですよ!!

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 吉野駅

| | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

豆腐料理 「のぐちや」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2012/07/post-0cf4.html


食べログ:のぐちや  のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:のぐちや
カテゴリー:豆腐料理

住所:岐阜県高山市上三之町35
電話:0577-33-7563

営業時間:1000~17:00
定休日:不定休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はのぐちや に行ってきました。
高山の上三之町をぶらぶら歩いていて見つけたお店です。
この通りは人気の観光スポットなんですよ。
さて、ここは、どんな感じのお店なんでしょうね。
楽しみです。

 

A010_rimg1028
お店の外観です。
高山の整備された歴史的情緒のある上三之町の中にお店はあります。
江戸時代の町屋風の造りなんでしょうね。
とうふ料理 お食事処 のぐちや
って、大きな看板が出ています。
美味しい豆腐料理が食べれそうですよ。

 

A030_rimg1024
お店の暖簾です。
紺色に白抜きで、とうふ料理 のぐちや
って、描いていますね。
いい感じです。

お腹はペコペコです。
さあ、入店しましょうか。

 

A440_p1120585
壁には写真付きのメニューがありました。
色々とありますよね。
さて、どれにしましょうか。
これだけあると迷ってしまいますよね。

 

A220_p1120588
で、今回は、色んな豆腐料理を楽しみたいと思って盛合せ定食2,100円にしましたよ。
最初に色んな豆腐料理が出てきました。
田楽、ゆばさし、凍み豆腐、金糸ゆば、磯辺揚げ豆腐、揚出し豆腐、あわ雪です。
目移りしてしまうぐらい沢山の豆腐料理です。

 

A250_p1120591
直ぐに、ご飯と吸い物、そして、お漬物の登場です。

 

A260_p1120592
全部が揃いましたよ。
ボリュームがありますよね。
大好きな ゆばさし や 色々な豆腐料理が楽しめて大満足でしたよ。
思わず飲みたくなりましたが、今回は運転手さんなので、我慢、我慢っと。

 

A400_p1120582
店内の雰囲気です。
入口近くがテーブル席、奥には座敷があります。
純和風な感じのお店でしたよ。
外観に合わせて、昔ながらの雰囲気がかもし出されていますね。

 

A450_p1120598
絵馬です。
このお店にもちゃんとありましたよ。
高山では、家の壁に貼っているところが多いんですよ。
福を家の中にかついで駆け込むようにと願いを込めて、馬が家の中に駆け込む向きにして、玄関の壁に貼ります。
家内安全、無謀息災、火の用心、商売繁盛を祈願しています。


のぐちやのは、松倉観音堂のですね。
8月9日~10日に「松倉絵馬市」が開催されます。  
こちらの馬は比較的落ち着いた色使いで描かれている馬が首を垂れているのが特徴です。

観音さまにお参りしている姿を表しているそうですよ。

もう1つは、山桜神社のものです。
毎年8月1日~15日に「馬頭の絵馬市」が開催され賑わっています。
こちらの馬は、ちゃんと正面を向いています。
馬の色は、白馬と黒馬があるんですよ。
二木酒店のものが山桜神社のものです。

二木酒店の食べログのレビューはここで。
二木酒店の1回目の日記はここで。


のぐちやさん。
高山で一番古い豆腐製造所が経営している豆腐料理店なんですよ。
創業100年以上だそうです。
厳選した国産大豆と高山の澄んだ水を使って苦味の少ない豆腐が作られています。
豆腐は、高山のホテルや旅館にも卸しているそうです。
高山で信頼と人気のお店なんですね。
今回は、色んな豆腐料理を楽しみましたが、次回は、高山の郷土料理の「ぎせい焼き」「こも豆腐」を食べてみたいですね。
次回の楽しみです。
高山にお気に入りのお店が見つかりました。
また、行かないとね。

 

A600_p1120608
そさ~て、お腹も一杯になったし、また、散策をしましょうか。
何か面白い物が見つかるかな。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 高山駅

| | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

豆腐料理 「空ノ庭」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2012/06/post-cc9d.html


食べログ:空ノ庭 のレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:空ノ庭
カテゴリー:豆腐料理

住所:大阪市中央区南久宝寺町4-5-6 ヴェルテックス本町ビル 地下1階
電話:06-6120-0644

営業時間:17:00~23:30 (日・祝は23:00まで)
定休日:無休

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日は空ノ庭に行ってきました。
豆腐料理専門店です。
今日は、豆腐料理のコースを楽しみます。
さて、どんな感じなんでしょうね。
楽しみです。

 

A010_dsc04182
お店の看板です。
豆腐料理 空ノ庭
って、書いていますね。
シンプルな感じの看板です。

 

A020_dsc04189
お店の外観です。
和風チックな感じです。
暖簾もシンプルで好感が持てますね。
落ち着いた雰囲気が京風なイメージを出していて期待感が高まってきました。
さあ、中に入って行きましょうか。

 

A070_dsc04192
中に入ると入口がありましたよ。
さあ、入店です。

 

A200_rimg0629
まずは、生ビールからのスタートです。
さあ、乾杯しましょう!!
ぷふぁ~。
旨い。

今日は、空ノ庭 特選コースを予約しています。
どんな感じなんでしょうね。
わくわくします。

 

A210_dsc04194
最初の1品です。
自家製豆乳胡麻豆腐です。
最初に少量で濃厚な豆乳豆腐を持ってくるとは、流石、豆腐料理店ですね。
お味の方は、濃厚で胡麻の風味も効いており、旨いと思わせ、次の料理に期待を持たせる一品でした。

 

A230_rimg0634
前菜三種盛りです。
手前から、茄子のお浸し、チーズ豆腐、がんもどきです。
チーズ豆腐がgoodでしたね。
好きなお味でした。
豆腐にチーズっていうのも相性がいいんですね。
熟成した五箇山豆腐を思い出してしまいました。
これを食べているとワインが飲みたくなってきちゃいましたよ。

 

A240_dsc04212
いちじくと地鶏ささみの豆乳胡麻クリームがけです。
女子が喜びそうな一品ですよね。
地鶏ささみは美味しい焼き鳥屋さんで食べたいものです。

 

A250_rimg0645
炙りしめ鯖と香味野菜のサラダです。
次は魚料理が出てきました。
色々と趣向を凝らしていますよね。
下のテーブルが木目調のテーブルなので透明なお皿でない方が良かったかなって思っちゃいました。

 

A270_dsc04224
生麩田楽です。
これは、見た目から楽しめますよね。
器も料理の彩りもいい感じです。
青じそ味噌も普通の味噌もいい感じでしたよ。
関西風に味付けしているんでしょうかね。
名古屋で食べたら同じ料理でも全然違味になっちゃうんでしょうね。

 

A290_dsc04247
ビールは飽きてしまったので、チューハイライムにしましたよ。
今回は、飲み放題コースなので、ガンガン飲みました。

 

A300_rimg0658
本日のお勧め一品です。
豆腐つくねの温泉たまご添えです。
こうやって出てくるとやっぱり、グチュってしたくなりますよね。

 

A320_dsc04249
やっちゃいました。
温泉たまごを潰して、つくねに絡ませて食べようって作戦です。
豆腐料理店なので、豆腐つくねなんですけどね。
やっぱり、焼き鳥屋で食べるつくねの方が美味しいですよね。
ナンコツを入れて、あのコリコリ感と隠し味やスパイス感がないと満足できないです。
播州地鶏 元気のつくねが食べたくなってきちゃいました。

播州地鶏 元気のレビューはここで。

播州地鶏 元気の日記はここで。

 

A330_dsc04217
そうこうしているうちに、このお店の名物料理が出てきました。
手作り空ノ豆腐です。
ここで、手作り豆腐を作ってくれるんですね。

 

A350_dsc04234
出来上がりましたよ。
これで、3人前となっています。

 

A360_dsc04227
薬味は3種類用意されていました。
ネギ、塩、味噌です。
そのままでも食べてもよし、薬味で食べてもよし、醤油と一緒に食べてもいいですよね。
色々と楽しめそうです。

 

A370_rimg0654_2
取り分けをして頂きましょうか。
出来立て豆腐ですよ。
食べてみると、大豆の旨みがドーンって伝わってきます。
添加物や凝固剤を使用していないこだわり豆腐だそうですよ。
これぞ、空ノ庭の得意中の得意料理なんでしょうね。
とっても美味しかったです。

 

A380_dsc04252
海老しんじょうの湯葉包み揚げです。
海老しんじょうを湯葉で包んでます。
そして、和風出汁の中に鎮座している料理なんです。
湯葉を揚げているとこがミソですね。
もちっ、サクッ、シトッて食感を楽しみながら、出汁に漬けたり、そのままで食べたり、味の変化が楽しめます。
この料理は、人気が高かったです。

 

A410_rimg0669
ご飯物です。
湯葉ちりめんご飯です。
ご飯の上にしっかりと、湯葉とちりめんが乗っています。
お漬物と山葵、出汁と一緒に出てきました。

 

A420_dsc04266
出汁をたっぷりと入れて出来上がりです。
お茶漬け感覚で食べる事が出来ます。
〆のご飯物ってよいですよね。
お漬物と一緒にサラサラって食べちゃいましたよ。

 

A470_dsc04280
ラストの1品です。
豆乳スイーツです。
手前が杏仁豆腐、奥が豆乳です。
どちらも空ノ庭のオリジナル料理でしょうね。
最後の最後まで美味しく頂けました。

 

A820_dsc04290
店内の雰囲気です。
お店に入って、下へ下へと下っていきます。
その途中にテーブル席があったりします。

 

A850_dsc04300
下に降りきったとこです。
全体的に木をふんだんに使って落ち着いた雰囲気になっていますね。
デート使いとかに良さそうです。

 

A805_dsc04309
カウンター席もありましたよ。
ゆったりとした空間ですね。

 

A815_dsc04296
座敷タイプの席です。
座椅子が用意されているんですね。

空ノ庭さん。
色んな豆腐料理を楽しむ事ができました。
ここは、コースで食べた方がCPは良さそうです。
今回は、コースと飲み放題を付けて5,000円でした。
この日以外にも再訪して単品をオーダーして食べましたが、そこそこのお値段になってしまいました。
それに、少人数ならオーダー出来る品数も少なくなるのでコースの方が色々と食べれて良いですよね。

店内は、落ち着いた雰囲気で、デート使いとかに良さそうです。
混みあっていなければ、ゆったりした時間が過ごせるかと思います。

本町にお気に入りのお店が出来ました。
また、行かないとね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 本町駅心斎橋駅四ツ橋駅

| | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

豆腐料理 「とうふや」

店名:とうふや
カテゴリー:豆腐料理

住所:三重県伊勢市宇治浦田1-4-1 おかげ横丁
電話:0596-28-1028

営業時間:11:00~14:30 17:00~20:30 (土・日・祝は通し営業)
定休日:水曜の夜、1日の夜

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はとうふやに行ってきました。
内宮を参拝してからお腹が減ってきたのでご飯を食べようってことでやってきましたよ。
さて、どんな料理が食べれるんでしょうか。
楽しみです。

内宮の宇治橋鳥居の日記はここで。
内宮の五十鈴川の日記はここで。
内宮の新苑の日記はここで。
おはらい町通りの日記はここで。
おかげ横丁の日記はここで。

 

A010_rimg0631
通りに出ていたお店の看板です。
手作り豆腐と穴子料理
とうふや
この先すぐ
って書いていますね。

 

A020_rimg0629
この道をテクテクと歩いて行くんですよ。
通りは人通りも少なくのんびりとした感じでした。

 

A030_rimg0632
大通りから五十鈴川の方に曲がります。
この先にお店があります。
五十鈴川の方に向かって歩くって感じです。
土塀がいい雰囲気をかもし出していますね。
さあ、歩いて行きましょう。

 

A040_rimg0540
通りを歩ききると左手にお店が見えてきましたよ。
趣きのある建物ですね。
遠くからでも「とうふ」って言う文字が見えています。

 

A050_rimg0546
瓦をよ~く見ると、「と」「う」「ふ」って書いてあるではないですか。
やりますね~。

 

A060_rimg0542
お店の暖簾です。
紺地に白抜きでとうふやって書いています。
渋い感じですね。
さあ、入店しましょう。

 

A200_rimg0554
まずは何時ものようにビールからのスタートです。
このお店は
エビスの瓶600円でしたよ。
そして、グラスもエビスでした。
いい感じです。
ビール工場で教えてもらった秘伝の美味しいビールの注ぎ方で入れましたよ。
ぷふぁ~、最高です。
この日は暑くてビールがとっても美味しかったです。

 

A210_rimg0560
とうふや弁当 葉月 2,100円がとっても美味しそうでオーダーしょうとしたんですが、売り切れとのこと。
これはとっても美味しそうだったんですけどね。
遅い時間に行ったので仕方がないですね。
で、単品で色々と楽しむ事にしました。

最初の一品の登場です。

あなご骨煎餅
300円です。
活あなご炭火焼(白焼)1,300円をオーダーしたのですが残念ながら出来ないとのことでした。
天然で季節物なので入荷できないときがあるそうです。
今回は入荷出来ないときだったようで。
残念でした。
で、骨煎餅にしたと言う訳です。
パリパリに揚げられた骨煎餅は香ばしくって美味しかったですよ。
ビールが進んで大変でした。

 

A220_rimg0558
次に寄せ豆腐330円です。
店名通りに豆腐をオーダーしないとって思ってこれを頼みました。

オリジナルの醤油と塩、そして、ネギと生姜です。

 

A230_rimg0556
厳選された国産大豆と天然にがりで造られた豆腐です。
まずは、何もつけないで、そのまま食べます。
大豆の香りや風味がたまりませんよ。
口当たりもよく、とっても美味しいです。
流石です。

 

A240_rimg0567
穴子蒲焼1,200円です。
上品な感じで登場しましたよ。

 

A250_rimg0568
煮穴子になっています。
食感が良く、甘味があります。
新鮮な穴子を使っていますね。
思わず日本酒って言いたくなっちゃいましたよ。

 

A260_rimg0564
とうふ田楽500円です。
5本セットになっていましたよ。
一本当たり100円ですね。
五箇所豆腐のように固めの豆腐です。
焼き具合もバッチリです。
大豆の美味しさと味噌の風味がたまりませんよ。
これは絶品でしたね。

 

A400_rimg0587
店内の風景です。
このお店は中が広くて色んな場所に食べる所がありました。
ここはテーブル席ばかりでしたよ。
白木のテーブルと椅子のセットでした。

   

A410_rimg0571
ここは座敷が苦手な人でも楽しめるようにとリニューアルされたそうです。
だから、とっても綺麗だったんですね。
窓の外に目をやると素晴らしい景色が見えてきます。

 

A405_rimg0573
こんな感じのビジュアルなんですよ。
五十鈴川の下流が見えていました。
この風景を見ながらゆっくりと落ち着いて食事が出来ました。
川の向こうの山も綺麗です。
自然と一緒に食事が出来るのは嬉しいですよね。
空気がとっても美味しかったです。

 

A300_rimg0574
ちょっと外に出てみるとこんな建物がありました。
五十鈴川からも入店できるようになっているんですね。
ここは、しめ縄の暖簾になっていました。
暖簾の上をよ~く見てみると....

 

A305_rimg0581
しめ縄がありました。
この地方では一年中しめ縄を飾るのが一般的なんですよ。
伊勢の宮師が心をこめて作っているんでしょうね。
伊勢地方に行ったときに各家を見てみると分かります。
地方、地方によって違うんですね。

 

A310_rimg0577
もう少し進んでみると、こんな素晴らしい風景が広がっていましたよ。
五十鈴川です。
川沿いを歩く事も出来るんですね。
川に緑が沢山あります。
デートに最適な感じがします。
確かにカップルで歩いている人も多かったです。

 

A320_rimg0578
川下には橋が掛かっていましたよ。
これは国道のようです。
のんびりしていますよね。
時間の流れがゆっくりのような気がします。

 

A420_rimg0590

通路から入口方面を撮っています。
正面が入口です。
右手がさっきの食事をしたエリアです。
右手が五十鈴川方面となっています。

 

A430_rimg0589
奥には和室タイプのエリアもありました。
落ち着いた雰囲気です。
靴を脱いでのんびり食事が出来そうですね。
6人~8名でくると貸切状態で食べれそうですね。

 

A440_rimg0591
ここは入口近くのエリアです。
大きな飲食スペースですね。
私が来たときにはここは一杯でした。
人気のお店のようです。

とうふやさん。
とっても素敵なお店でした。
もう少し早く行けばよかったのにって後悔してしまいました。
何故って、人気の料理が食べれなかったからです。
次回は早めに行って食べてみたいですね。
伊勢に行ったら毎回通ってしまいそうです。
電車で来て今回のように飲みたいですね。
次回は日本酒も飲んでみたいものです。
またまた、良いお店を見つけましたよ。
伊勢に来る楽しみが増えました。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

豆腐料理 「治之助(本店)」

店名:治之助(本店)
カテゴリー:豆腐料理

住所:兵庫県篠山市立町136
電話:079-552-0007

営業時間:11:00~14:00   17:00~21:00
定休日:火曜日

HP:http://tanba.sasayamamura.co.jp/jinosuke.htm


……………………………………………………………………………………………

丹波篠山にある老舗の豆腐屋さんです。
こだわりの豆腐屋さんなんです。
お店は篠山に今回訪問した本店と三代目豆之屋があります。
そして大阪は茶屋町にもNU茶屋町店が出来ました。
大阪の一等地にも進出してきたんですね。
今回は本店でコース料理を堪能してきました。

 

100_p1140869_1
本店の看板です。
お店の主人が書いたのかな?
プロが書いたようには思えないんですが。
どうなんでしょう。

 

105_p1140789_1
お昼に訪問しました。
予約無しで飛び込みで行ったのですが.....
右側に張り紙がしてありました。
「申し訳ございません。 本日は満席でございます。」
ガ~ン。
ショックで目がくらみました。
予約しておけばよかった。
でも、行くって決めたのも急だったしな。

 

110_p1140791_1
お店の正面を撮ってみました。
流石、本店、重みがありますね~。
こうゆう感じのお店は大好きです。

 

120_p1140790_1
入口を撮ってみました。
靴がいっぱい置いてありますね。

 

200_p1140874
お昼は満席だったので諦めました。
今日はどうしても治之助で豆腐が食べたかったので夜のコースを予約しました。

ご予約会席3,500円です。
予約時にお昼の「火の音」3,500とどう違うのか聞いてみると同じ料理との事でした。
まずは3品出てきました。
この日は車で行っていたのでノンアルコールでお茶です。

 

210_p1140876
湯葉です。
こだわりの豆腐屋さんの料理です。
上品でとっても美味しかったです。

 

220_p1140877
サバなどを湯葉でまいてます。
板さん京都の何処かで修行していたのかな?

 

230_p1140878
これは何だったんだろう~。
イカかな~。

 

240_p1140881
おばんざい盛合せです。
色々な料理が入っていました。
これだけでも結構お腹いっぱいになりますよ。
ビールが欲しいです。(笑) 

 

250_p1140896
刺身盛合せです。
実はちょっとビックリしました。
刺身が出てくるとは想定して居なかったもので。
海の幸の刺身よりも丹波の山の幸でもう1品欲しかったような。

 

260_p1140898
カツオ、イカ、ホタテ、そしてタケノコです。
特別美味しいと言う訳ではありませんが美味しく頂けました。
3500円のコースにこの刺身が付くことがビックリです。
採算は合っているのかなって。

 

300_p1140889
湯豆腐です。
本日のメイン料理です。2人前です。
器もブルーで綺麗ですね。

 

310_p1140890
湯豆腐の薬味です。
5品ありました。
左上から「いかのしょうがみそ」「ふきみそ」下段左から「ねぎ」「もみじおろし」「しょうが」です。

 

320_p1140894_1
湯豆腐セットを撮りました。

 

330_p1140899
土鍋でぐつぐつと炊いていきます。

 

340_p1140903
こんな感じで頂きます。
左が
ざるどうふで右が黒豆どうふです。
薬味をのせて頂きました。
やっぱり伝統の豆腐屋さんですね~。
とっても美味しかったです。

 

350_p1140907
1回目のは全て引き上げて、2回目の具材を炊いてます。

 

360_p1140910
薬味を入れてハフハフいいながら食べました。
薬味が5種類もあるので色々な味を楽しみながら食べることが出来ました。

 

370_p1140913
地野菜の天ぷらです。
ご飯ものと一緒に食べました。
パリっと揚がっていて美味しかったです。

 

380_p1140917
ご飯セットです。

 

390_p1140918
丹波のごはんです。
とっても美味しかったのですがここまで来るともうギブアップ寸前でした。
ボリューム満点です。

 

400_p1140922
黒豆のお味噌汁です。
やっぱり日本人なんですよね~って思える一品です。
最後はやっぱりお味噌汁って感じですかね~。

 

410_p1140923
旬の茶碗蒸です。
お腹に優しいお味でした。
ゆっくりと時間を掛けて全品頂きました。
大満足でした。

 

710_p1140929
店内の風景です。
奥から入口方面を撮っています。
店内も趣きがあって居心地が良いです。
この日は1階のこの広間は2組しかお客さんは居ませんでした。
先客は先に帰られたのである意味貸切で食べる事が出来ました。

 

720_p1140930
別の角度から撮りました。

 

730_p1140931
これも違う角度から。
色々な調度品が置かれています。
歴史を感じさせますよね。

 

740_p1140932
これも違う角度から。

 

750_p1140933
いい感じですよね~。
何かタイムスリップしたような。
こんな感じは落ち着きますよね。

 

760_p1140934
自店の商品も小売しています。

 

770_p1140935
豆腐を作る装置もありました。

 

780_p1140937
店の奥から入口方面を撮りました。
左手前が自店の商品を売っています。
左手奥がレジです、そして、右手奥に座敷があります。

 

800_p1140939
座敷に入る前にここを通ります。
昔風です。

 

810_p1140938
厨房に掛かっていた暖簾です。
可愛くて、つい、撮ってしまいました。
フラッシュを炊いたから中で職人さんがビックリしていたかも。

 

820_p1140946
入口に置いてあった花と治と書いてあるオブジェです。
これも中々いい感じですよね。

 

890_p1140951
最後に入口をまた撮りました。
もう、すっかり日も暮れてしまいました。
車もほとんど通っていませんし、人も居ません。
都会と違い闇が街全体を包みこんでいます。

 

900_p1140992
レジ横に置いてあったパンフです。(表面)
(クリックすると大きく見れます。)

 

910_p1140994
レジ横に置いてあったパンフです。(裏面)
(クリックすると大きく見れます。)

このボリュームで3,500円です。
考えられない安さです。
安かろう不味かろうで無いのはみなさんにも分かって頂けると思います。
サービス、雰囲気も良かったです。
お昼に予約無しで行ったのが間違いだった思います。
これは人気店になるべくしてなったと思います。 
最近、豆腐料理と言えば
八かく庵が大のお気に入りです。
大阪マルビル店でお昼に食べたり、夜のコースを食べています。
ここといい勝負をしているかと。
自分の中では
梅の花が一番で接待とかに使ってたんですけど、サービスの低下、価格が高いなどの理由により利用するのをやめました。
今ならこの手のお店なら八かく庵かな。
次回はNU茶屋町店も訪問してみたいですね。
ネットで調べると価格が高めに設定してあるのがちょっと引っ掛かりますが。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (6)

2007年2月13日 (火)

豆腐料理 「八かく庵」

店名:八かく庵
カテゴリー:豆腐料理

住所:大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビルB2
電話:06-6343-6608

営業時間:11:00~15:00  17:00~22:30
定休日:月曜日(変則:HP確認)

HP:
http://www.dynac-japan.com/hakkakuan/
http://r.gnavi.co.jp/k015466/

……………………………………………………………………………………………

大阪はマルビルの地下にある豆腐料理店です。
この場所ってちょくちょくお店が変わるんですよね。
今回も豆腐屋さんが出来たんだってことで入ってみました。
豆腐屋さんって言えば梅の花が有名ですが、このお店はどうでしょうか。

  

010_p1120354
お店の入口です。
暖簾に豆腐百珍と書かれていますね。
ダイナックって言う会社が経営しているみたいですね。
桂とかパパミラノとか卯乃屋とか経営しています。

 

100_p1120335
今回はお昼に行きました。
注文したのは
とうふランチ1280円です。
まずはこんな風に出来たて豆腐が運ばれてきます。
これはお代わり自由となってました。
3種類の薬味でいただきます。

 

120_p1120337_3
こんな感じでいただきました。
出来たてなんでとっても美味しかったです。

 

200_p1120340_3
これがメインの料理です。
ボリュームがありますね~。
でも、ヘルシー料理なんでとっても満足しました。

 

210_p1120343_2
ちょっと角度を変えて撮りました。

 

700_p1120334_1
「ひるどき」のメニューです。

 

710_p1120344_1
店内の隣のテーブルをパチリと撮りました。
2人席はこんな感じです。

 

800_p1120349_1
こんなのも置いてありました。
いい感じですよね。

 

840_p1120352_1
入口にはこんなのもありました。

 

850_p1120356_1
入口をメニュー板も入れて撮りました。

価格の割には満足度大のお店でした。
接客もよかったです。
12時少し前に行ったので空いていましたが食べている途中で結構お客さんは入ってきました。
やっぱり女性人が多かったですね~。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bar  インデックス うどん屋 うどん(香川県) うなぎ屋 うなぎ料理 おでん屋 おにぎり お取り寄せ お好み焼き お漬物 お菓子屋 しゃぶしゃぶ しゃぶしゃぶ屋 すき焼屋 ぜんざい屋 そうめん・にゅうめん屋 その他 そば屋 たこ焼き屋 だし巻き専門店 ちゃんこ料理 とんかつ屋 もつ鍋 もんじゃ焼 やきとん屋 アマゾン イタリアン イベント インドネシア料理 インド料理 オムライス カキ氷・ソフトクリーム カフェ カレーうどん カレー屋 カンボジア料理 ケーキ屋 コーヒー店 シチリア料理 シンガポール料理 ジンギスカン スイーツ ステーキハウス スペイン料理 スリランカ料理 スープカレー タイ料理 タコス屋 ダイニングバー ドイツ料理 ドーナツ ネパール料理 ハワイ料理 ハンバーガー屋 バリ料理 バール パスタ専門店 パン屋 ビアバー ビアレストラン ビアーガーデン ビストロ ファミレス ファーストフード フランス料理 フレッシュジュース ベトナム料理 ペンション ホルモン焼き マレーシア料理 メキシコ料理 ラウンジ ラーメン屋 レストラン ワインバー 中華料理 串かつ屋 串やき屋 串揚げ屋 南インド料理 台湾まぜそば 和菓子 和食・割烹 喫茶店 四川料理 回転寿司 団子屋 地鶏屋 地鶏料理 天ぷら屋 定食屋 寿司屋 居酒屋 居酒屋・創作和食 市場 広島焼 持ち帰り商品 旅館 明石焼 柿の葉すし 水たき屋 沖縄そば 沖縄・奄美料理 洋菓子 洋食屋 海鮮料理 温泉のお食事処 無国籍料理 焼きそば屋 焼きカレー屋 焼き牡蠣 焼き鳥屋 焼肉屋 牛たん専門店 牛肉料理 琉球料理 立ち呑み 蒲鉾屋 親子丼 話題 豆腐料理 販売商品 造り酒屋 道の駅 酒屋 鉄板焼き 鍋屋 陶板焼 韓国料理 食堂・定食屋 餃子屋 馬肉専門店 駅そば 駅弁・空弁・弁当 魚介・海鮮料理 鳥料理 SAのレストラン