ジンギスカン

2012年6月 3日 (日)

ジンギスカン 「ツキサップじんぎすかんクラブ」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:http://www.pregour.com/gourmet/2012/06/post-7e9a.html


食べログ:ツキサップじんぎすかんクラブレビューはここで。

……………………………………………………………………………………………
店名:ツキサップじんぎすかんクラブ
カテゴリー:ジンギスカン

住所:北海道札幌市豊平区月寒東三条11-2-5 八紘学園農場内
電話:011-851-8014

営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日

HP:http://www.tjc1953.com/index.html


……………………………………………………………………………………………

今日はツキサップジンギスカンクラブに行ってきました。
札幌で色々とジンギスカンは食べてきましたが、大自然の中で食べたいよねって事で行って来ました。
ここは、札幌の友達に聞いて教えてもらってお店です。
地元民の推薦店ですよ。
さて、どんな感じなんでしょうね。
楽しみです。

 

A010_dsc00430_2
ツキサップじんぎすかんクラブです。
木の看板の向こうに施設が見えていますね。
緑が目を癒してくれますよね。
羊ちゃんで胃を癒してもらわないと。
さあ、ダッシュで行きましょう。

 

A730_rimg1528
今回は、札幌から地下鉄でやってきました。
南郷13丁目駅からタクシーで移動です。
だって、ジンギスカンには、ビールは必要でしょ。(笑)

 

A020_dsc00420
施設に着くまでの風景です。
大自然の中って感じです。
天気がもう少し良かったら良かったんですけどね。
でも、大丈夫。
美味しいお肉が待っていますから。(笑)

 

A040_rimg1476
お店の外観です。
看板に白樺って書いてありますね。
屋根が急ですよね。
やっぱり、沢山雪が降るからでしょうね。
お腹もペコペコです。
さあ、美味しいジンギスカンとサッポロビールを楽しみましょう。

 

A204_dsc00378
まずは、ビールからでしょう。
って事で、サッポロクラシック550円です。
札幌で飲むビールはこれで決まりですよね。
現地で飲む、このビールは最高ですよ。
では、頂きます~。
ぷふぁ~。
旨い!!
最高ですよ。

 

A232_dsc00352
料理は、ジンギスカン1人前1,350円をオーダーしました。
お肉と野菜、そして、おにぎり2個が出てきましたよ。

追加のお肉は1人前1,000円となっています。
追加のおにぎりは2個で100円です。

食べ放題は、肉と野菜が食べ放題(おにぎり2個付き)で2,600円です。
飲み放題を付けると3,600円で楽しめちゃいます。

 

A240_dsc00345
お肉は、マトン肉オンリーとなっています。
創業以来マトンだそうですよ。
マトンは羊のコクと旨みを併せ持っていますからね。
私もマトンの方が好きです。

 

A312_dsc00354
さあ、焼いていきましょうか。
野菜を鍋の回りに配置してっと、それから、お肉を乗せて焼いていきます。
いい匂いがしてきましたよ。
喉が鳴りますね~。

 

A322_dsc00367
焼けましたよ!!
さあ、食べましょう。
ツキサップじんぎすかんクラブオリジナルの秘伝タレに漬けて食べます。
ん~、旨い!!
マトンも野菜の美味しいです。
ビールがドンドンすすみます。
これは、クセになりますね。

 

A358_dsc00386
おにぎりは、焼きおにぎりにしようって思いました。
マトンを焼きながら、中心におにぎりも乗せちゃいました。
勿論、秘伝のタレを漬けてね。
どんな感じに仕上がるか楽しみです。

 

A344_dsc00371
おにぎりだけが乗っかっている図です。
面白いですよね。
もうちょっと焼かないと。

出来上がりは、バッチリ美味しく頂きましたよ。
ジンギスカンを食べながら焼きおにぎりってのは初体験でした。

 

A420_rimg1479
店内の風景です。
一番奥の席から入口方面を撮っています。
早い時間に行ったので、ガラガラのように見えますが、最終的には満席近くになりましたよ。
長いテーブルと長椅子が大人数でも対応できるようになっているんでしょうね。
地元の人が家族で来たり、観光客の人が大勢で来ても対応出来るようになっているんでしょうね。

 

A480_dsc00424
駐車場側から見た施設の風景です。
外でも食べれるようになっているんですね。
結構なキャパがありそうです。

 

A490_dsc00390_2
外で食べるのも気持ち良いでしょうね。
大自然の下で食べるのもよいですよね。
食欲がすすみそうです。

 

A606_dsc00404
駐車場と施設の間には綺麗な花が沢山ありましたよ。

 

A614_dsc00417
観ているだけで癒されますよね。

 

A626_dsc00408
お腹が一杯だったので、お散歩しながら楽しみましたよ。

 

A660_dsc00435
敷地内は広大でした。
こうゆう風景を観ていると、北海道だな~って感じですよね。

 

A672_dsc00441
テクテク、テクテクって色々と歩きましたよ。
タクシーを呼んで来るまでの間の楽しみです。

 

A678_dsc00446
子供も楽しんでいるようですね。
何か遊べる物でも発見したのかな?
仲良く遊んでいますね。

 

A654_dsc00443
さあ、そろそろ引き上げましょうか。
次のスポットに行かないと。

 

A710_dsc00447
タクシーに乗って駅に向かいます。
またのお越しをお待ちしています。
じんぎすかんクラブ
って書いていますね。

は~い。
また、来ますよ。
美味しいジンギスカンとビール、そして、自然を楽しみして。

ツキサップじんぎすかんクラブさん。
車がないと不便なところなんですよ。
駅から歩いて行くには遠すぎますからね。
タクシーで行くしかない感じです。
でも、行く価値は、十分にありますよ。
街中で食べるジンギスカンも良いのですが、大自然の中で食べる開放感はたまりませんよ。
食べた後も楽しめますからね。

そういえば、松尾ジンギスカンの滝川本店に行ったときも楽しかったですよ。
お店で食べたジンギスカンは美味しかったのは勿論ですが、滝川に行く迄も楽しかったし、美瑛が素晴らしかったですから。
やっぱり、道中やその前後の観光も大切ですよね

松尾ジンギスカン(滝川本店)の食べログのレビューはここで。

松尾ジンギスカン(滝川本店)の1回目の日記はここで。
 
良いお店を紹介してもらいました。
ここは、また、再訪したいですね。
また、食べに行かないと。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

関連ランキング:ジンギスカン | 南郷13丁目駅南郷18丁目駅福住駅

| | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

ジンギスカン 「ヴァルハラ」

店名:ヴァルハラ
カテゴリー:ジンギスカン

住所:北海道恵庭市戸磯542-1 サッポロビール北海道工場内
電話:0123-33-1740

営業時間:11:00~21:00(11月~4月は19時迄) 11:30~20:00(土・日・祝)
定休日:12月30日~1月3日

HP:


……………………………………………………………………………………………

今日はヴァルハラに行ってきました。
サッポロのビール工場見学にず~って行きたかったのですが、やっと行けました。
ビール工場見学をして試飲してから生ビール&ジンギスカンを楽しんできました。

 

A010_p1350215_2
今回目指すのはここです。
サッポロビール庭園
レストランヴァルハラ
生ビールとジンギスカンのお店です。

 

A020_p1350198
サッポロビールていえん駅で下車します。

 

A030_p1350196
札幌駅から普通で45分位で到着です。
快速エアポートをうまく使えば30分ちょっとで到着します。

 

A040_p1350199
そうそう、普通でも全て止まる訳じゃないんです。
一部は通過してしまうので注意ですよ。

 

A050_p1350200
駅の周りはこんな感じになっています。
建物が何もないですよ。
自然が一杯って感じですよね。

 

A060_p1350201
反対側はこんな感じです。
私が行くのもこっち側です。

 

A070_p1350202
北海道はKitacaって言うんですね。
この駅は無人駅です。

 

A080_p1350205
駅を降りるとこんな看板がありました。

ようこそ!
サッポロビール北海道工場へ

ビール工場見学のお客様は、木の柵に沿って
歩道を直進して頂き、一番初めのゲートへお入り下さい。

 

A090_p1350206
テクテク歩いて行くと。
こんな感じの大きな通りに出ました。
もう直ぐですよ。
奥にも看板がありますね。

 

A100_p1350208
この看板でした。
サッポロビール庭園
生ビール&ジンギスカン
レストラン ヴァルハラ
さあ、楽しみですよ。

 

A110_p1350211_2
これがゲートのようです。
やっぱり広いですよね~。
緑が一杯です。
さあ、入って行きましょう。

 

A120_p1350381
この看板が目印ですよ。
最初にビール工場見学をしてから、レストラン ヴァルハラに行かないとね。

 

A200_p1350296
さて、ビール工場見学も終わってレストランにやって来ましたよ。
まずはこのビールから。

エーデルピルス650円です。

エーデルピルスとは「高貴なピルス(ピルスナービール)」を意味し、元来ドイツの名門醸造所が使用していた由緒のある名前でした。
いまから20数年前、サッポロビールは、ドイツの正統な製法にのっとってつくったプレミアムビールに、ぜひこの名前を冠したいと申し入れをしました。
そして、当時の醸造責任者らに製品を試飲していただいた結果、その品質の高さを絶賛され、名称使用許可を受けたという歴史を持つプレミアムビールだそうです。(HPより)

このビールはファインアロマホップを通常の3倍使用したスーパープレミアムビールなんですよ。

キメの細かい美味しい泡と、ホップの高貴で清々しい苦味があります。
キレがよくって、飲み口もよく、とっても上品なビールですよ。

このビールは大阪でも飲みました。
置いているお店は少ないそうです。
お店の名前はポンシェビです。
そのときの日記はここで。

 

A210_p1350299
さて、美味しいジンギスカンを食べましょう。

 

A220_p1350323
今回は生ラム、手もみ3種ジンギスカン1,400円にしました。

 

A230_p1350316
生ラム、手もみ醤油味です。
醤油味は基本ですよね。

 

A240_p1350321
生ラム、手もみ味噌味です。
とっても美味しそうです。
ヨダレが~。

 

A250_p1350320
生ラム、手もみ塩味です。
これも美味しそうですね~。

 

A260_p1350319
野菜もたっぷり入っていました。
キャベツ、玉ねぎ、ジャガイモです。

 

A270_p1350318
モヤシも入っていましたよ。

 

A280_p1350326
野菜を周りに配置して肉を焼いていきます。
肉の焼けるいい匂いが漂ってきましたよ。

 

A290_p1350330
出来上がってきましたよ~。
ん~、美味しい!!
醤油、味噌、塩、どれも美味しかったですよ。
ビールがガンガン進んじゃいます。

 

A300_p1350333
次のビールはこれにしました。
開拓使ビール(未ろ過)780円です。
このピールは日本で最初に造られた味を再現したビールだそうですよ。

 

A310_p1350327
テーブルの上には秘伝のたれが置いてありましたよ。

 

A320_p1350328
あの札幌麦羊亭の味をそのままに...
SAPPORO
LION
これいい感じですよ。

 

A500_p1350292
店内の雰囲気です。
1つのテーブルが広々としています。

 

A510_p1350337
入口付近から奥を撮っています。
広々とした店内です。
奥は右側にも座席があります。

 

A520_p1350309
厨房ですね。
上にはYEBISU、SAPPORO、CLASSICって。

 

A530_p1350310
窓に何やら書いていました。
読んでみると....

光の庭
目には見えない音と風を、可視化させるために
66本のガラスのプリズムと8枚のUMUガラスを使い
光に変える事で表現しました。
音と光が織りなす神秘の世界を心ゆくまでお楽しみ下さい。

 

A540_p1350311
これがその光の庭なんですけどね。
夜だと綺麗なんでしょうね。
昼だったので余り感動はありませんでした。

 

A550_p1350336
生ビールタンクです。
このタンク1基には200ℓのサッポロ生ビールが入っているそうですよ。
大瓶に換算して315本分です。
室温は常に4℃に調整されて、毎日工場から直送の生ビールがおいしく保たれるようになっているそうです。

 

A600_p1350259
ビール工場見学で見つけたもの。
左が普通のYEBISUのビール瓶です。
そして、右がめったにお目にかかれない当たりの瓶です。
何処が違うか分かりますか?
実はこの瓶を私は持っているんですよ。
某所で遭遇して手に入れました。

 

A700_p1350376
ここがサッポロビール工場の正面門ですよ。
ここも緑が一杯ですね。

 

A710_p1280300
近くで見ると巨大でしたよ。
ここで造られたビールは北海道内で消費されるそうです。

 

A720_p1280307
工場前の道路です。
歩道の右側は緑が一杯です。
で、よく見てみると。

 

A730_p1280308
沢山の花が咲いていましたよ。

 

A740_p1280310
いい感じですよね。

 

A750_p1280313
これも。

暖かくなったらまた行きたいものです。
ビール工場見学は楽しかったですよ。
また、別の機会に書きますね。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年10月20日 (火)

ジンギスカン 「松尾ジンギスカン(滝川本店)」

ブログ:プレグルのグルメ探訪記
記事:


食べログ:松尾ジンギスカン(滝川本店)のレビューはここ

……………………………………………………………………………………………
店名:松尾ジンギスカン(滝川本店)
カテゴリー:ジンギスカン

住所:北海道滝川市明神町3-5-12
電話:0125-22-2989

営業時間:9:00~22:00
定休日:12月31日と1月1日

HP:http://www.2989.net/


……………………………………………………………………………………………

今日は松尾ジンギスカン(滝川本店)に行ってきました。
有名な松尾ジンギスカンを今回は食べようと滝川本店までやってきました。
どうせ食べるなら本店でって思って。

今回のツアーの軌跡
1.札幌ら~めん共和国の梅光軒の日記はここで。
2.スープカレーのドミニカの日記はここで。
3.岩見沢SAの日記はここで。
4.砂川SAの日記はここで。

 

S010_p1340739
松尾ジンギスカン(滝川本店)さん。
どうせ食べるのなら本店でって思ってやって来ました。
ここって朝の9時からジンギスカンが食べれるんですよね。
札幌を早朝に出て岩見沢SAで味噌ラーメンを食べて、砂川SAに立ち寄りをしてやってきました。
着いた時間が10時半前でした。
お客は私だけ。
モーニングジンギスカンの始まりです。

岩見沢SAの日記はここで。

 

S020_p1340815new3
札幌から高速を走って滝川ICで降りて一般道を走ってお店に向かいます。
上が高速を降りて直ぐぐらいでしょうか。
やっぱり道は真っ直ぐです。(笑)
下が滝川本店から撮ったものです。
ここでも道は真っ直ぐです。
流石、北海道ですね。

 

S030_p1340818
駐車場から撮ってます。
見た瞬間に、一言、
「わおっ。」
「でかっ。」
「でっかいビルだよ~。」
ってね。

 

S041_p1340742new5
上が、今回ジンギスカンを食べた本館ビルです。
ここの1階で食事をしました。
そして、下が別館ってなっていましたよ。
こちらでもジンギスカンが食べれるようです。
1階の右の方にはお店がありますね。
「らんまん」って言う回転寿司のお店です。
系列店のようですね。

 

S050_p1340813
入口横にはこんなオブジェがいましたよ。
ひつじちゃんですね。
申し訳ないですが、いただきます。
合唱~(歌ってどうするねんって声が...)
合掌~。(美味しくなってね。、ええっ...)

 

S060_p1340810
本館の1階部分です。
ドアは2つありますね。
それぞれのところに「松尾」と「ジンギスカン」って暖簾が掛かっています。
入口はここ以外に本館と別館の間にもありますよ。

 

S070_p1340809
お店の入口です。
上に暖簾が掛かってますね。
松尾って書いてます。
その間にあるのはロゴですね。
ひつじのマークって感じですね。
さあ、食べるぞ~。
入店しましょう。

 

S100_p1340807
店内に入ると右手にお土産コーナーがあります。
観光バスなどで来るお客さん用なんでしょうね。
場所的に旭川、富良野、美瑛に観光に行くお客さんが沢山いますもんね。
お昼とか夜のコースに入っているんでしょうね。

 

S110_p1340806
そして左手ではラム肉、ロース肉、ソーセージ等を販売していました。
色々と売ってますね。
参考までに一部価格を書いておきますね。

・ラム 500g 680円、1kg 1,350円
・特上ラム 500g 830円、1kg 1,650円
・ロース 500g 730円、1kg 1,450円
・並肉 500g 480円、1kg 950円
・上肉 500g 680円、1kg 1,350円
・ラムリブロース 400g 1,260円
・巻き巻きソーセージ 367円
・骨付ソーセージ 5本入 1,580円
・骨付きラムステーキ 5本入 1,580円

 

S120_p1340804
店頭販売、売店を通り抜けます。
店員さんに「ジンギスカンを食べに来ました~。」って告げると。
「奥へどうぞ。」って言われて。
こんな感じの立派な支払場所を通って中へ中へと進んで行きます。
花が綺麗ですよね~。

 

S500_p1340745_2
そして、案内されたのがここです。
飲食部分に入って直ぐのテーブル席です。
4人以内だったらここなんでしょうね。
とっても綺麗でリニューアルしたような感じです。
って思ってHPを見たら2008年4月にしてました。
勿論、1人きりです。
朝の10時半にジンギスカンを食べる一般人は珍しいってことでしょうか?(笑)

 

S210_p1340784new6
テーブルの上にはこんな感じでジンギスカン用鍋がセッティングされています。
上の写真の持つところを見て下さい。
ここにも、あのロゴマークが入っていますね。
下の写真を見て下さい。
真中に「松」って書いてますよ。
わおっ、オリジナルの鍋なんですね。
流石ですね~。

さて、メニューの方に目をやると。
全て180gのボリュームで。

・特上ラムジンギスカン 750円
・ラムジンギスカン 640円
・特上ジンギスカン 640円
・ジンギスカン 540円
・ロースジンギスカン 700円
・シーブハート 640円

ってなってます。
ん~、どれにしましょうか。


そうそう、平日のみのランチメニューもありますよ。
11時~14時の間ですが。
Aセット980円
・特上ジンギスカン 250g
・ライス、味噌汁、野菜サラダ
・ウーロン茶付
(食後の珈琲は200円です。)

スペシャルセット1,280円
・特上ラムジンギスカン 250g
・ライス、味噌汁、野菜サラダ
・ウーロン茶付
(食後の珈琲は200円です。)


この日は平日だったんですが10時半です。
残念ながら諦めました。

それからバイキングもありますよ。
食べ放題、飲み放題の120分コースです。
・ジンギスカン、うどん、もち、野菜、ライス、味噌汁 2,625円
・ラム肉、うどん、もち、野菜、ライス、味噌汁、生寿司5巻まで 3,150円
・特上ラム肉、うどん、もち、野菜、ライス、味噌汁、生寿司6巻まで 4,200円

飲めないし、そんなに食べれないから却下しました。

  

S220_p1340767
で、せっかく本店まで来たんだから奮発して特上ラムジンギスカン750円にしました。
そして小ライス100円もオーダーしました。
車で無ければぷふぁ~ってやりたいところなんですがね~。
がまん、がまん。

 

S230_p1340762
特上ラムジンギスカンは、厳選されたラム肉の中でも特に赤味主体の柔らかい肉を使ったお肉のようです。
野菜も付いてきます。
もやし、玉ねぎ、ニンジン、ピーマンが入っています。

 

S240_p1340765
松尾ジンギスカンは玉ねぎ、リンゴなどを使った天然果汁100%のタレに漬け込んだ味付ジンギスカンです。
北海道遺産に指定されたジンギスカンの中でも「本物の味」がここにあります。
と、メニュー表に書いてありましたよ。
本物の味。
楽しみですね~。

 

S245_p1340758
テーブルの上には「松尾ジンギスカン」の美味しい食べ方についての紙がありました。

1.野菜を鍋にのせ、まわりの溝に寄せます。
2.ジンギスカンを中央に寄せて焼きます。
  ジンギスカンと野菜は混ぜないで焼くのが美味しく食べるコツのようです。
  片面を5割、反対側が2割焼けた状態が食べごろです。
  松尾ジンギスカンの特徴である「ジンギスカンの柔らか」を
  堪能するためには焼きすぎ注意です。
3.秘伝のタレを掛けます。
  ジンギスカンを中央に乗せたところで、
  中央から野菜に向けてまんべんなくタレを掛けていきます。
  (決してタレを取り皿に入れないように!!)
4.出来上がりです。

了解で~す。
では、では、やりましょう。

 

S250_p1340769
まずは野菜を鍋の周りに敷き詰めていきます。
肉の旨味が下に落ちていって野菜を美味しく食べれるようにするためです。

 

S260_p1340770
野菜の準備が整ったら次に肉を真中に乗せていきます。
じゅ~~って音と共に肉の匂い、香ばしいタレの匂いが、五感を攻撃してきます。
思わず、ゴックンって喉が鳴りましたよ~。
ついさっき、味噌ラーメンを食べたばっかりなのにね。

 

S270_p1340773
片面が焼けてきたので反対側を焼いていきます。
いい感じで焼けてきましたよ~。
後、一歩です。
今日は1人なので取り合いになりませんね。(笑)
のんびり食べましょう。
でも、でも、焼きすぎ注意ですからね。
柔らかいまま食べないと。

 

S280_p1340778
一口食べてみると、柔らかい、美味しい、バツグンの美味しさです。
臭みなんか全然無いですよ。
タレの味がいい感じです。
ご飯の上に肉を乗っけて、ちょっとかき混ぜるとジンギスカン丼の完成です。
ナイスアイデアで、この食べ方もgoodでした。

おいしい!
楽しい!
ヘルシー!
松尾ジンギスカン
(お店のキャッチより) 
まさに、その通りです!!!!

 

S300_p1340779
もう少し食べれそうだったので、ロースジンギスカン700円を追加オーダーしました。
さっきと同じように肉と野菜が付いてきます。

 

S310_p1340780
ロースは、食感が良く、柔らかいロースの部分のみを使用しています。
肉厚も若干厚くカットしているようです。

 

S320_p1340781
ラムと比べるとやっぱり見た目が違いますよね。
さて、どんな感じか楽しみです。
う~っ。
ビールが欲しい~!!

 

S330_p1340786
今度も周りに野菜を敷き詰めて真中に肉を置いて焼いていきます。
いい匂いですよ~。
たまりません。

 

S340_p1340793
段々と焼けてきました。
あと一息です。

 

S350_p1340790
さあ、食べごろになりました。
では、いただきます~。
肉は柔らかく臭みが全然無いんですよ。
タレの味がとっても良くってドンドン食べれます。
とっても美味しいお肉でした。
最高!!

 

S500_p1340745
店内の雰囲気です。
飲食部分に入って直ぐのテーブル席です。
4人以内だったらここなんでしょうね。
とっても綺麗でリニューアルしたような感じです。
って思ってHPを見たら2008年4月にしてました。

 

S514_p1340798new0
奥はこんな感じになっています。
6人用のテーブル席とかありますね。
一番奥は座敷になってました。
本館は全部で500名入れるそうです。
2階以上は団体さんも使えて座敷もあるようです。
そして、新館は700名は入れるとのこと。
スゴイ収容人数ですね。
ビックリ!!

 

S520_p1340802new1
外を見ると綺麗な日本庭園がありましたよ。
翠光園と呼ばれている1,000坪の大庭園です。
銘石「神居古譚石」に、樹齢1,500年を超える、五葉松、赤松、いちい(おんこ)等がふんだんに配置されているんです。
これを見れただけでも本店に来た価値は十分にありますね。
冬なると全てが雪の中になり素晴らしい眺めになるそうですよ。
それも見てみたいですね。
素晴らしいです。

 

S530_p1340805
お支払をする所にはこんな立派な時計がありましたよ。
ちよっと気になったのでお願いして撮らせてもらいました。
市政功労団体受彰記念
松尾羊肉株式会社
昭和60年1月21日に寄贈されているんですね。
市政の推進に特に功労があったんでしょうね。
松尾ジンギスカンって言えば全国区ですもんね。
地元でも名士的企業なんでしょうね。

  

S540_p1340803
最後に、何か見られているような気がしたので、ふと横をみると......
元巨人軍ピッチャーの宮本和知さんがいるじゃないですか~。
彼がイメージキャラクターだったんですね。

松尾ジンギスカン。
おいしきことにこだわって半世紀
マツオの歴史は、ジンギスカンの歴史
「マツオ」は昭和31年に北海道滝川市に誕生、
天然の果汁やスパイスだけでつくった秘伝のタレを完成させました。
以来半世紀のも間、ジンギスカン一筋においしさを追求し続け、
北海道を代表する食文化に育て上げました。
(メニューより。)
歴史のある企業なんですね。

滝川本店、上富良野店、砂川ハイウエィオアシス店、札幌北19条東店、札幌南1条店、札幌美しが丘店、新千歳空港店とお店があります。
11月末には札幌駅前店もオープンするようです。
新千歳空港や札幌でもお手軽に食べれるのですが、やっぱり本店で一度は食べないとね。
行って良かったです。
残念なのは「松尾美術館」に行く時間が無くて見れなかったことです。
また、行く機会があれば入って古今東西の銘品を見てみたいですね。
それと、車だったのでアルコールが飲めなかったこと。
次は運転手を探すかバスツアーかな。(笑)




お取り寄せでお試しセットがありますよ。
お手頃価格で松尾ジンギスカンのお味が楽しめます。
現地で楽しむ前の前哨戦として食べてみる価値ありですよ。


【番外編】
松尾ジンギスカンを堪能した後は、美瑛に向かいます。
滝川から美瑛に着くまでの道程をまとめています。
やっぱり北海道って感じの写真です。
沖縄もいいですが、北海道もいいな~っ感じです。

滝川から美瑛に着くまでの日記はここで。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

ジンギスカン 「くろひつじ(ラゾーナ川崎店)」

店名:くろひつじ(ラゾーナ川崎店)
カテゴリー:ジンギスカン

住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ4階
電話:044-874-8411

営業時間:11:00~23:00
定休日:

HP:http://www.kuro-hitsuji.com/


……………………………………………………………………………………………

この日、一緒に行った人がジンギスカンを食べた事が無いと言うことでジンギスカンを食べてきました。
お店はくろひつじと言います。
食べながら北海道のジンギスカンの話とかスープカレーの話とか北海道ネタで盛り上がりながら楽しく美味しく食べてました。

 
  

S100_p1260218
ロゴが可愛いですよね。
くろひつじの文字が羊の顔とダブっているんですよ~。

 

S110_p1260217
お店の入口です。

 

S200_p1260175
鉄板も熱々になっています。

 

S210_p1260167_2
ジンギスカン2人前2,000円(野菜付き)です。
1人前は1,000円です。

 

S220_p1260171
野菜です。

 

S225_p1260181
こんな感じでテーブルはジンギスカン仕様です。
私にとって生は必須です~。(笑)

 

S230_p1260176
野菜を回りに乗せて肉を焼いていきます。
野菜は最後に食べます。
肉汁が野菜の方に落ちていって最後に美味しく食べれます。

 

S240_p1260177
じゅ~~って、いい感じで焼けてきました。
匂いがまた、いいんですよね~。
食欲をそそります。

 

S245_p1260206
もう、食べれますよ~。

 

S246_p1260208
この肉をゲットして。

 

S250_p1260192
タレにつけて、いただきます~。
もう、たまりません。

 

S300_p1260193
そして今回はラムチョップ400円を注文しました。
これは2人前です。
隣のテーブルのカップルが美味しそうに食べていたんですよね。
それを見逃すはずがありません。
あれと同じ物をって即、注文しましたから。

 

S310_p1260196
さあ、焼き始めます。
香りがいいんですよね~。
よだれが~~。

 

S320_p1260205
はい。
焼けました。
もう、最高の美味しさでした。
実はこの商品は数量限定品なんですよ。
今回はギリギリセーフでした。
後でお店の人に聞くと残りわずかでしたから。
ラッキーでした。

 

S400_p1260180
ビールのお供のキムチ300円です。
ビールが進んじゃいました。(笑)

 

S410_p1260184
ジンギスカンと言えば北海道ですよね。
そこで、じゃがバター(メイクイーン)300円を食べました。
ほくほくで美味しかったですよ。

 

S700_p1260182
メニューです。

 

S710_p1260211
店内の風景です。
厨房の方向を撮っています。

 

S730_p1260210
テーブルの間は煙が隣にいかないように仕切られています。
白いテーブルに黒の椅子がシンプルで良いですよね。

 

S800_p1260214
店前にあったメニューです。
美味しそうに写真に写っていますよね。

 

S810_p1260215
ジンギスカンは健康に良いんですよって言うPOPです。

 

S820_p1260219
ジンギスカンの食べ方です。
これは面白いですよ。

 

S830_p1260216
食べ放題、そして飲み放題があります。
男性は3皿食べてチャラですね。
4皿食べてプラスです。
ちょっとしんどいかな。

 

S840_p1260212
店長です~。
バリバリの道産子ですよ~。
ジンギスカン大好きな店長です。
札幌のジンギスカン、スープカレー、ラーメン屋の話で盛り上がっちゃいました。
とっても優しい店長でした。
また、行きますね~。

 

S900_p1260234
ラゾーナ川崎に入っている飲食店です。
沢山のお店がありました。

 

S910_p1260235
オレンジの部分が飲食のお店です。
広いエリアが割り当てられてます。

 

S920_p1260227
お店を出て4階の広場から撮りました。
お洒落でした。

 

S930_p1260229
ちょっとアングルを変えて撮りました。


久々に食べたジンギスカンでした。
美味しかった~。
また、北海道に行きたくなっちゃいました。
北海道の「白熊」に行きたいな。
銀座の支店にも行かないとって思った一日でした。

ジャンル別サーチへ

場所別サーチヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Bar |  インデックス | うどん屋 | うどん(香川県) | うなぎ屋 | うなぎ料理 | おでん屋 | おにぎり | お取り寄せ | お好み焼き | お漬物 | お菓子屋 | しゃぶしゃぶ | しゃぶしゃぶ屋 | すき焼屋 | ぜんざい屋 | そうめん・にゅうめん屋 | その他 | そば屋 | たこ焼き屋 | だし巻き専門店 | ちゃんこ料理 | とんかつ屋 | もつ鍋 | もんじゃ焼 | やきとん屋 | アマゾン | イタリアン | イベント | インドネシア料理 | インド料理 | オムライス | カキ氷・ソフトクリーム | カフェ | カレーうどん | カレー屋 | カンボジア料理 | ケーキ屋 | コーヒー店 | シチリア料理 | ジンギスカン | スイーツ | ステーキハウス | スペイン料理 | スープカレー | タイ料理 | タコス屋 | ダイニングバー | ドイツ料理 | ドーナツ | ネパール料理 | ハワイ料理 | ハンバーガー屋 | バール | パスタ専門店 | パン屋 | ビアレストラン | ビアーガーデン | ビストロ | ファミレス | ファーストフード | フランス料理 | フレッシュジュース | ベトナム料理 | ペンション | ホルモン焼き | マレーシア料理 | メキシコ料理 | ラウンジ | ラーメン屋 | レストラン | ワインバー | 中華料理 | 串かつ屋 | 串やき屋 | 串揚げ屋 | 南インド料理 | 和菓子 | 和食・割烹 | 喫茶店 | 四川料理 | 回転寿司 | 団子屋 | 地鶏屋 | 天ぷら屋 | 定食屋 | 寿司屋 | 居酒屋 | 居酒屋・創作和食 | 市場 | 広島焼 | 持ち帰り商品 | 旅館 | 明石焼 | 柿の葉すし | 水たき屋 | 沖縄そば | 沖縄・奄美料理 | 洋菓子 | 洋食屋 | 海鮮料理 | 温泉のお食事処 | 無国籍料理 | 焼きそば屋 | 焼きカレー屋 | 焼き牡蠣 | 焼き鳥屋 | 焼肉屋 | 牛たん専門店 | 牛肉料理 | 琉球料理 | 立ち呑み | 蒲鉾屋 | 親子丼 | 話題 | 豆腐料理 | 販売商品 | 造り酒屋 | 道の駅 | 酒屋 | 鉄板焼き | 陶板焼 | 韓国料理 | 食堂・定食屋 | 餃子屋 | 馬肉専門店 | 駅そば | 駅弁・空弁・弁当 | SAのレストラン