ぜんざい屋

2008年7月 2日 (水)

ぜんざい屋 「新垣ぜんざい屋」

店名:新垣ぜんざい屋
カテゴリー:ぜんざい屋

住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地11-2
電話:0980-47-4731

営業時間:12:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜日

HP:http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000114127.html


……………………………………………………………………………………………


今日は新垣ぜんざい屋に行ってきました。
創業50年以上の老舗中の老舗のぜんざい店です。
初代はお亡くなりになり現在は3代目と4代目がお店を守っています。

  

S010_p1270150
お店の概観です。
屋根の上にも新垣ぜんざい屋って書いてます。

 

S020_p1270123
1階部分を撮りました。
鉄筋で綺麗なお店になってます。

 

S050_p1270125
1階の右側部分を撮ってます。
店名と電話番号が書かれています。

 

S060_p1270126
お店は12:00~18:00の営業です。
でもね。
休日・祝日は行列が出来て16時前後、いやいや、その前に売り切れ閉店になることも珍しくないそうです。

 

S070_p1270127
この自動販売機をじ~っと見て下さい。
全てぜんざいなんですよ。
種類があるのは何人分ですか?
だけなんです。(笑)

 

S200_p1270132
ぜんざい250円です。

 

S220_p1270133
サラサラな氷が沢山で~んってお山になってます。

 

S230_p1270135
氷をホリホリしていると、こんな感じになります。
薪で12時間かけてふっふらと炊き上げた金時豆です。

 

S250_p1270137
この金時豆が最高に美味しいんですよね。
女性に人気があるのが理解できます。
もう、たまりません。
美味しいです。
行列してでも食べたいと思います。
沖縄に来ると是非とも再訪したいお味でした。

 

S300_p1270145
店内の風景です。
入口から店内を撮りました。
奥が調理場となっています。

 

S310_p1270146
少し左方面に振りました。
こんな感じでテーブル席になっています。

 

S320_p1270138
入口からみると。右の方のテーブル席から撮りました。
お店に居る間は常に満席でした。
それも、女性同士のグループかカップルばかりでした。

 

S330_p1270139
たまに、こんな感じで男性1人客もいるのですが。
この方はお持ち帰りでした。
やっぱり男性1人では居づらいですよね。(笑)
店内は綺麗です。

この日、たまたま居た地元の「おばあ」が隣でした。
色々と昔話を聞いていると初代の大将はとってもいい人だったそうです。
その当時の話を聞きました。
みんなに安くて美味しいぜんざいを食べてもらうために頑張っていたらしいですね。
昔の店内は木の板になっていたそうです。
それで、その当時は、その板に色々と落書きをしていたそうです。
店内は落書きだらけだったとか。(笑)
なんか話を聞いているとほのぽのとしますね。
「おばあ」と話をしているとその当時にタイムスリップしたような感覚に陥りました。
これこそ旅の醍醐味ですよね。
「おばあ」ありがと。

  

S500_p1090793
【番外編】

沖縄に着くとレンタカーを借ります。
そして国頭郡に行くには高速でビュンビュン飛ばして行きます。
大体2時間程度をみているといいかな。
今回はレンタカーを借りて高速に乗ると土砂降りの雨でした。
雨にも負けず風にもまけず目指します。
新垣ぜんざい店を.....ってね。(笑)

普通は、この日記の
新垣ぜんざい店ときしもと食堂をセットで訪れる人が多いと思います。
まさにグルメのゴールデンコースですね。
 

美味しい物を食した後は沖縄美ら海水族館ですね。
普通はね。
でも、私は違いますよ~。
何処に行ったかって...
それは次以降の日記のお楽しみってことで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

ぜんざい屋 「鶴亀堂ぜんざい(読谷本店)」

店名:鶴亀堂ぜんざい(読谷本店)
カテゴリー:ぜんざい屋

住所:沖縄県中頭郡読谷村喜味248-1
電話:098-958-1353

営業時間:10:00~19:00
定休日:無し

HP:http://tsurukame358.ti-da.net/


……………………………………………………………………………………………

番所亭で沖縄そばを食べて支払をしているときにチラシを発見しました。
よく見るとぜんざいを食べれるお店が近所にあるみたいです。
ぜんざいなら食べれるか~、ってことで行ってきました。
場所は座喜味城跡の駐車場前にあります。

 

S010_p1240049
座喜味城跡の駐車場からお店を撮りました。
結構大きそうなお店ですね。 

 

S015_p1240050
右がテイクアウト用のカウンターです。
そして、左手にお店への入口があります。

  

S020_p1240067
こだわりの豆、こだわりの氷、こだわりの味を提供してくれるお店です。
豆に語りかけながら炊くぐらい愛情をもって商品を提供してくれるそうです。
そしてお店の名前がいいですよね~。
鶴亀堂、鶴と亀ですよ。
楽しみですね。

  

S030_p1240052
可愛いメニュー表ですね。
お店の前にありました。

 

S100_p1240057
琉球ぜんざい280円です。
ん?、カキ氷なのって思ってはいけません。
どんどん食べていくと.....

 

S110_p1240063
かき氷の中から白玉とお豆さんが出てきます。
これが沖縄流ですよね。

 

S120_p1240066
こんなに沢山のお豆さんが入ってますよ。
とっても美味しかったです。

 

S200_p1240061
紅イモのアイスクリーム230円です。
ブルーシールのアイスですね。
沖縄と言えばこれしかないでしょう。
紅イモとっても美味しかったです。
ペロペロってアッと言う間に無くなっちゃいました。

 

S300_p1240053
店内の風景です。
左手がカウンターとなっています。
対面カウンターになっていてマスターとお話ができるようになっています。
一番左手に暖簾が見えますがそこが調理場です。

 

S310_p1240054
真ん中には大きなテーブルがあります。
今回はここに座って食べました。

 

S320_p1240055
入って直ぐの所に沢山のレトロなカキ氷機がありました。
マスターがマニアなのかな?

 

S800_p1240068
石敢當(いしがんとう)です。
沖縄には2大守り神があります。
1つが全国区になったシーサーです。
そしてもう1つがこの石敢當なんです。
石敢當の起源は中国の福建省を基点としてアジア諸国に多くみられ台湾、香港では比較的多くみることができます。
普通は壁の角に魔除けとして付いていますが、なんとタクシーの後ろに付いているのも見ました。
  

このお店はこの本店とプラザハウス店の2店舗があるみたいですね。
本店はまったりした空気が流れていてとっても居心地が良かったです。


沖縄そば
500円も始めたみたいです。(午後3時まで)
ん~、どうなんだろう、美味しいのかな? 
さっき食べたばっかりだったので今回は断念しました。
次回は食べてみようかな。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bar  インデックス うどん屋 うどん(香川県) うなぎ屋 うなぎ料理 おでん屋 おにぎり お取り寄せ お好み焼き お漬物 お菓子屋 しゃぶしゃぶ しゃぶしゃぶ屋 すき焼屋 ぜんざい屋 そうめん・にゅうめん屋 その他 そば屋 たこ焼き屋 だし巻き専門店 ちゃんこ料理 とんかつ屋 もつ鍋 もんじゃ焼 やきとん屋 アマゾン イタリアン イベント インドネシア料理 インド料理 オムライス カキ氷・ソフトクリーム カフェ カレーうどん カレー屋 カンボジア料理 ケーキ屋 コーヒー店 シチリア料理 シンガポール料理 ジンギスカン スイーツ ステーキハウス スペイン料理 スリランカ料理 スープカレー タイ料理 タコス屋 ダイニングバー ドイツ料理 ドーナツ ネパール料理 ハワイ料理 ハンバーガー屋 バリ料理 バール パスタ専門店 パン屋 ビアバー ビアレストラン ビアーガーデン ビストロ ファミレス ファーストフード フランス料理 フレッシュジュース ベトナム料理 ペンション ホルモン焼き マレーシア料理 メキシコ料理 ラウンジ ラーメン屋 レストラン ワインバー 中華料理 串かつ屋 串やき屋 串揚げ屋 南インド料理 台湾まぜそば 和菓子 和食・割烹 喫茶店 四川料理 回転寿司 団子屋 地鶏屋 地鶏料理 天ぷら屋 定食屋 寿司屋 居酒屋 居酒屋・創作和食 市場 広島焼 持ち帰り商品 旅館 明石焼 柿の葉すし 水たき屋 沖縄そば 沖縄・奄美料理 洋菓子 洋食屋 海鮮料理 温泉のお食事処 無国籍料理 焼きそば屋 焼きカレー屋 焼き牡蠣 焼き鳥屋 焼肉屋 牛たん専門店 牛肉料理 琉球料理 立ち呑み 蒲鉾屋 親子丼 話題 豆腐料理 販売商品 造り酒屋 道の駅 酒屋 鉄板焼き 鍋屋 陶板焼 韓国料理 食堂・定食屋 餃子屋 馬肉専門店 駅そば 駅弁・空弁・弁当 魚介・海鮮料理 鳥料理 SAのレストラン